■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ブータン布の今昔 仕舞い込んでいたチャクスイ・パンケップ‐05
ブータン布の今昔 仕舞い込んでいたチャクスイ・パンケップ‐05 1
  ブータン   チャクスイ・パンケップ     20世紀初頭 ~ 中期

ブータン布の今昔 仕舞い込んでいたチャクスイ・パンケップ‐05 2

ブータン布の今昔 仕舞い込んでいたチャクスイ・パンケップ‐05 3

ブータン布の今昔 仕舞い込んでいたチャクスイ・パンケップ‐05 4

ブータン布の今昔 仕舞い込んでいたチャクスイ・パンケップ‐05 5

 このチャクスイ・パンケップも20世紀初頭から中期にかけて織られたものである。
 地は手紡ぎのブータン木綿の糸が使われ、紋様部分には 藍染めの手紡ぎの木綿糸と
 貝殻虫からの染料ラックでえんじ色に染められた野蚕の手紡ぎのシルク糸が使われて
 いる。
 縦糸に紋様を織り込んでいく両面縫い取り織りの技法が使われ、縫うように横糸を
 差し込んでいき、紋様を織り込んでいくのは手間のかかる作業である。
 チャクスイ・パンケップは 3枚の布を縫い合わせて作る。
 主要な部分は中央の布で その横に2枚の布をはぎ合わせる。

 中央の布の一番真ん中に当たる菱形模様が 最も重要な部分で それを飾り付ける
 ために上下には対称の模様を配置していく。
 織り始める前から織り子の頭の中には 全体像があるのだろう。
 幅は大体1メートルから1メートル30センチ、長さが2メートル50センチと
 いうのがチャクスイ・パンケップの大体の大きさである。
 これを一人で織り上げる。
 どこかに織るという決意がないことには出来るはずもない。
 ブータンの織物はそれがないと 最後まで織り上げることは出来ないし、
 片手間に織るということが出来ないぐらい緊張を要する。
 ぼっとしていれば、正確に紋様を紡ぎだすことは出来ない。

 こうした集中力を使って織り上げるから、見るものに力を感じさせるのである。
 何か迫ってくるものがあるのだ。
 どうして このチャクスイ・パンケップに人々は 眼を向けないのか 
 不思議でならない。
 どうして この布の持つ力に気がつかないのだろう。
 こんな布は もう今の時代にはいりあげることが出来ないぐらいに貴重なものである。
 両面縫い取り織り(紋織り)の頂点を極めている布であると思うがどうだろう。
 決して、華麗な繊細な布ではないが 縄文式土器のような力強さがある。

 この布の良さに気がついてもらいたいと思うが、そう思うのは私の独りよがりなの
 だろうか。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


ブータン布の今昔 | 14:11:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。