FC2ブログ
 
■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
懐かしい風景‐01 寺院の上の人たち
懐かしい風景‐01 寺院の上の人たち

 この世界には 激しく変わっていく風景もあると思えば、二十年一日のごとく
 変わらない風景もある。

 パタンの町からカトマンズにやってくると よく通りかかるのが インドラ・チョークだ。
 インドラ・チョークで道は二つに分かれ、一つは外国人旅行者の集まるタメル地区へと
 向かい、もう一つは アッサン・バザールを抜けて、アッサン・チョークへと向かう。

 このインドラ・チョークには 昔からの小さな寺院があり、昼間には 
 そこを商いの場所にして、インド、ネパールの安価なウールショールが売られている。
 その商人たちの一人のネパール人は 20年前からの私の知り合いである。
 20年前は 私ももっと若かったし、彼も同じように若かった。
 その頃から 私の生活も代わり映えもしないが、彼も同じように同じやり方で
 同じ商売をしている。
 この場所を通りかかるとき、互いに顔を見合わせ、笑顔で挨拶するし、
 気が向けば、私もこの寺の上に上がって、人の流れを眺めてみたり、彼と話をしたりもする。
 時には甘いミルクティー(チアー)をご馳走になることもある。
 いつも この寺院の上に上がれば、「チアー カネ(お茶を飲むかい)」と訊かれるが、
 あまり商品が売れていないようだと、「今、飲んできたばかり」と言って 遠慮してしまう。

 カトマンズの外の村から出てきて 20年以上も この場所でこつこつと商いをしながら、
 未だに土地も買えず、家も建てられない間借り生活の彼である。
 結婚し、子供を育て、学校にやることだけで精一杯だった彼の20年である。

 カトマンズにやってくるようになって もう25年になる。
 街の姿は ずいぶん変わってしまったけれど、人々の持つ人懐っこさは健在だ。
 東京であれば、人間同士のかかわりは 求めようとしなければ、なかなか得られないが、
 カトマンズは、そこにいるというだけで、自然に人とのつながりが出来てくるという
 不思議な町である。

 ネパール人は 日本人は金持ちであるという先入観を持っているから、
 確かにそれを目当てに近づいてくる人間もいないではないが、人と人との距離がない
 という面は旅行者を惹きつける大きな魅力のようだ。

 日本で道を歩いている人に声をかければ、怪しがられることも多いし、
 道を訊くぐらいが関の山だが、ネパールでは、小さな問いかけから、話が発展し、
 弾んでくることは当たり前のことである。
 決して豊かに生活しているわけではないが、人と人のかかわりにゆとりを
 感じさせるものがある。
 お金がなくても追い詰められているといった雰囲気がないのである。
 明日はどうにかなるさという楽観主義は 一体どこから生まれてくるのか、
 不思議でならない。
 そんなカトマンズから東京にやってくると 暗い気持ちになってしまうのは
 どういうわけだろう。
 人間が 幸福感を感じることとは どういうことかと考えざるを得ない。
 日本にやってくるネパール人たちは 一体 日本でどういった気持ちで
 生活しているのだろう。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



スポンサーサイト



懐かしい風景 | 09:14:22 | Trackback(0) | Comments(3)