■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク シーナカリン王母の生家の周り
バンコク シーナカリン王母の生家の周り 1

バンコク シーナカリン王母の生家の周り 2

バンコク シーナカリン王母の生家の周り 3

バンコク シーナカリン王母の生家の周り 4

バンコク シーナカリン王母の生家の周り 5

バンコク シーナカリン王母の生家の周り 6

バンコク シーナカリン王母の生家の周り 7

バンコク シーナカリン王母の生家の周り 8

 現国王 ラーマ9世の母 シーナカリン=サングワン・タラパットは 1900年に
 ノンタブリ出身の金細工職人の娘として生まれたが、早くにこの父を亡くし、
 母親の手で 先に説明した公園の中にある今は崩れかけたレンガ造りの家で育てられた。
 その母も病身で娘の面倒を見ることも出来ず、 8歳になったときには王室に奉公に
 上がるが、9歳になったときには その母も失い、天涯孤独の身になったが、
 運よくシリラート王室医療院付属の看護学校に通い1916年卒業することが出来た。
 勝手な想像だが、タラバットの一族は 王室や貴族お抱えの金細工職人の一族で
 あったのかもしれない。
 そのことから、王室につてがあり、王室に奉公に上がることもできたのだろう。

 その後の経過については 次のホームページを参照されると良いだろう。

 王家/父母姉兄
 http://www.1046.in/royalhousehold1.htm

 現国王の王母 シーナカリンを偲んで造られた公園の周りは 下町風な情緒の色濃く
 残る場所である。
 表通りには戦後移民してきたと思われる中国人たちが住み、裏通りにはタイ人たちが
 住む。
 豊かな成功した中国人であるというより、細々と生活しているような中国人たちが多く、
 タイ人たちはといえば、下働きをしているような人たちだ。

 王母 シーナカリンの生まれた時代なら 随分うら寂しい界隈だったのではなかろうか。
 公園の周りの建物の様子を見ても 第2次世界大戦以後建てられた木造住宅が多いようだが、
 ところどころには 百年以上前に建てられたような貴族の屋敷も残っている。
 そんなことから、王母 シーナカリンの生まれた百年以上前の時代といえば、
 広大な敷地に囲まれた貴族の屋敷とその使用人たちの住まいがあったぐらいだろう。

 戦後 チャオプラヤ川の対岸にある中華街の商人たちの商品の保管場所として、
 倉庫なども建てられたようだが、今では 中華街も昔ほどの勢いもなく、
 あたり一帯は裏寂れた雰囲気を漂わせている。

 夕方近くなると 近くの公立学校に通う小学生や中学生が 路上のカキ氷の店に
 群がっていたりするし、木造の長屋風の昔風の商店には 近所の住民たちも
 集まっている姿は如何にも下町的な風景である。

 裏通りに入っていくと 時代の流れなど忘れてしまったような人々の生活もある。
 古きよき時代のバンコクが そのまま残っているような感じなのである。
 時間の流れが止まってしまったところに 間違って入り込んでしまったような
 気持ちにもなってしまう。
 こんな不思議な場所が トンブリ地区には 何箇所かある。
 物価が安い、部屋代が安い、簡単に住む土地が手に入った、開発は遅れているといった
 様々の要因が絡み合って、昔ながらの生活が そのまま残っているのだろう。

 バンコクの中心部での生活に疲れたときには トンブリ地区にやってきて、
 のんびりとした時間の流れの中に身を置いてみる、下町の気さくな雰囲気に触れてみると
 いうのは 心の健康のためには いいのかもしれない。
 それも昼間のことで 夜になるとちょっと危険な界隈で 表通り以外は歩けない
 雰囲気があるので要注意である。
 何処か人間の吹き溜まりのような場所でもあるからだ。
 気さくで人の良さもあるが、半面、分けのわからない怖い人間もいるのも本当である。
 下町めぐりは バンコク庶民の生き生きした姿を見るにはいいが、それも昼間に
 限定された世界である。
 バンコクの下町歩きも 五感と第六感を駆使して、危険の匂いを嗅ぎ取る必要がある。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



バンコクを歩く | 14:51:22 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。