FC2ブログ
 
■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
バンコク 路上を眺めて
バンコク 路上を眺めて 1

バンコク 路上を眺めて 2

バンコク 路上を眺めて 3

 バンコクの街中の路上を眺めていると、ついついカトマンズのことを考えてしまう。
 ネパール政府が 今週の水曜日までにカトマンズ、ラリトプル、バクタプルの歩道の
 露店を撤去するという決定をし、2,3日前から警察を使って、撤去作業を進め、
 場所によっては、警察とのいざこざも生じていたようだ。
 私が カトマンズ滞在中、よく通った場所はどうなったのだろう。
 皆、他に仕事がないから、路上での商いをしているぎりぎりの生活をしている人たち
 だったが、マオイスト主義政党も政権の中枢に入ると、弱者に眼を向けることから
 遠ざかっていくようである。

 ネパールの政治の中枢にいるのは バウン族(ヒンズー教カーストの最高位に属する
 僧侶階級)、彼らは自分たちの血族にしか興味を示さない。
 自分たちより下のカーストは 自分たちに奉仕するのが当然であると思っている。
 インドのカースト制は基本的には様々のカーストを含んだコミュニティを持っており、
 その中でバランスを保っているところもある。
 この形は、カトマンズの先住民族 ネワール族のカースト社会に近いものだろう。

 ネパールのヒンズー教徒のカースト、特にチェットリ、バウン族のカーストは 
 そうしたコミュニティを持たない。
 4,5百年前から イスラム勢力との戦いに敗れ、ネパールに入り込んできた
 チェットリ、バウン族は ネパールに国境を接するインド側の様々の地域から
 入り込んできているから、バウン族、チェットリ族間の血縁関係はない。
 インドのベンガル州、ビハール州、ウッタル・プラディッシュなどインドの各地から
 ネパールに入り込んでいる。
 身軽にネパールに入り込めるカーストの人間といえば、支配者であったチェットリ、
 バウン族であり、武器を作る鉄職人カミといわれるカースト、カサイと呼ばれる屠殺カースト、
 ダマイと呼ばれる縫製職人を伴ってネパールに逃げ込み、農業を営むカーストの
 人たちはインドにそのまま止まっているはずである。
 その役割を押し付けられたのが、ネパールの先住民族 マガール、グルン、タマン族
 などである。

 ヒンズー教の高カーストであった彼らにとっては、ネパールの先住民族は、
 文化程度の低い扱いやすい人間に見えたのだろう。
 チェットリ族は武器を使い、バウン族は口を使い、先住民族を支配していったのだ。
 240年前にカトマンズのネワール族を征服したあとも、王族に群がるチェットリ族、
 バウン族優先の支配構造は ますます先鋭化していく。
 多民族を理解し、その文化を尊重するということなく、ヒンズー教によるカーストに
 よる支配を確立し、先住民族も政府の職(下級公務員、下級兵士、下級警察)を
 得るためにはヒンズー教への改宗を装うことが必須のことだった。

 ラナ家独裁専制時代には、ライ・リンブー族、グルン族、マガール族を
 イギリス軍に 傭兵グルカ兵として送り込み、莫大なお金を手にしたのである。
 ラナ家独裁専制時代に建てられた王宮の数々は グルカ兵の命と引き換えに
 手にしたお金によって建てられたものだ。

 チェットリ、バウン族による支配は、力による支配であり、民族融和をいう視点は
 持たなかった。
 彼らにとってコミュニティとは血族関係のみであり、血族が違えば、バウン族、
 チェットリ族であってもつながりを持たない。
 官僚、軍、警察の職に チェットリ族、バウン族を優遇することで成り立ってきた世界である。
 それ以外の民族はあくまで被支配者階級であったのである。
 バウン族、チェットリ族が 他の民族と結婚するなどということも ほとんどなかったのである。

 そうした身分制社会に反旗を翻したのが マオイストであったが、政党の党首であり、
 首相であるプラチャンダ氏も バウン族であり、やはり、バウン族の習性を併せ持っており、
 時折 バウン族優先主義が見え隠れしている。
 彼を支えるNO・2も同じくバウン族である。

 これでは 王政を支えたバウン族からマオイストというバウン族に権力が移ったに
 過ぎない。

 貧しい人々に新たに職を与えることなく、路上から追い出す、これでは従来の政府と
 同じことである。
 きっとバグマティ川沿いのスラム住民に対しても 同じような追い出しを図るのではと
 心配にもなる。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



バンコク ある風景 | 13:51:32 | Trackback(0) | Comments(2)
アジアの街角 1枚の写真から‐50 リンブー族の老人
アジアの街角 1枚の写真から‐50 リンブー族の老人

 カトマンズにいるときには 午前中 カトマンズのバグマティ川に沿って、
 散歩することが日課のようになっていた。
 パタン側のバグマティ川の河川敷を利用して造った広場の横に 
 公園というにはあまりに貧弱な公園があり、休日になると近所の子供たちが
 戯れていたり、大人たちがバトミントンのゲームを楽しんでいたりする。
 その公園の中に入っていくと、3歳ぐらいの幼児を抱きかかえた一人の老人に出会った。
 その老人の歳はといえば、65歳前後と思えた。
 眼が合ったので挨拶を交わし、少し話をしてみることにした。
 顔つきを見ると、ネワール族かと思ったが、尋ねてみると
 リンブー族ということだった。

 ネパールでライ・リンブー族といえば、ネパールでは最も古い先住民族といわれ、
 彼らのことをキラティとも呼んでいる。
 今から2千年以上も昔に このカトマンズ盆地に 最初に王国を創り、
 その王国の名前はキラティ王国と呼ばれているが、
 そのあとに現れるリッチャビ王国との戦いに敗れたのか、
 今では、ネパールの東の山岳部にからダージリン、シッキムあたりに
 多く見られる民族である。
 彼らの信仰もキラティと呼ばれる土着信仰で、その祭儀の際には、飼っている豚を
 彼らの神様に捧げる。
 仏教、ヒンズー教が主流のネパールにあって、独自の土着宗教を守り続けているのは
 さすがである。
 民族の誇りがそうさせるのであろうか。
 織物、刺繍の技術にも優れ、非常に集中力に優れる民族でもある。
 ライ族もリンブー族も多くの部族から成り立ち、各部族の持つ言語は微妙に異なり、
 部族が異なれば、言葉が通じないこともあるという。

 ライ・リンブー族で忘れてはならないことは、
 イギリスの傭兵 グルカ兵としての彼らの役割である。
 今から150年前のネパール・イギリス戦争でネパール軍の勇猛さを見せ付けられた
 イギリス政府は ラナ家専制時代にネパール軍兵士をイギリス軍の傭兵として
 雇い入れるようになる。
 数ある民族の中で選ばれた民族が ライ・リンブー族、グルン族、マガール族である。
 彼らは命令に忠実で死を恐れない。
 第2次世界大戦の際、ビルマからインドに向かう日本軍をインパールで苦しめたのも
 このイギリス傭兵のグルカ兵である。

 ネパールの貧しい山岳民族にとっては唯一の収入の道が グルカ兵という職業だった。
 ラナ家はネパール兵士をイギリスの傭兵として売り渡すことで、莫大な収入を得たが、
 イギリス軍の前線に立ち、一体どれだけのグルカ兵が命を落としたのか計り知れない。
 給与も正規のイギリス兵に比べ、はるかに低く、戦死してもその保障はイギリス兵に
 比べれば微々たるものであったらしい。
 それでも、ネパールに住むよりははるかに収入は良かったが、
 それはいつも死との隣りあわせだった。
 第1次世界大戦、第2次世界大戦では ネパールのグルカ兵の戦死者が多く出て、
 時の政府は、グルカ兵をイギリスに送り込むのに四苦八苦したらしい。

 この老人のふるさとは ダージリンと接するインド・ネパール国境地域メチ地方であり、
 イラムというネパールのお茶の産地である。
 彼の息子二人もグルカ兵であり、娘も元グルカ兵に嫁ぎ、香港で暮らしている。
 彼の生活費は 息子たちからの仕送りのようだ。
 抱きかかえていた幼児は 彼の孫だと思っていたら、後日、彼の息子であることが
 わかった。
 老いてもますます盛んな老人だった。
 しかし、彼の顔つきは、キラティ王国の末裔らしく、なかなか、威厳はあった。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ




アジアの街角 1枚の写真から | 02:07:28 | Trackback(0) | Comments(0)