■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク 当たり前の生活を求めて
バンコク 当たり前の生活を求めて 1

バンコク 当たり前の生活を求めて 2

バンコク 当たり前の生活を求めて 3

バンコク 当たり前の生活を求めて 4

バンコク 当たり前の生活を求めて 5

バンコク 当たり前の生活を求めて 6

バンコク 当たり前の生活を求めて 7

バンコク 当たり前の生活を求めて 8

 バンコクへの訪問が 22年間に渡り、訪問回数、滞在日数もその数を増してくると
 だんだん、刺激的な生活も 刺激的な光景も避けるようになり、穏やかでのんびりした
 風景へと惹かれていく。
 それだけ年を取ったということだし、もう自分にとっての祭りの季節は 過ぎ去って
 しまったという気持ちもどこかにある。
 もう身体も気持ちも若くはないのである。
 若い頃は バンコクの暑い夏のエネルギーさえ、自分のエネルギーに変えることも
 出来たが、今では その暑さから逃れようとしている。
 22年前に感じたバンコクへの熱い想いは 何処かに消え去ってしまった。


      夏まつり

           作詞・作曲:井上陽水

   十年はひと昔 暑い夏
   おまつりはふた昔 セミの声
   思わずよみがえる 夏の日が
   ああ今日はお祭り 空もあざやか

   自転車のうしろには 妹が
   ゆかた着てすましてる かわいいよ
   もらったおこづかい なくすなよ
   ああ今日はおまつり 早く行こうよ

   綿菓子をほおばれば すぐにとける
   友達もみんな居る 笑い声
   道には並ぶ店 オモチャ売り
   ああ今日はおまつり 何を買おうか

   十年はひと昔 暑い夏
   ふるさとはふた昔 夏まつり


 井上陽水   夏まつり
 http://www.youtube.com/watch?v=5gMKV3VawJ4


 バンコクの暑い夏に負けて 遠出をしたくないときには センセーブ運河の
 向こう側の集落 バーン・クルアや下町あたりを散歩する。
 このあたりには昔懐かしい光景が多く残っているからだ。
 路地の中に入っていくと 何一つ隠すことのない人々の生活がそこにある。
 アイスクリーム売りを追いかけて アイスクリームを買う幼い子供、
 手の中には1バーツ玉が二つ、これではアイスクリームは買えない。
 近所の知り合いのおばさんが 子供に20バーツを渡している。

 運河の脇の道路下に座り込んで 午後のひと時を過ごす人々の姿も 
 20年前と同じ光景、カキ氷と子供、木造の家の前の蘭の花、気持ちよく眠る猫、
 どれもこれも古き予期時代のバンコクの風景だ。

 変わりゆくバンコクの中でも 人々はゆったりした時間の流れに身を置いていたいと
 思うものだ。
 そこには 人間本来の姿、無理のない生活がある。

 飽食、無駄な消費とは無縁の生活だし、心の安らぎや暖かさにあふれている。
 こんな当たり前の生活を押しつぶし、欲望の渦の中に人々を追いやるのは 
 誰の仕業なのだろう。
 一部の愚かな金や権力の亡者のために 人々の穏やかな生活は容赦なく押しつぶされていく。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


徒然なるままに | 06:48:23 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。