FC2ブログ
 
■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐05
ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐05 1
  ブータン  キラ 木綿 アイカプール       20世紀中期

ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐05 2

ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐05 3

ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐05 4

 この木綿のキラも 白、黒、赤を基調にして 織り上げられたキラである。
 このキラも 地の経糸、横糸には ブータンの手紡ぎの木綿が使われている。
 紋様の織り込みのためには ラックで染められた赤い野蚕のシルク糸、黒の糸は
 手紡ぎの木綿糸である。
 縦縞に使われている糸も 白と黒を除けば、天然染料で染められた緑、青、黄色、
 赤に染められた野蚕のシルク糸が使われている。
 どこかに虹色という意識があるに違いない。
 そんなちょっとした心遣いが、キラを渋いものにしている。
 又、おしゃれでもある。

 20世紀中期あたりまでは 天然染料や手紡ぎの糸が使われることが多く、
 そのような素材を駆使して織られたキラは時間の流れに従がって、風合いを増す。

 化学染料や工業糸が ブータンに入り込んでくることで 織りの細かさの技量は
 発展していったが、味わいや風合いは失われていったようである。

 このような織りの技法を使って織っているのが 一番下にある写真である。
 紋様の織りこみ部分の縞は どうも2重綜絖になっているのだろうか。
 地機だから、平織りだろうか。
 経糸の間に 横糸を潜らせながら 紋様を作っていくようだ。
 考えただけでも 手間と時間が掛かるようで、自分ではやりたくはない。
 今はジャガード織りを使えば 難なく出来るが、これを手と使ってということになると
 簡単なことではない。
 機だって、原始機に近く、至って 素朴なものである。
 この機で ブータンの複雑なキラの紋様を織り上げていくのである。

 あんな姿勢で日長1日 織りに向かっていると お尻に根が生えてきそうである。
 大変な重労働であることが よくわかる。忍耐力がないと 出来ないだろう。
 これだけでも凄いと思ってしまう。

 手で糸を紡ぐ、天然染料を使って糸を染める、織り付けをして 機に糸をかける、
 そして織り始める。
 そして、紋様を織り込む。
 気の遠くなるような手間と時間が掛かる。
 ブータンの織り子にとっては、生まれついてからの当たり前の作業で、
 特別なことではないのだろう。
 生きている世界や時間が違うのである。

 刺激など求めず、やるべきことを ただひたすらやるという世界が 
 1970年頃までは当たり前だったに違いない。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



スポンサーサイト



ブータン布の今昔 | 22:44:53 | Trackback(0) | Comments(0)
バンコク マンションの屋上から見える集落 バーン・クルア‐07
バンコク マンションの屋上から見える集落 バーン・クルア‐07 1

バンコク マンションの屋上から見える集落 バーン・クルア‐07 2

バンコク マンションの屋上から見える集落 バーン・クルア‐07 3

バンコク マンションの屋上から見える集落 バーン・クルア‐07 4

バンコク マンションの屋上から見える集落 バーン・クルア‐07 5

バンコク マンションの屋上から見える集落 バーン・クルア‐07 6

 バーン・クルアの集落の中の人間模様を眺めていると、戦後60年の間に日本人が
 失ったものは何かと考えさせられる。
 人間が共生するとはどういうことなのか、その形や姿が見えてくる。

 日本の昔の下町の路地裏の世界も 密集したこの集落も よく似ていたはずである。
 迷路のような狭い路地、開け放った扉の向こうには 人々の生活が見える。
 プライベートというものが 限られており、隠し事のない社会を感じさせてくれる。
 隠す気もないし、隠すことも出来ないような集落の形だ。

 大半の人は 顔見知りであるし、近所同士での会話も多い。
 集落の奥に住んでいる人たちは 運河沿いの道に出てきて、座り込み、涼み、
 集落の仲間たちとの会話を楽しむ。

 子供たちの顔を見れば、親のこともすぐにわかるくらいにつながりも強い。

 幼少期を過ごした田舎でもそうだった。
 大体、1キロ四方に誰が住んでおり、職業は何で、子供は何人いるということなど、
 親たちは みんな知っていた。
 だから、知っている大人のいるところで 悪いことなど出来なかった。
 法律によって、人間の行動を規制するというより、地域の持つ人間関係で、人間の
 行動を規制するという面が大きかった。
 多少の悪さは 大目に見るという寛大さもあったような気がする。
 この頃のように 何かあれば、すぐに警察に連絡するというようなこともなかった。
 地域で解決できることは 地域で解決するというのが 当たり前だったような気もする。

 このバーン・クルアもそうなのだろう。
 大人たちは 子供たちの小さな頃から、眼をかけ、度を過ぎた行動をすれば、
 集落のみんなで気をつけるという姿勢が まだ充分に残っているようだ。

 集落の路地の中を歩いていると、細い路地にゴザを敷いて、昼ごはんを皆で一緒に
 ご飯を食べている人たちの姿もよく見かける。
 こうした人たちは 東北タイから出稼ぎにやって来て住みついた人たちが多い。
 写真を撮らせてもらうと、ビールがどうだ、おかずはどうだと勧めてくる。
 少し、騒がしい東北タイの人たちであるが、全く隠し事がなく開放的である。
 この辺は バンコクの中国系タイ人とは ずいぶん違う。
 彼らは とても警戒的である。そして打算的である。
 タイ人といっても いろいろなのである。
 庶民と上流階級、中流階級では 人間関係も随分違うし、バンコク周辺の住民と
 東北、北タイの人間の意識も違う。
 私からすれば、バーン・クルアのように庶民たちの住む場所の方が気楽で
 気を使わなくて済む。
 何にも増して 笑顔がいい。
 どんなに貧しくても 皆とともに生活を楽しむ、そういう生活の余裕、心の余裕を
 感じさせてくれる。
 気取らないところがいいのである。

 集落の人々の心が 抑圧的で、警戒心が強ければ、
 猫だって、こんなに無防備な姿をさらけ出して 眠り込んでいることなど出来ない。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



バンコク 運河の辺の街 | 17:24:32 | Trackback(0) | Comments(0)
ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐04
ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐04 1
  ブータン キラ アイカプール   木綿        20世紀中期

ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐04 2

ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐04 3

ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐04 4

ブータン布の今昔 ブータン庶民の木綿のキラ‐04 5

 20世紀中期頃に 織られた木綿のキラ アイカプール、ここで使われている色合い、
 紋様のパターンはブータンの伝統的なものである。

 黒と赤と白の組み合わせ、部分的に野蚕のシルク糸をウコンで染めた黄色を使っている。
 黒は色の重ね合わせで染め、赤は カイガラムシのラックで染めている。
 使われている木綿の糸は ブータンの手紡ぎ木綿糸である。

 色の組み合わせもなかなか渋いものであり、紋様を織り上げる丁寧さも見事だ。
 この木綿のキラは まさに日本人好みといっていいだろう。
 こんな色感覚も ブータンのひとびとにはある。
 それに加え、縦縞の中に紋様を織り込んでいるこの集中力は何だろう。
 この紋様の図柄を見ているだけで 気が遠くなりそうだ。
 織物を楽しむ気持ちがなければ、こんな織物は出来ない。
 この縦縞の中に紋様を織り込んでいく技術は 20世紀に入って 流行していった
 ものだろう。
 それは木綿のキラにも野蚕のシルクのキラの中にも生かされている。
 20世紀初頭に国の統一を終え、王国として国が安定することによって
 ブータンの織物は 急速に発展していったようだ。

 行事の際に身につけるキラ クシュタラやノシェムは 派手な色彩のものが多いが、
 日常に身につける衣装には 渋い色合いのものが好まれるようだ。
 ブータン人のおしゃれ感覚は このような木綿のキラの中でも充分に息づいている。

 参考までに ブータンの女性たちが 民族衣装のキラを身につけている写真を
 紹介しよう。
 キラは 幅150cm 長さ250cmぐらいで織り上げる。
 縦に長く織り上げたキラを 身につけるときは横にして身につける。
 大体の様子が この写真からわかるだろう。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ




ブータン布の今昔 | 01:03:30 | Trackback(0) | Comments(0)