■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコクから ネパールの今
バンコクから ネパールの今 1

バンコクから ネパールの今 2

バンコクから ネパールの今 3

バンコクから ネパールの今 4

バンコクから ネパールの今 5

バンコクから ネパールの今 6

バンコクから ネパールの今 7

バンコクから ネパールの今 8

 カトマンズを離れて 2週間が過ぎた。
 離れても 気になるから ネパールのニュースには目を通すようにしている。
 私がいたときと同じように 電気と水の事情は最悪のようだ。
 先日のホーリーというネパールの色粉、色水を掛け合う祭りでは 日中は停電にならず
 電気がきたというから、電力事情は好転しているのだろうか。
 3週間前の大きな祭り シバラットリの際には 普段と同じ停電だった。

 水道事情は 雨が降らず、ますます大変な状況に陥っているらしい。
 ネパールの天気予測によれば、あと2週間は 雨は降らないらしい。
 カトマンズの庶民にとっては 電力不足よりも水不足ほうが 生活の根幹に係わる。

 南ネパールのタライ地方では ネパールの昔からの先住民族が 同じタライ地方に住む
 マデシというインド系住民と同じように扱われることを嫌い、自分たちの要求を政府に
 突きつけて、ストライキに入っている。
 そのため道路が封鎖され インドからの物資がカトマンズに入ってこなくなり、
 石油製品のストックも2日分しか残ってないという話だ。
 石油製品が入ってこなければ、発電機を動かすことも出来ず、発電機によって 
 やっと稼動している工場や作業所は大打撃である。

 政治的には 旧支配勢力の主だったリーダーたち、元国王、ネパール会議派の
 ギリジャ元首相などが どういう訳か デリーに集まっているらしい。
 なにやら、きな臭いものが漂ってくる。

 ネパール国軍とマオイスト軍との統合も 一向に進展せず、マオイスト軍のほうは
 痺れを切らし、新兵の募集を始めたが、政府との話し合いで 一応、中止となったが、
 この辺のことも新たな混乱の火種になりそうだ。

 国を運営していくために 政府は充分に機能しておらず、治安の混乱に拍車をかけて
 いる。
 こんな状況であるから、一体、国がどうなっていくのか、誰一人わからない有様だ。
 マオイストによる国の統合を期待したネパール国民であるが、それが期待はずれで
 物価高、電力不足、水不足、治安の悪化に苦しめられている。
 それでも生活力のたくましいネパール庶民は 持ち前の自衛力で頑張っている。

 ネパール、タイ、日本と政治の混乱は同じであるが、ネパール、タイの庶民たちは
 マスコミなど初めから、信用していないから、マスコミに扇動されることもない。
 当たらない天気予報ぐらいにしか思っていない。

 困るのはマスコミ天国の日本だろう。
 命を懸けて報道するという真剣さはなく、大切な事柄も 週刊誌的な受けをねらった
 いい加減さ、それを鵜呑みにする国民や太鼓持ちをする似非知識人、報道の中立など
 どこに行ってしまったのか。
 戦前の軍部の台頭、そして戦争といった事態も 政府によるマスコミ操作、
 それに乗っかるマスメディア、無批判に信じてしまう国民と、今の状況は当時の状況と
 さほど、違っていないのではと思えてくる。
 右肩上がりの経済成長の中で 国民も消費、飽食におぼれ、適切な判断が下せなく
 なっている。
 誰かが どうにかしてくれると思って ただひたすら待っている。

 それに比べれば、ネパールやタイの国民の方が健全である。
 自衛し自らを護っていく力はある。
 何かにつけて トラウマを持ち出す日本人とは違うのである。

 ネパールの庶民の子供たちは 小さいうちから 自分を護る力を身につけていく。
 彼らはどんな国に行っても 生き抜くだけの力を持っている。
 日本に行っても うまく日本人をあしらうだけの力はある。
 ネパールでもタイでも 日本人を見るたびに そのひ弱さが気になる。
 異国にいくと 赤子の手をひねるように 簡単に騙されてしまう。
 そうすると 騙した側を悪く言うだけで、自分の非力さには眼を向けない。
 異国にやってきても お金、財力によって支えられているだけで、人間、動物の持つ
 生命力の強さによってではないことは確かである。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



徒然なるままに | 02:17:23 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。