■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐02
ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐02 1
  ブータン キラ              20世紀初頭 ~ 中期

ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐02 2

ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐02 3

 ブータンの普段着のキラは 縞柄で織られることが多い。
 このキラもそんな縦縞のキラである。
 20世紀初頭から中期頃に織られたキラで ブータンの手紡ぎの木綿糸を使って
 織られている。
 使われている糸の色は 白、薄い橙、黄色、青、これで縞柄を織り上げている。
 黄色の糸は 手紡ぎの野蚕のシルク糸である。
 橙色は茜かラック、青は藍、黄色はウコンで染め上げられているようだ。

 興味深いことは 縦縞の黄色分は 縦糸にウコンによって染められた野蚕のシルク糸が
 用いられていることだ。
 これはどういうことかと考えてみる。
 織り上げられたブータンのキラは かなり厚めの布である。
 それを横にして、身体に巻きつけるように身につける。
 布全体が 厚地で硬いため、どうしても上下の動きに制限がある。
 縞柄の一部に 野蚕のシルク糸を入れることで 身につけたときの動きをスムーズに
 する役割があるのではと思う。
 野蚕のシルク糸で織られた部分は 木綿糸で織られた部分よりも早く柔らかくなる。
 日常で身につける衣装であることから、そんな工夫がされているのではと思えてくる。

 野蚕の手紡ぎのシルク糸で織られたキラが、通気性、保温性、柔らかさ、丈夫さで
 優れているが、簡単に野蚕のシルク糸を手に入れるのは 難しい。
 そんなところから生まれてきた知恵かもしれない。

 百年近く経つと、余分な色も取れ、味わい、風合いも増して来るようだ。
 手紡ぎ糸、天然染料を使った染めが 風合いを増す手助けをしているのだろう。

 この世の中に同じものは 一つもないという手作りの価値、そんな価値を充分に
 感じさせてくれるブータンの染織世界である。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


ブータン布の今昔 | 11:24:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。