■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク 蒸し暑いバンコク
バンコク 蒸し暑いバンコク 1

バンコク 蒸し暑いバンコク 2

バンコク 蒸し暑いバンコク 3

バンコク 蒸し暑いバンコク 4

 雨期の合間に 日が照り始めると 蒸し暑さには閉口してしまう。
 雨が降りそうだと、外へ出掛ける気もせず、日が照り始めると、気温も上がり、
 不快指数は頂点に達する。
 1時間ばかり 外へでかけるものなら、すっかり汗まみれになってしまう今の
 バンコクの気候である。
 湿気を含んだ重い空気は 植物には 力強い生気を与えるものであるが、
 人間にとっては 蒸し暑さは苦痛の種だ。
 家の中に居ても 体中にカビが生えてきそうである。

 バンコクにやってきてから もうすぐ2週間近く経つ。
 何をしているわけではないが 日がやたら速く過ぎていくのである。
 齢を重ねれば、やっていることは少ないのに 時間ばかりが 勢いよく過ぎ去っていく。
 生活に余裕があれば、過ぎていく時間など気にせず、時の流れに任せておけばいいのだが、
 そろそろ次の移動先ネパールのカトマンズのことも頭の中に入れておかなくてはならない。
 バンコクでの生活に慣れてきた頃に移動するのは 何のための適応なのかと考えしまう。
 
 好奇心にあふれていた若い頃は 別の場所に移動する楽しみのほうが大きく、
 場所に慣れるということなど考えもしなかったし、一晩 眠れば 移動の疲れも
 吹き飛んだものである。

 20年以上前は。インドとネパールを 3ヶ月ごとに移動していたが、
 面倒だと感じることはなかった。
 次は インドのどこへ行こうかという楽しみや期待にすらなっていた。
 移動の方法も泊まるところも お金がかからないことが第一で、劣悪な旅でも
 我慢できる体力と気力があった。

 ブータンやラオスを 時間をかけて回る旅をしたいと思うが、辛い旅はいやだなと
 思うようになってしまった。
 こうした軟弱さが 歳を取ることなのだということが よくわかる歳になっている。

 今日もバスに乗ってどこかに出掛けようかと思うが、日が照りつけ、気温が上がり、
 湿度が上がってくると、汗まみれになる不快さが 思い浮かんで 二の足を踏む。
 仕事なり、約束事でもあれば 無理をして出掛けようという気になるが、気分転換に
 外出ということになると 怠惰さと軟弱さが頭を上げてくる。

 73番のバスに乗って チャオプラヤ川を見に行くのもいいと思うが、行こうか、
 行くまいか、迷っているうちにどんどん時間が過ぎていく。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


徒然なるままに | 00:53:53 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。