FC2ブログ
 
■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
バンコク 昨日は 朝から曇り空
バンコク 昨日は 朝から曇り空 1

バンコク 昨日は 朝から曇り空 2

バンコク 昨日は 朝から曇り空 3

バンコク 昨日は 朝から曇り空 4

バンコク 昨日は 朝から曇り空 5

 バンコク到着以来 続いていた暑さが 昨日の曇り空で一息ついてくれた。
 身体の方も ほっとしているようだが、ついでに一雨ほしい。
 ここ2日間ばかり、長時間 戸外を歩き回っていると、身体に熱がこもったようで、
 昨日のような1日は嬉しい。
 昨日1日は のんびり休息しろといわれているようで 有難くなった。

 暑い中を歩き回っていると 夕食が面倒になり、ついつい外食をしてしまう。
 1昨日は MBKセンターの中にあるバンコクの人気ラーメンチェーン店『8番』で
 ラーメンとチャーハン、昨日は 同じくMBKセンターの7階にある去年頃から展開を
 始めた安いことを売りものにした日本食堂 『弥生』で夕飯を済ませる。
 どんな味付けなのか ちょっと確かめてみたかったのであるが、美味しいとはとても
 言えない代物だった。
 タイ人たちも店内で食事をしていたが、どう見ても美味しそうな表情で食事をしている
 ようには見えなかった。
 私も 1度行けば 充分そんな気持ちになってしまった。

 暑さによる疲れに任せて、外食してしまったが、つまらない味付けの食事でも 
 120バーツ(約300円)、そのくらいなら、ご飯だけはタイ産の日本米を炊いて、
 市場に行って 惣菜を2,3種類 買ってくるか、近くの屋台から 東北タイのイサン
 料理のソムタム(パパイヤサラダ)、カイ・ヤーン(イサン風鶏の照り焼き)、そして
 イサン風スープを買ってきて 家で食べる方が 豪華だし 美味しい。
 どちらも60バーツ程度で済む。
 その上、屋台や市場の総菜屋の店主の顔も見えて、安心できる。
 タイのように食材にあふれるところでは 惣菜の種類も多く、唐辛子の辛さに耐える
 ことが出来るなら、味のバラエティに富んでいるし、辛さが苦手であれば、中華風な
 味付けの惣菜も多い。

 それでも飽きてしまえば、自炊をするより仕方がないが、この暑い時期 そんな気にも
 なれない。
 一人で生活していれば、エネルギーの補給になれば、充分という気にもなる。

 近頃、タイでは 安い日本食レストランや250バーツ前後で食べ放題の店が 
 乱立しているが どうも味のほうがいい加減で 手間暇かけているようには思えない。
 どうもファーストフード店の延長にあるような気がしてならない。
 大量生産された冷凍食品のような味なのである。
 こんな具合に 人間の味覚は統一され、鈍化していくのだろう。
 何が本当に美味しいか わからなくなっていくのである。

 ネパールで ダール・バート・タルカリというネパール定食を食べると 
 贅沢な料理ではないが、料理人の個性のようなものが 味にしっかり現れていて、
 さすが手作りの料理といった感じがする。
 ここに料理の基本があるように思う。
 手抜きをすれば 確実に味に現れるというのも、家庭料理の姿を示している。
 こうした作り手の味覚の個性のようなものが現れているというのが、
 おふくろの味につながっていくのだろう。

 それと同じことが 屋台の東北タイ料理にも現れている。
 母親に習った料理法が 屋台の味になっている。
 東北タイ料理がバンコクでも人気があるのは どこか個性的な手作りの味 
 おふくろの味を感じさせるせいかもしれない。
 屋台それぞれによって 味付けが微妙に異なるのである。

 おふくろの味が生きているという意味では ネパールと東北タイでは 手料理を大切に
 するということで似ているのかもしれない。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



スポンサーサイト



徒然なるままに | 11:15:38 | Trackback(0) | Comments(0)
バンコク 再び バーン・ラムプーへ‐02 パン・ファー船乗り場にて
バンコク 再び バーン・ラムプーへ‐02 パン・ファー船乗り場にて 1

バンコク 再び バーン・ラムプーへ‐02 パン・ファー船乗り場にて 2

バンコク 再び バーン・ラムプーへ‐02 パン・ファー船乗り場にて 3

バンコク 再び バーン・ラムプーへ‐02 パン・ファー船乗り場にて 4

バンコク 再び バーン・ラムプーへ‐02 パン・ファー船乗り場にて 5

バンコク 再び バーン・ラムプーへ‐02 パン・ファー船乗り場にて 6

バンコク 再び バーン・ラムプーへ‐02 パン・ファー船乗り場にて 7

バンコク 再び バーン・ラムプーへ‐02 パン・ファー船乗り場にて 8

 セン・セーブ運河の始発駅 パン・ファー船乗り場に着く。
 このあたりには タイのラッタナーコウシン王朝の18世紀の歴史が色濃く残っている。
 パン・ファー船乗り場周辺は セン・セーブ運河が 旧王宮を囲むオン・アン運河の
 外側に造られたロップ・クルン運河と交わる場所だ。
 チャオプラヤ川からバーン・ラムプー運河が掘られ、それにつなげてロップ・クルン
 運河が掘られ、中華街を抜けて、再びサファン・プット(仏陀橋)のあるチャオプラヤ 
 川へと至る。
 その中間で オン・アン運河とロップ・クルン運河を結ぶ二つの小さな運河も掘られた。
 王宮と旧市街を囲む二つの運河、オン・アン運河とロップ・クルン運河によって、
 ビルマの侵略の脅威に備えることが出来たのである。

 セン・セーブ運河の中華街方面には 金色に輝くゴールデンテンプルが聳え、
 その近くにはワット・サケットがある。
 ラーマ3世の時代には 疫病が流行り、その当時の市街地の外にあったワット・
 サケットの広場には 疫病でなくなった大勢の死者が投げ込まれたといわれている。
 ワット・サケットの周辺には 中国人の材木商の店が建ち並んでいる。
 米と材木は 昔からタイが外国貿易から得る王室の貴重な財源だった。

 又、ロップ・クルン運河の脇には ビルマ軍の侵略に備えて、大砲を備えた城砦もある。
 このあたりは ラーマ3世時代に開発された地域で 外国貿易で潤っていたラーマ3世
 時代に ラーマ3世に建てられた大きな寺院もある。
 ロップ・クルン運河の岸辺には ラーマ3世の時代から住み着いている音楽師たちの集落も
 ある。

 私が向かったのはバーン・ラムプー側、船乗り場のすぐ近くに ラーマ7世の記念館が
 ある。
 タイの軍人による立憲革命によって、タイが絶対王政から立憲君主国になったときの
 国王である。
 アメリカ式の議会制民主主義を望んだラーマ7世は 立憲革命を実行した軍人たちが
 新しい憲法を発布しないことに業を煮やし、目の治療を理由に イギリスに行って
 しまう。
 困ったのは軍部で 新しい法律の発布には 国王の認可が必要である。
 そのたびに 国王の署名を求めて イギリスまで出かけていかなくてはならない。
 時の政府は タイに戻ることを懇願したが、頑として譲らず、結局、最後には軍部への
 抗議の意味をこめて、退位し、亡くなるまでタイに帰国することはなかった。
 そして、王位を 現国王の兄 ラーマ8世を譲ることにしたのである。
 タイの王室の権威が 最も弱まった時期の国王だった。

 それにしても 今日のバンコクは とにかく暑い。
 焼けついたコンクリートの道路、上からは容赦なく照りつける陽射し、
 日中の午後、歩き回るというのは きちがい沙汰のように思えてきた。

 しかし、以前に行った場所には 時折、行っておかないと すぐに変わってしまう。
 それほど、バンコクでは 開発が進んでいる。
 バーン・ラムプーの下町も例外ではなかろうかと やってきたのである。

 ラーマ7世の記念館の前の 広い道路を渡り、ロップ・クルン運河沿いの歩道に
 降り立つまでに、すっかり、汗がにじみ出てきて、Tシャツに浸み込んでいる。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


バンコクの運河 | 01:28:50 | Trackback(0) | Comments(0)