■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク バンコクから東京へ‐03 ホテルにて‐02
バンコク バンコクから東京へ‐03 ホテルにて‐02 1

バンコク バンコクから東京へ‐03 ホテルにて‐02 2

 ホテルに帰ってくると 昼食の用意がされている。
 朝食を食べた場所とは 別の場所にユナイテッド航空から送られてきた客専用の
 場所が用意され、食事のレベルも1段低くしている。
 ホテル側からしても ユナイテッド航空から支払われるお金の範囲内で利益を
 出す必要があり、一般の客と同じ条件でというわけには行かないのだろう。

 今日は朝から WBCの日本対韓国の決勝戦のことで、ホテルに泊まっている日本人の
 間で持ちきりだった。
 近頃では 日本には勝ってほしいとは思うが、それほど熱意を持って 
 そうした国際試合を見る気持ちもなくなってしまっている。
 北京オリンピックも見たが、それほど感動を与えるものでもなかった。
 自分の日本人であるという意識が この25年間の生活の中で変わってしまっている
 のだろう。
 生活の場所が日本ではないことが 原因なのだろう。
 又、野球の盛んな国が ベストチームを組んできているわけでもなく、
 そんな中で優勝したことが それほど素晴らしいことのようにも思えない。
 ついつい覚めた眼で見てしまう。
 世界の野球の一流選手が揃い、その力を競ったわけでもないのに、
 何を大騒ぎしているのだろうと思ってしまうのである。
 この頃では どうも素朴にスポーツを楽しむことが出来なくなっている。

 ホテルに足止めされることで 出会った人々はこんな人たちだった。
 
 空港に一緒に行った70歳の男性、仕事を退職してからの10年間、
 年3回ばかり アジアを中心に一人旅をしているようだ。
 しかし、話題の中心は 女のことである。
 カトマンズの話をしても 女はどうなっているということが大きな興味である。
 話せば、話すほど 話題がなくなっていく。
 タイを中心に何度も旅をしている中高年層にはこうした人も多い。
 退職前に何をしていたのか 訊ねても話そうともしない。

 卒業旅行でやってきている大学生、1年フリーターとして仕事をし、お金を貯めて、
 東南アジアにやってきている若者、そうした若者相手に自慢話に夢中な40歳代後半の
 株や為替相場で生活している男、アジアの都市のどこでも出会うタイプの人間たちだ。

 私にとっては あまり立派なホテルはどこか居心地が悪い。
 ここ25年間 安ホテルばかり泊まっていることからくる貧乏性のせいだろうか。
 インド、ネパール、タイでも一歩ホテルの外へ出れば、街の匂いが身体を包み込む。
 その国の人々の生活の姿が 眼の中に飛び込んでくる。
 ご飯は 地元の人たちの中に座り込んで 街の中の屋台や食堂で食べる。
 そういう方が 気楽で落ち着くことが出来る。
 そういう場所のほうが 自分の居場所のように思える。

 ノボテル・エアポートホテルの窓から、夜景を眺める。
 生活の匂いなどどこにも感じられない無機質な風景が広がっているだけである。
 以前のバンコクの国際空港ドンムアンは 空港の周りには バンコク庶民の生活場所が
 あった。
 お金のない旅行者には やさしかった空港である。
 ドンムアン空港からスワンナブーム空港への移転は タイ社会の大きな変化を
 象徴しているようだ。
 物価高、貧富の格差、タバコや酒の規制、金持ちに優しく、
 貧しい人たちには厳しい社会へと変わっていった。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


徒然なるままに | 09:40:49 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
写真と文章で綴る御ブログ。人間・生活の営みの根源・本質を捉えた良い目線ですね。無学・無知な小生ですが、目線の確かさに何時もながら、ホッとしています。<アジアの布展>の成功あらむ事を、お祈り致します。
2009-03-29 日 13:53:05 | URL | アガタ・リョウ [編集]
昔、インドを旅していた頃、泊まる場所、使う交通機関のレベルの違いで
出会うインド人の階級が違いました。

高級ホテル、冷房つきファーストクラスの列車や飛行機で旅すると 
金持ちのインド人にしか出会いません。

安ホテルのある下町、列車はセカンドクラス、そんな旅をしていると
出会うのは インドの庶民ばかり、旅の形で 出会う人々が違うと
いうのは驚きでした。
でも そんな庶民のほうが親切で開放的なのは確かです。
2009-03-29 日 14:34:16 | URL | ひかるの [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。