FC2ブログ
 
■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
バンコク 20年前 バンコクの子供たちは…。
 22年前に バンコクを訪れた頃は 中華街の端っこにあるカラッカダ・
 イーシップソーン(7月22日)・ロータリーの前のジュライホテルに泊まることが
 多く、もし、ジュライホテルに部屋の空きがなければ、台北ホテルにもよく泊まった。
 台北ホテルは 受付は2階で 1階には床屋や中国人の経営する飯屋があった。
 その飯屋では 小学校を卒業したばかりの子供たちが 立ち働いている姿を
 よく見かけた。
 田舎の小学校を卒業して この飯屋で働き始めたのだろう。
 当時は まだまだ田舎では 中学校に進学することは 誰でも出来ることではなかった。
 バンコクの中国人家庭などは豊かだったから、子供の教育には熱心だったが、
 バンコクでも貧しい家庭では 子供を中学へ進学させることは 容易なことでは
 なかった。
 教科書や学校の制服・かばんなどを揃えれば、2千バーツぐらいは必要だったはずだ。
 その頃は 貧しい家庭では月3千バーツを稼ぐのがやっとだった。

 ラーマ4世通りでは 子供たちが停車している車に 花飾りや薔薇の花を売っている
 姿もよく見かけた。
 親を助けてということもあっただろうし、自分の小遣いを稼ぐこともあったのだろう。

 バンコク最大の歓楽街 パッポン、タニヤ通り、スリウォング、シーロムあたりには
 夕方を過ぎると 2キロぐらい離れたバンコク最大のスラム クロントーイあたりから
 歓楽街に遊びにやって来ている子供たちも多くいた。
 外国人にたかる子供たちだ。
 中にはシンナー遊びにのめりこんでいる子供たちも多くいた。

 大人も子供も生きるためにもがいている姿がそこにはあった。
 歓楽街にやってくる子供たちの大半は 家庭が崩壊寸前にあり、家庭も片親の家庭が
 多く、親も食べることが大変で 子供のことなど構っておられないというのが
 実情だった。
 中学にも進学できず、スラムでの生活の中では 未来も見えず、仲間とつるんで
 歓楽街を徘徊する子供たちだった。
 タイが 経済成長へと向かう前のバンコクの子供たちの姿だった。
 戦後のどさくさの中の日本の子供たちも 同じような社会に生きていたのだろう。

 20年以上前のあの子供たちは 今はどうなっているのだろう。
 生きているのか 犯罪に巻き込まれ 刑務所へ行ったのか、運悪く命を落としたのか
 しかし、自由に自分の思うままに生きている子供たちの生き様だけは感じることは
 出来たそんな時代だった。

 そういう時代だったのである。
 今は そんな子供たちの姿を見かけなくなったが、今のタイが 子供たちにとって
 幸せな時代なのか どうかはわからない。


       いつのまにか少女は

            作詞・作曲:井上陽水


    いつのまにか青い空がのぞいてる
    思いつめた黒い雲は逃げてゆく
    君はどこで生まれたの 育ってきたの
    君は静かに音もたてずに大人になった
    Un un Un un un

    白い膚が光に触れまぶしそう
    髪の色は青い空に浮きたって
    燃える夏の太陽はそこまできてる
    君は季節が変わるみたいに大人になった
    Un un Un un un

    いつのまにか「愛」を使うことを知り
    知らず知らず「恋」と遊ぶ人になる
    だけど春の短さを誰も知らない
    君の笑顔は悲しいくらい大人になった
    Un un Un un un Un un un


   井上陽水 いつのまにか少女は
http://www.youtube.com/watch?v=aKHKQ1btrlc


 当時のバンコクの子供たちの姿を眺めていると 井上陽水のこの曲が 心に沁みた。
 遠い遠い昔のことである。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



スポンサーサイト



エピソード | 14:26:29 | Trackback(0) | Comments(0)
バンコク プラカノン運河の寺院‐01 ワット・タイへ
バンコク パラカノン運河の寺院‐01 ワット・タイへ 1

バンコク パラカノン運河の寺院‐01 ワット・タイへ 2

バンコク パラカノン運河の寺院‐01 ワット・タイへ 3

バンコク パラカノン運河の寺院‐01 ワット・タイへ 4

バンコク パラカノン運河の寺院‐01 ワット・タイへ 5

バンコク パラカノン運河の寺院‐01 ワット・タイへ 6

バンコク パラカノン運河の寺院‐01 ワット・タイへ 7

バンコク パラカノン運河の寺院‐01 ワット・タイへ 8

 日本は寒さがぶり返しているというのに バンコクはこのところ うなぎのぼりの
 暑さだ。
 午後になれば 部屋にいても暑い、外へ出ても暑い。
 外へ出かければ、たとえ暑い中でも 気分転換になると パラカノンまで行ってみる
 ことにした。

 ラーマ1世通りに出て、バスの停留所で プラカノン方面に向かう48番の冷房なし
 バス、508番の冷房つきバスを待つ。
 BTSの高架電車もプラカノンの先 オンヌット駅まで行くが お金の節約のために
 バスを利用する。
 しばらくバスを待っていると 冷房なしの普通バス 48番のバスがやってくる。
 運賃は 8バーツである。
 今日は プラカノンでバスを降りずに オンヌットまで行く。
 プラカノンへ行けば プラカノン運河を走る水上定期船に乗り込んで、のんびりと
 運河の周りに広がる自然あふれる景色を楽しむことが多いのであるが、今日は
 スクムビット ソイ77の道側から 運河の方に歩いていくことにした。

 バンコクの街の中心部から見れば、昔はプラカノン運河の手前が バンコクの街の
 果てあり、場末にあたり、その向こうは全くの田舎だったのだろう。
 東京でいえば、江戸時代の隅田川の手前とその向こうといった感じだったように
 思われる。

 20年以上前 パタヤからバンコクに帰ってくると、このプラカノンあたりに入って
 くると バンコクに到着したという実感があった。
 今で はプラカノンのずっと先 バンナー辺りまで開発され、場末といった感じは
 薄れたが それでも プラカノン運河の船着場周辺の市場や古い木造住宅に 
 昔ながらのプラカノンの風情が残っている。

 プラカノン運河を越え、このプラカノンを過ぎると すぐにオンヌット スクムビット
 のソイ77の道にぶつかる。
 バスを降り、このソイ77の道を歩き始める。
 ソイ77の道の入り口周辺には 大型スーパーマーケットが建ち、モダンな建物が
 並ぶが 5分も歩けば、昔ながらの姿が残っている。

 ソイの脇に入った路地には 小奇麗になった市場がある。
 プラカノンの船着場にある昔からの市場に比べると 面白みがない。
 その市場の脇には たくさんの種類の銘柄の米が売られている。
 タイの米の値上がりは 激しく 大抵の米は 1キロ40バーツ近い。
 20年近く前は1キロ 14,5バーツだった米が、2倍、3倍以上になっている。
 タイで売られているタイ産の日本米が 1キロ50バーツから60バーツで売られて
 いるから 結構タイ米もいい値段である。
 市場の中の食料品の値段は プラカノンの古い市場より高めである。

 再び表通りに出て、熱い太陽の照りつける中を歩き続けていると プラカノン運河へと
 つながるような黒く濁った細い運河にぶつかる。
 この運河沿いに道が続き、その奥には集落があるようだ。
 こんな路地をみると ついつい奥まで行ってみようとするのが、私の悪い癖だ。
 運河沿いに続く細い路地を入っていくと、小さな古めかしい雑貨屋の前で 二人の
 年老いた男女が 世間話に花を開かせている。
 「この運河沿いに歩いて行けば、プラカノン運河に出るか」と訊くと
 「そうだ」と応えてくれる。
 運河の水は すっかり黒く汚れてしまっているが、運河の周りの木々は豊かで、
 タイの夏を告げるブーゲンビリアの花も咲き始めている。

 運河沿いの木々や草花を見ながら、あたりに漂う静けさに浸りながら、奥へと進んで
 行くと 道はなくなり、民家の庭に入り込み、犬が吠え掛かってきた。
 プラカノン運河までは至らず、ここが行き止まりだった。
 プラカノン運河への道筋を訊くが 寺院の中から行けると教えてくれるが、その寺院が
 見えない。

 再び、雑貨屋の前にいた二人の年老いた男女に訊くと 寺院への道を詳しく教えて
 くれる。
 曲がりくねった細い路地を歩き続けているうちに やっと寺院の裏に出、
 寺院の姿が見えてきた。

 この寺院は ワット・タイという名の仏教寺院である。
 バンコクでは どこでも見かけることの出来るような平凡な寺院である。
 プラカノン運河の定期水上船の上からはよく見かけていた寺院であるが、出発点から
 あまりに近く、この寺院に運河側から降り立つことはなかった。
 寺院の中の壮麗な火葬場の脇では この日の死者の火葬のためか タイの人々が
 集まっていた。
 日本の味気ない火葬場とは大違いだ。豪華絢爛な火葬場である。
 火葬場の後ろには大きな高い煙突が 聳えている。
 死者に対する畏怖が タイでは色濃く残っている。
 死者を蔑ろにすれば 死者は悪意を持って甦ってくるという恐れを
 感じているタイの人々である。
 死を蔑ろにする社会では 人間の生すら 蔑ろにされる。
 今の日本が その典型である。

 再び、ソイ77の大通りへと戻り、次の寺院へと歩き始めた。
 このあたり、運河沿いには歩くことが出来ない。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


バンコクの運河 | 01:02:14 | Trackback(0) | Comments(0)