■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク 下町の市場通りは 毎日が縁日
バンコク 下町の市場通りは 毎日が縁日 1

バンコク 下町の市場通りは 毎日が縁日 2

バンコク 下町の市場通りは 毎日が縁日 3

バンコク 下町の市場通りは 毎日が縁日 4

バンコク 下町の市場通りは 毎日が縁日 5

バンコク 下町の市場通りは 毎日が縁日 6

バンコク 下町の市場通りは 毎日が縁日 7

 夕方近くなって 夕食の惣菜を求めて センセーブ運河の向こうにある下町の市場へ 
 行く。
 大通りを避けて イスラム教徒の住むチャム族の住む集落 バーン・クルアの中を
 運河沿いに歩くと、夕焼けの残る集落には 次第に夕闇が迫っている。
 運河沿いの歩道から集落の奥に入っていくと 集落の中に住む人々は 
 集落の中にある店の近くに 集まっては 夕食前ののんびりしたときの流れに身を置き、
 三々五々に語らいを楽しんでいる。

 集落の人々の心温まる暖かい交わりを感じながら、下町の市場へと足を進める。  
 市場のある通りに出ると 裸電球の明かりが 赤々と灯り、その明かりのなかを
 夕餉の食材、惣菜を求めて行きかう人々の姿が浮かび上がってくる。
 夕方を過ぎると この通りの路上には ありとあらゆる食べ物の屋台が 
 所狭しと 並ぶ。
 果物売り、アイスクリーム売り、肉類やソーセージの串焼き、昔ながらのタイ菓子屋、
 カキ氷の屋台もある。
 その場で作ってくれるヤム・ウンセン(タイ風春雨サラダ)の屋台もある。
 ラーメンなどを売る屋台など 何軒もあり、牛肉麺、鶏肉麺、豚肉麺と 
 それぞれの屋台で具とスープに特色を出している。
 何度来ても こんな路上に並ぶ屋台を見ているだけでも飽きない。

 私の目的は 夕食用の惣菜を買うことだ。
 市場へと続く路地には 多くの総菜屋がある。
 夕方も6時を過ぎると、惣菜の安売りが始まり、ビニールの小さな袋に入れた惣菜が
 一袋10バーツで売られる。
 貧しい収入の少ない人々にとっては 有難い安売りだ。
 庶民の集まる市場では 売り手も庶民の生活のことがよくわかっている。
 新鮮なものを 人々に出来るだけ安く売るという当たり前のことが 自然に実践されている。
 スーパーマーケットやコンビニエンスショップにはない暖かさが ここにはあふれている。

 当たり前に日々を生きている人々の息づかい、暖かい気さくな通りを行きかう人々と
 路上で食べ物を売る人々の交流を見ているだけで 心が温かくなる。
 それは私が 30年以上前に生活した東京の下町の姿にも重なる。
 
 惣菜を買い、市場のすぐ横の路地を通って、家路へと向かう。
 棟割長屋のような建物が路地の両側に並び、1階部分は 床屋、仕立屋、
 工業部品の作業場などになっている。
 どこも その日の仕事を終え、人々は休息していたり、夕食に向かっていたりする。
 路地裏に住む子供たちが 連れ添って 勢いよくどこかに向かって駆け出してゆく。
 市場の中心に向かって歩いていくと、どの店も 店じまいの掃除に忙しい。
 もうやってくる客もなく、店主たちも売ることは諦めて、テレビに見入っている。

 こんな下町にやってくると、その日その日を精一杯生きている人たちが 
 互いに寄り添って生きていることがよくわかる。
 路地が人々の交流の場所であり、子供たちの遊びの場であり、生き生きとした生活の
 場所になっている。
 一戸建ての庭付きの大邸宅に住むより、はるかに豊かな人間同士のかかわりが
 ある。
 貧しくても 狭くても 気さくで住みやすい世界がここにはある。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


バンコク風情 | 15:01:29 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。