■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク 雨期にやって来る侵入者
 10日前にバンコクにある私の部屋にやって来て以来、私の部屋の中に入り込んできて
 私を苦しめるものがいる。
 雨期のとき年中行事といってよいかもしれない。

 それは何かというと 蟻(あり)である。
 今年は雨期入りが早かったせいか、やってくるのが早かったようだ。
 タイでは 蟻は 人泣かせである。
 前回のバンコク滞在中には いなくなっていた蟻が いたるところにいる。
 一番 困るのは ベッドに入り込んでいる蟻だ。
 いるだけなら、我慢できるが 噛み付いてくるのである。
 蚊なら、かゆいでおしまいだが、蟻に咬まれると かゆいだけでなく、しつこく 
 痕が残り、それが何日も 私を苦しめる。

 雨が降ることが多くなると 水を嫌って、蟻が建物の中に入り込んでくる。
 蟻の中でも 小さい部類のものであるから、なかなか気がつきにくい。
 先日から 殺虫剤を使って、戦いを挑んでいるのだが、どこかに潜んでいて、噛み付く
 機会をねらっているから、たちが悪い。
 ネパールのカトマンズでも 時たま蟻が入り込んでくることがあるが、
 タイの蟻ほど凶暴ではない。
 いたって穏やかである。

 私の部屋は7階にあるから、まだいいのかもしれないが、
 平屋であれば、1年中、蟻との戦いに明け暮れることになるだろう。
 東北タイのコンケンに住んでいたときなどは 肉食系の大きめの蟻が 地面に巣を
 作っており、これに噛み付かれると 飛び上がるほど痛い。
 この蟻は 家の中には入ってこないが、今、私の部屋に入ってきている小さい蟻は
 砂糖壷の中、米びつの中、置いてある食べ物へと容赦なく入り込んでくる。
 その上、人間までねらうのである。

 タイの家では 食べ物への侵入を避けるために 食べ物をしまう水屋の4箇所の
 足部分を 水を入れた容器の上に置く。
 そうすることで蟻の侵入を防ぐのである。
 スーパーなどに行っても 蟻退治のための殺虫剤、罠など 多くの蟻退治用品が
 売られている。

 蚊なら、網戸や電気蚊取りでどうにかなるが、蟻はどんな隙間からも入り込み、
 その数の多さは 蚊の比ではない。

 この記事を書きながらも、蟻に噛み付かれた箇所がかゆく、ぼりぼりと掻いている。
 しばらくは 蟻軍団との戦いが続きそうである。

 タイには モッド・デーン(赤蟻)という蟻があり、この蟻の卵は 酸っぱ味が
 あり、東北タイでは スープやヤム(タイ風サラダ)などにして食べるようである。
 この蟻も攻撃性が強く、咬まれると飛び上がるほど痛い。
 しかし、このスープのうまさを求めて、東北タイの人々は 蟻の卵を果敢に追い求める。
 食べるのはいいが、蟻に噛み付かれながらの蟻の卵集めなど 御免である。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


徒然なるままに | 21:43:06 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。