■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク 私の住むところ
バンコク 私の住むところ 1

バンコク 私の住むところ 2

バンコク 私の住むところ 3

バンコク 私の住むところ 4

 久しぶりにマンションの屋上に上ってみた。
 久しぶりといっても このマンションの屋上に上ったのは 2度目である。
 東北タイのコンケンからこのマンションに越してきて、もう12年になろうとするのに
 屋上に上るのは2度目、ずーっと 上れないと思っていたのだ。

 雨期間近のバンコクのためか バンコクの街全体が 薄く靄がかかっているようだ。
 このマンションの後ろには センセーブ運河が流れ、その向こうに木造の家々が
 建ち並ぶチャム族の住む集落 バーン・クルアがある。
 バンコクの中心部にあって 唯一木造の家々の建ち並ぶ地区であり、この集落の中を
 散策すること、そしてその向こうにある地域の庶民たちの市場や総菜屋あたりに
 足を伸ばして 夕飯や果物を買いに行くこと、それは、私の慰めの一つになっている。
 そこにはまだ 人々が心を通わす当たり前の生活がある。
 市場の近くの路上では 南国名物のドーリアンを求めて、人々が集まっている。
 不況のさなかでも ドーリアンの旬の味は手放せないようだ。

 こうした地域がなかったら、バンコクの中心部は 都会の中の味気ない砂漠のような
 場所になってしまう。
 人間が地面にしっかり足を下ろして住んでいるというのは、それだけで住む人々の
 生き生きしたつながりが 生まれてくるものだ。

 コンケンに住んでいた頃は 近所づきあいもあり、小さな庭もあったので 
 草花を育ててみたり、近くの家で飼っている犬の遊び相手になったものだ。
 バンコクに移ってきてからは とんとそんな機会を失ってしまった。
 
 知らぬ間にバンコクでの生活も12年近くなってしまったのだ。
 自分の心の中のどこかに こんなはずではなかったのにという想いがある。
 とにかく生きていくこと、食べていくことで精一杯で その場その場をしのいでいる
 うちに12年の年月が流れてしまったというのが本当である。
 後ろを振り向くことなく、ひたすらに生きてきたが、ふと後ろを振り向いてみると
 このバンコクでの12年間は 何だったのか 考えてしまいそうになる。
 考えても結論は出てきそうにないから、あまり深くは考えようとはしなかったのも
 本当である。

 東京、バンコク、カトマンズを 1年を切れ切れにしながら生活してきた26年間、
 何か確実なものを積み重ねていくには難しく、そのとき、そのときの出来事に
 流されてきてしまったのかもしれない。
 確実なことは それでも ここに自分がいるということだけだろう。

 24階建てのマンションの屋上に独り立ち、バンコクの街を見回してみる。
 20年以上 出入りを繰り返してきたバンコクの街を眺め、こんな街の姿になるとは
 考えもしなかった。
 こんな街並みの中で 人々は幸福を手にしたのだろうかと 気にかかる。
 近代的な発展というものが 人間の生活にもたらしたものは何だったのだろう。
 私が アジアの町をうろうろしているうちに 私の馴染んでいた日本もどこかに
 いってしまい、捉えどころのないものになってしまった。
 ここでもこんなはずではなかったのにという想いが湧いてくる。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



徒然なるままに | 21:08:47 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。