■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
東京 展示会第六日目
 朝から冷たい雨、展示会をしている身からすれば、憎憎しい雨だ。
 昨日はそれなりの売り上げがあったが、今日は客足もなく、さんざんの売り上げだ。
 今日の分から、利益が出るかと期待していたのだが、思うように行かないのが 商いだ。
 最終日の客足と売り上げに期待するだけだ。

 お客さんが少なかったことから、今日は 展示会場のギャラリーのオーナーの女性と
 のんびり話し込む。
 オーナーの女性の持っている布コレクションの布の写真とその布の組織図を著わした本 
 が出版されることになっており、その公正の原稿が今日届き、その本の中に入れられる
 ブータンの織物について 話をする。
 何点かは 私の持っている布を買い取ってくれたものがある。
 私の分かる範囲内で 訂正したほうがいい説明文については アドバイスをする。
 
 客のいない今日は オーナーと私の二人のための布の展示会のようなもので、
 二人で布を眺めては、ああでもない、こうでもないと話をする。
 ラオスとブータンの古布を前にすれば、二人の話は尽きない。
 ギャラリーのオーナーはしきりに 私の持っているブータン布の資料をまとめ、
 本にすればと勧めてくれるが、そのためにはどうしても現地に行って 確かめなくては
 ならないことがたくさんあるが、そんな金銭的な余裕は私にはない。
 ブータンは ネパール語とヒンディ語はどこでも通じるというので、
 二つの言葉が話せる私にとっては 不便な場所ではない。
 行ければ かなりの情報を得ることが出来るのだが、行くことが難しい。

 機会があれば、今もっているラオス布についても調べてみたい。
 ラオスであれば、ある程度、タイ語が通用するので ここもどうにかなりそうだ。

 ブータン布、インド布、ラオス布についての情報を集める旅をしてみたいと思うが、
 時間とお金がなければ出来ない。時間はあるが お金がないのである。

 今回の展示会もどうにかぎりぎりの生活費を稼ぐだけで終わってしまいそうである。
 半分は宣伝も兼ねているから 今回の展示会を土台に 次のステップを考えなくては
 ならない。

 お金に余裕があるときには 時間がなく、時間に余裕があるときにはお金がない。
 全く 人生は思い通りに行かないものだ。
 さあ、明日の最終日に期待して 頑張らなくては。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


展示会 | 01:33:07 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。