■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ブータン布の今昔 仕舞い込んでいたチャクスイ・パンケップ‐01
ブータン布の今昔 仕舞い込んでいたチャクスイ・パンケップ‐01 1
 ブータン  チャクスイ・パンケップ    20世紀初頭

ブータン布の今昔 仕舞い込んでいたチャクスイ・パンケップ‐01 2

ブータン布の今昔 仕舞い込んでいたチャクスイ・パンケップ‐01 3

ブータン布の今昔 仕舞い込んでいたチャクスイ・パンケップ‐01 4

 ブータンの布を整理していると しまいこんでいたブータンの布の中のチャクスイ・
 パンケップが出てくる。
 主だったものには目を通していたのだが、奥にしまいこんでいたものは 面倒なので
 20年近くそのままにしていた。
 取り出してみると 意外といいのである。

 これは その中の1枚のチャクスイ・パンケップである。
 白い地は ブータンの手紡ぎ木綿で織られ、紋様の織り込みには やはり手紡ぎの
 木綿糸が使われ、藍とラックのえんじに染められている。
 私と同じように このパンケップと所有していたブータンの人もどこかに
 仕舞い込んでいたらしく、ほとんど未使用の状態である。

 手紡ぎ手織りの風合いを 天然染料を使った染めの色が高めている。
 織られたのは 20世紀初頭かもしれない。
 時代の持つゆったりした雰囲気が このパンケップには感じられるのである。
 力を込めず、のんびりと織り上げたこと、布から伝わってくる。
 触れば触るほど、見れば見るほど愛着が湧いてくる。

 人間の手が加われば加わるほど、作られたものには人の心が 物の中に入り込んでいく。
 それは 何年 経っても消えることはないのである。
 それは暖かさであったり、やさしさであったりする。

 どんなささやかなことでも そこに人の手が加われば、特別のものになり、
 手放し難いものになり、おろそかに出来なくなる。
 母親が 子供のために既製服に刺繍をしたり、あるいはアップリケをすることで、
 子供にとっては、それは特別なものへと変わっていく。
 そこに母親の心を感じるからである。
 母親の心が入り込んでいる服は 捨て難いものである。
 工芸というものはその延長線上にあるものだ。

 人の心が感じられるというのが 手作りの良さである。
 工業製品には 人の心を込めることはできない。
 古くなって、薄汚くなれば 捨てるだけである。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



ブータン布の今昔 | 12:57:12 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。