■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
東京 展示会第三日目
 昨日とは 打って変わり 朝から上天気である。
 寝不足であるにもかかわらず、朝の6時には眼が覚めてしまう。
 もう一寝入りと思うが 寝入ることも出来ず、起きだしてしまう。

 起きだしたついでに 展示会場に持っていく服類のアイロンがけを始める。
 その後、ブログのための写真撮影、そうこうするうちに午前10時半過ぎ、
 急いで身支度を済ませ、ボストンバッグにアイロンがけをした服を詰め、家を出る。

 地下鉄に乗り込む。
 日本に持続的に住んでいない自分が異邦人のような気にもなってしまう。
 同じ電車に乗っていても、これからも触れ合うことのない人々も群れだ。
 昔、日本に住んでいた頃は、何のかかわりはなくとも、どこかで同じ場所にを住んでいたと
 いう気持ちがあったが、今ではそんな感情はなくなってしまっている。

 地下鉄から地上に出ると、さほどお腹は空いてはいなかったが、今食べておかないと
 午後7時過ぎまでは食事をする時間はない。
 朝昼兼用のために あたりを見回して、適当な食事場所を探す。
 すぐ近くに讃岐うどんの店がある。東京あたりでチェーン店として展開している店なのだろう。
 年に何度か 日本に帰ってくることはあっても、こうしたチェーン店の讃岐うどんは
 食べたことがなかったので、試しに食べてみることにする。
 威勢のよい挨拶を受け、注文をして食べてみる。
 へー、なんと まずいといった味である。
 四国の人が作るうどんではなく、東京で雇われた人がマニュアルどおりに
 作っているのだろう。
 だしもいい加減、うどんの湯で加減もいい加減、こんなものが話題に上るほど 
 おいしいものだとは思えない。
 話題ばかりが先行して、味が少しもついていかない、今風のグルメブームである。

 こんなわけの分からないうどんを食べながら、高校時代に食べた尾道の隣の糸崎駅で
 食べたホームにあった掻き揚げ入りラーメンのことを思い出した。
 高校生という食べ盛りの年齢だったせいなのか、それがやたら美味しかったことを
 思い出す。
 だんだんと感動を与えてくれるような食べ物に出会うこともなくなったことに気づく。

 展示会場に行き、準備を始める。
 今日は天気がいいにもかかわらず、人がやってこない。
 私のブログを読んでいてくださる北海道の方が、東京への出張を展示会の日が合い、
 一番乗りできてくれる。
 その後も東京のブログ仲間の方が顔を出してくれる。
 その後は、午後6時近くまで、訪問者はいない。

 ギャラリーのオーナーと どうしたのかねと話していると、
 服飾大学の付属服飾博物館の学芸員の方たちがやってくる。
 赤い色の衣装展のための古い衣装を探しているということだった。
 赤色系の古いショールや山岳民族の民族衣装についての問い合わせがあり、
 来週に品物をお見せすることにする。
 その後、何人かの人がいらしてくれたが、今日も古い布は売れない。
 今日は商いとしては 最悪の日だった。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


展示会 | 09:53:43 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
今日はありがとうございました。色々な種類の織物を見せていただきまた説明していただきとても楽しかったです。お勧めいただいた野蚕シルクのシャツ家で着てみました、とてもよかったです。大事に着させていただきますね。
 赤いほうは自分で洗濯できますか?貴重な古布が大切に保存していただけるところに買っていただけることを祈っています。
2009-04-23 木 22:14:18 | URL | さちぴー [編集]
今日は 展示会にいらして頂き、ありがとうございました。

タイのオールドシルクの洋服、手洗いで大丈夫だと思います。
その後、ネットに入れて、脱水をかけ、スチームアイロンをかければ
いいでしょう。

インド・アッサムシルクの洋服は 一度洗うと、着心地が良くなります。
野蚕のシルクは 着れば着るほど 馴染んできますから、それも
楽しみの一つです。
2009-04-24 金 00:37:47 | URL | ひかるの [編集]
展示会あと2日になりましたね。ブータンの収集された布たちにとても愛情を持っていらっしゃることを感じました。貴重な古布の嫁ぎ先が決まりますように!
お返事ありがとうございました。

2009-04-24 金 21:19:11 | URL | さちぴー [編集]
今日 やっとブータンの毛織物の古布 ヤタが一枚売れました。
高い布が一枚売れると 売り上げが 上がります。
ほっとしています。

あと二日 この調子でいくといいのですが。
今日は お客さんも多かったですよ。

ご心配、ありがとうございます。
2009-04-24 金 23:44:31 | URL | ひかるの [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。