FC2ブログ
 
■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
バンコク 夕暮れから夜に向かう時
バンコク 夕暮れから夜に向かう時 1

バンコク 夕暮れから夜に向かう時 2

バンコク 夕暮れから夜に向かう時 3

バンコク 夕暮れから夜に向かう時 4

バンコク 夕暮れから夜に向かう時 5

 時々、セーンサーブ運河を越えて、イスラム教徒のチャム族の住む集落に夕食の惣菜を
 買いに行くことがある。
 フア・チャン橋を越えて、運河の向こう岸に渡り、橋の袂に降り立つと、目の前に
 水上バスの船乗り場 フア・チャン橋の上には 家路に向かう水上バスを待つ人々を
 見かける。
 皆、1日の仕事を終え、家路に向かう人たちである
 バンカピ方面に行くなら、陸上のバスを利用するより この水上バスを利用する方が
 時間がかからない。

 バンコクの街は 運河を利用した交通から発展した街であり、陸上交通の歴史は浅い。
 そのことから、昔からバンコクの運河沿いには多くの人々が住んでいたが、陸上交通が
 主流になり、運河を利用した交通が蔑にされてくると、バンコク市内に住んでいても
 陸の孤島になってしまうこともある。
 運河を走る水上バスは 運河沿いに住む人々にとっては救いになっている。

 そんな貴重な運河であるが、今年の運河の水の汚さは、半端なものではない。
 去年の今頃は、このセーンセーブ運河の水も少しはよくなり、バーン・クルアの
 チャム族の子供たちもこの運河の中で泳ぎを楽しんでいたようだが、この汚さの中では
 その臭さに鼻をつまむだけだ。
 政治の混乱は 行政の仕事にも支障をきたしているようだ。
 チャオプリヤ川の水門を閉じているために、汚水はこの運河からの行き場を失っている。
 カトマンズのバグマティ川の汚染のひどさも目を覆うものがあるが、バンコク市内の
 運河の汚染のひどさも同様の姿である。
 過度の人口増加の中で 行政はなす術もないといった有様だ。

 日本も3,40年前の東京の運河もひどいものだったが、今は魚が住めるぐらいには
 回復し、運河沿いは市民の憩いの場になっている。
 そこまで至るのに30年以上の月日を要している。
 それも経済成長という恩恵の下にである。
 国が近代化を進めていく中で 必ず通る道筋であるが、タイやネパールでは
 どうなのだろう。
 タイも見ていても、どこまで経済成長が続くというのだろう。
 贈与税、遺産相続税、固定資産税のないタイでは 富裕層は優遇されている。
 金持ちは 何か起こらない限りは その富を安全に護ることができる。
 今バンコクの大半の金持ちは バンコク市内には住まず、バンコク郊外に
 広大な敷地を持つ豪邸に住んでいる。
 運河が汚染されようと 彼らにとってはかかわりを持たないことだ。
 彼らにとって、バンコク郊外からバンコクにやってくる際の高速道路の整備の方が
 関心のあることだ。
 ベンツに乗ってバンコク市内にやってきて、ナイトライフを楽しんで再び、
 バンコク郊外に帰っていく。
 バンコクの一般庶民の生活からあまりにかけ離れ、庶民の生活の実態などには
 関心などはない。
 お金が入ってくるような投資であれば、いくらでもお金を投資するが、
 お金にならないバンコクの運河の浄化などには興味はない。

 この薄汚れた運河から数百メートルも離れていない場所には 今ではバンコク最大と
 入ってもいいような消費センター地区がある。
 東急MBKセンター、ディスカバリセンター、サイアムカフェ、サイアム・パラゴン
 デパート、ワールド・トレードセンター、伊勢丹、そごうと バンコク市民の消費を
 誘う一大消費センターである。

 汚染されたセーンセーブ運河という裏通りと、
 華やかなバンコク最大の消費センターという表通り、
 まさにバンコクの光と影の部分である。
 高々3百メートルの距離の中で 光と影が交差するバンコクとは 
 どういった街なのだろう。
 モダンな近代的な設備を持つ家に招待され、その家のトイレを借りると
 汲み取り式トイレだったといった感じである。
 何年、バンコクにいても この感覚にはなれることが出来ない。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
バンコク ある風景 | 10:14:07 | Trackback(0) | Comments(0)
ブータンの布 ブータン布で作った作務衣
ブータンの布 ブータン布で作った作務衣 1

ブータンの布 ブータン布で作った作務衣 2

ブータンの布 ブータン布で作った作務衣 3

 もう20年も前のことだ。
 ブータンの野蚕の手紡ぎのセタと呼ばれるキラを使って、
 作務衣を作ってもらったことがある。
 目の詰まった厚地のシルク布だったので縫うのは大変だったと思われる。
 手縫いであったから、余計である。

 カトマンズにもって行き、何度か袖を通したが、あまりに目立つのでカトマンズで
 着ることは諦めてしまった。
 ブータン布が目立つのではなく、作務衣という服の形が目立つのである。
 本来、目立つことは好きではないので この作務衣はしまいこんでいた。
 世界に一つしかない作務衣である。
 日本では 作務衣は藍染め布と決まっているが、どうして ブータンの野蚕の
 シルク布の作務衣もなかなか洒落ていて貴重なものなので、ブログで紹介することに
 した。

 日本では作務衣は藍染め布というのが定番であることから、
 多くの工芸家が青染めの作務衣を着ているが、少なくとも工芸を目指すものが 
 藍染めの作務衣というワンパターンではステレオタイプで情けないのではと思う。

 ブータンの野蚕の手紡ぎシルクで作った作務衣なら、どこに着ていっても自慢できる。
 その人間の趣味の深さが見えて、彼の創る作品まで 素晴らしいものに見えてくるはずである。
 そんなことを勝手に思っているがどうだろう。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



ブータンの布 | 02:03:51 | Trackback(0) | Comments(0)