■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ブータン布の今昔 百年前の布‐01
ブータン布の今昔 百年前の布‐01 1
  幅 98cm X 長さ 230cm 19世紀後期から20世紀初頭

ブータン布の今昔 百年前の布‐01 2

ブータン布の今昔 百年前の布‐01 3

ブータン布の今昔 百年前の布‐01 4

ブータン布の今昔 百年前の布‐01 5

ブータン布の今昔 百年前の布‐01 6


 かなり 擦り切れた1枚のチャクスイ・パンケップがある。
 チャクスイ・パンケップというのは 身分の高い人やお坊さんが 家にやってきた際、
 敬意を表すために 敷いたり、壁にかけたりする布であるともいわれているし、
 王族のためのタオルだったとも言われている。
 どっちにしても庶民・平民たちの使う布ではなかったようである。

 この擦り切れて、すっかり柔らかくなっている布を見ると 確かにタオルとしても
 有用であるようにも思われる。
 悼み具合からすると 使用人に何かの褒美として与え、その使用人家族が
 長く使用していたようである。

 この布が織りあがったばかりの時の布の様子について思いを馳せてみる。
 ブータンで取れる綿を手紡ぎで糸にし、その糸が経糸、横糸にして織り上げられている。
 このチャクスイ・パンケップというのは 3枚つなぎの布で 両脇の布には何本かの
 縦縞が入る。
 その縞の部分の糸には 茜で染められた手紡ぎの木綿糸と藍で染められた手紡ぎの
 木綿糸と手紡ぎの野蚕のシルク糸が用いられている。
 又、紋様の織りこみには この2色の木綿糸に加えて、ラックで染められた手紡ぎの
 野蚕のシルク糸が使われている。
 布の中央に当たる部分には 複雑な紋様が織り込まれている。
 その紋様の織りこみのための糸は 野蚕のシルク糸と木綿の糸が用いられ、
 青は藍染め、えんじはラック染め、薄い橙色には茜が使われているようだ。
 色の変化をつけるためか 藍染めと茜を使った染めには 木綿と野蚕のシルク糸が
 使われている。
 黄緑の部分は藍とウコンが使われているようだ。

 この中央部分の織りこみ部分の色は 百年を経ても鮮やかさを保っているというのは
 見事としかいいようがない。
 それもただ仕舞っておいた状態ではなく、使い古された中である。
 穴の空いたところには 別の布でつぎあてもしている。
 余程大切にしていたのだろう。
 その布への想いが布に移っているのか、布自体が随分痛んでいるにもかかわらず、
 その存在感を感じさせるというのは 大したものである。

 この布を見て、何か布の持つ世界観を感じてしまうのは 私だけであろうか。
 単なる思い込みなのだろうか。
 古い布の持つ力、それが失われることなく、息づいている。
 何気なく見てしまえば、ただのぼろ布である。
 しかし、織り手の心は 布の中で生きているのだ。
 こんなぼろぼろの状態でも 捨てられることなく 残っていること、
 底に何か大きなものを感じてしまう。
 それは 我々現代人がすでに失ってしまった大切なものであるような気がしてならない。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


ブータン布の今昔 | 12:57:19 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-05-08 金 18:48:38 | | [編集]
Re: 業務連絡
先日は 展示会においで頂き、ありがとうございました。
バンコクからということでびっくりしました。

今は もうバンコクですか。
私も明日はバンコクに向かいます。
航空機がアメリカ発なので バンコクで面倒なことにならなければと
心配しています。

バンコクで連絡して頂ければと思います。
メールアドレスは カテゴリーの問い合わせの中にあります。

                               ひかるの
2009-05-08 金 21:11:02 | URL | ひかるの [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。