■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク 市場のそばの路地裏の世界
バンコク 市場のそばの路地裏の世界 1

バンコク 市場のそばの路地裏の世界 2

バンコク 市場のそばの路地裏の世界 3

バンコク 市場のそばの路地裏の世界 4

バンコク 市場のそばの路地裏の世界 5

バンコク 市場のそばの路地裏の世界 6

バンコク 市場のそばの路地裏の世界 7

バンコク 市場のそばの路地裏の世界 8

バンコク 市場のそばの路地裏の世界 9

バンコク 市場のそばの路地裏の世界 10

バンコク 市場のそばの路地裏の世界 11

バンコク 市場のそばの路地裏の世界 12

 昔からある古い市場の入り口近くには 人々を楽しませる映画館があったりする。
 セン・セーブ運河の向こう側の下町の市場の近くにも 同じように映画館がある。
 バンコクの中心的な消費センター サイアムスクウェアーから歩いて15分ばかりの
 この下町の映画館は サイアムスクウェアーにある数多くのモダンな映画館に押されて、
 今は寂しく閉鎖されてしまっている。
 地方の町 パッチョンやコンケンに住んだときも 街の中心には必ず古びた映画館が
 あり、そこに住む人々の楽しみの場所だった。
 それは私の幼かった頃の日本の地方の町でも同じことだった。

 今は閉じてしまった映画館の横には その映画館を挟むように 市場へ向かう細い路地 
 と市場に平行したもう1本の路地がある。
 市場が造られたときに 市場に平行した二つの路地には棟割長屋のような細長い建物も
 同時に建てられたようだ。
 その路地の一つに入り込んでみた。

 細長い棟割長屋のような建物が 路地の両側に 100メートルばかり続いている。
 この建物は 最初はこの近辺に住むイスラム教徒が 賃貸し用に建てたものらしいが、
 今は 部屋ごとにバンコクにやってきた中国人たちに買い取られているようだ。

 各棟の1階部分は 洋服の仕立ての作業場、指輪、ブレスレットを加工する作業場など
 に使われている。
 日本の昔の小さな下町の作業場を思い起こさせて 懐かしい気分にもなる。
 仕事をしている人々の大半は通いの人々で 大半は地方から出稼ぎにやってきた人々だ。 
 2階部分に 家の持ち主は住んでいるらしく、ここに住み着いている中国系タイ人の
 家族のための雑貨屋、駄菓子屋などもところどころにある。
 大半のものは 市場で手に入るが、急ぎで必要なもの、子供の遊び道具などは 
 この路地にある店が重宝するのだろう。

 この路地の他にも 市場周辺には この路地に似た路地がいくつもある。
 6,70年以上まえから これらの路地に住み着いている人々であり、中国系タイ人の人々で
 あれば、今は、4,50歳になっている人たちの父母が 中国本土から出稼ぎにやって来て 
 ここに住みつき、子供である彼らが生まれ、そのまま住み続けている人たちである。
 うまく時流に乗って成功した中国人たちは この地区を出て行ってしまったのだろうが、
 生活することで精一杯の中国人たちは ここを出ないで、そのまま庶民の生活を
 続けているのだ。
 それでも地方からやってきた出稼ぎの人々に比べれば、ゆとりのある生活をしている。

 子供が居て、若者が居て、老人も居るというごく当たり前の生活がここにはある。
 夕方になり、午後7時を過ぎると 仕事をする人たちが 作業場の主人の家族とともに
 夕食を囲んでのひと時があるし、仕事仲間とその日の疲れをともに癒しながら、
 酒を飲みあう姿もある。
 働き、飯を食べ、酒を飲み交わし、1日が のんびりと流れていく。
 本当は 人間の生活は これで充分なはずである。
 贅沢な生活を見せつけられるから、贅沢な生活が必要になる。
 そのために無理な仕事をすれば、人と人との関わりの時間も世界も失われてゆく。
 テレビなんか見なくても 仲間同士でもゆったりした語らいがあれば充分ではないか。
 市場で安い惣菜を買ってきて、それを肴に酒を飲む、それで満足していた生活は
 どこに行ってしまうだろう。

 気楽で気さくで 無理のない当たり前の喜びや楽しみ、それが失われ、
 無理な刺激的な生活を求め、ますます心は貧しくなる。
 せめてアジアだけは こうした伸びやかなゆったりした時間が流れてほしいものだ。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ





バンコク風情 | 16:41:30 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
<気楽で気さくで・・・・・ますます心は貧しくなる。>本当に、そう思います。3年ほど前に、渡辺京二著<逝きし世の面影>平凡社刊で、文明国・欧米人が見聞した幕末・明治期の日本の姿を、紹介した労作を読んだ事が有ります。近代・現代人が、便利さ・豊かさと引き換えに捨て去ってしまった人間らしさの考察と云った物が、本文に著者が敢えて書かなかったテーマなのですが、・・・
物と云う有形物では、推し量れない無形の心の在り様・空間の減退・喪失感への傷みを知る事は、何時の時代も難しいのでしょう。タイの仏教が、書かれている様に金を生む現世利益ものでは、余り時間も掛からずに、有形至上主義の貿易経済に飲み込まれてしまうのでしょうね。
貴兄も、小泉八雲の如く、アジアの逝きし世の面影の大切さを、インド・タイ・ネパールの人々にお話下さい。
2009-03-25 水 00:35:10 | URL | アガタ・リョウ [編集]
Re: タイトルなし
成田空港の貨物輸送機炎上事故のために バンコクで2日足止めを食らってしまいました。
やっと、成田に到着です。

本来バンコク-成田直通が バンコク-香港-成田になってしまいました。

ネパールのカトマンズ、そしてバンコクのアナログ世界から 東京というデジタル世界、
成田空港では WBCの日本チームの帰国とぶつかってしまいました。
日本優勝も それほど感銘を与えるものではなく、日本に違和感を覚えるように
なっています。

どう1ヵ月半 東京に滞在して日本と付き合っていくかが 大きな課題です。

カトマンズでは 人々の生き生きした表情を眺めることが楽しみでしたが、
バンコクでは その楽しみが半減、日本では更にその半減、何かを見つけたいとは
思っています。
2009-03-26 木 00:58:10 | URL | ひかるの [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。