■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク マンションの屋上から見える集落 バーン・クルア‐02
バンコク マンションの屋上から見える集落 バーン・クルア‐02 1

バンコク マンションの屋上から見える集落 バーン・クルア‐02 2

バンコク マンションの屋上から見える集落 バーン・クルア‐02 3

バンコク マンションの屋上から見える集落 バーン・クルア‐02 4

バンコク マンションの屋上から見える集落 バーン・クルア‐02 5

 バーン・クルアの集落の中に入っていくと、運河沿いの歩道に植えてある草花が
 目立ち始める。
 そして、この集落の中で生活している人々の姿も 見かけるようになる。
 狭い運河沿いの道ではあるが、その道は人々の語らいの場所になっている。

 孫の面倒を見るおばあさん、如何にも可愛くて仕方のない様子がその表情から
 見て取れる。
 三世代一緒に住むというのは こんな下町の集落の中では 当たり前のことだ。

 少し先に行くと 東北タイ料理を売る屋台がある。
 東北タイ料理のソムタム(パパイヤサラダ)、カイ・ヤーン(鶏の照り焼き)などを
 売るのは東北タイのロイエットからやってきているおばさん、座り込んで世間話を
 しているのはこの集落に昔から住み着いているチャム族のおばさんである。
 仏教徒である東北タイの人間とイスラム教徒のチャム族の人間との間には 
 わだかまりはない。
 そして、異邦人の私に対しても 「ここのソムタムは美味しいよ」と声をかけてくる。

 少し行くと 狭い場所に座り込んで 女の子たちが遊びに興じている。
 セロテープを口に貼り付けてふざけあっている。
 狭い路地や路上を使って遊び呆けるのは 昔の日本の下町の風景と同じだ。

 運河沿いのこの道には ここに住む人たちの喜怒哀楽があふれている。
 仏教徒のタイ人が住んでいる家の前では 人々はそれぞれ 自分の仕事をしながら、
 楽しげに話しこんでいる。
 食後の皿洗いも路上の一角を利用している。
 男たちは 女たちのそんな様子を楽しげに眺めながら、話し込んでいる。

 こんな風にタイ人たちの昔ながらの生活の姿が 生き生きと見られる場所は 
 他にはないのかもしれない。

 決して 整然とした集落ではないが、むしろ雑然としていて、何もかもが混じり合っていると
 いった感じが 温かみを感じさせ、人間らしい当たり前の地についた生活を感じさせるのだ。

 日本はこの集落にある和やかさ、気さくな雰囲気、互いに認め合うやさしさ、そして
 自由を 都会から一掃してしまった。
 そして、生まれてきたものは 他人に対する無関心、警戒心、緊張感である。
 祖父母と孫たちとの日常は失われ、家族の歴史は 継続しなくなり、薄っぺらな
 家族愛しかなくなってしまった。

 干渉のない場を求めて、子供たちは マンションを購入し、ますます、心は貧しく、
 殺伐としてきていることに気がつかない。
 幸福であるのか そうでないのか わからないくらいに 無感覚、無感動になって
 しまっている。

 そうしたマンション生活とは 別の次元の生活が 今集落には残っている。
 便利さや小奇麗さという謳い文句に騙されてはならないのである。
 そんなことに耳を傾け、信用するようになれば、確実に一番大切なものを
 失っていくのだから。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



バンコク 運河の辺の街 | 20:53:43 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。