FC2ブログ
 
■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
カトマンズ 帰り道‐1 キチャポカリ
カトマンズ 帰り道‐1 キチャポカリ 1

カトマンズ 帰り道‐1 キチャポカリ 2

カトマンズ 帰り道‐1 キチャポカリ 3

カトマンズ 帰り道‐1 キチャポカリ 4

 夕方6時台から3時間の計画停電が 週3日あるので、
 そんなときには 家を遅めに出て、夜8時過ぎに家に着くようにしている。
 停電の暗闇の中の部屋での3時間はやることもなく、あまりにその3時間が
 長く感じられるからだ。

 カトマンズの中心部から家に向かうコースは いつも同じコースである。
 夜になると 安全面でも問題があるので 出来るだけ人通りのある道を選ぶことになる。

 カトマンズのメインストリート ニューロードからキチャポカリの市場方面へと
 歩き始める。
 キチャポカリの市場の通りに入る手前には 紅茶をいつも買うインド人のお茶屋さんが
 ある。
 インドのラジャスタンからやって来たマルワリ商人だ。
 肌の色の黒さをみると、とても北インドのインド人とは見えず、
 南インドのインド人のように見える。
 店じまい前の店の整理に忙しそうだったが、声をかけると 
 愛想のいい笑顔が返ってきた。

 ネパールのどこの店でも売られている紅茶は 大体同じようなものだが、
 カトマンズ市民相手の商いの店だから、良心的な値段で売られている。
 旅行者の集まるタメル地区の店であれば、同じぐらいの質の紅茶が2倍近くで
 売られている。

 ネパール人もインド人も かなり特殊な上層階級以外は 紅茶の味は知らない。
 カトマンズ市民たちの買う紅茶といえば、葉の形をした紅茶ではなく、
 ごろごろと丸いアッサムティであり、甘いミルクティやレモンティなら抵抗なく
 美味しく飲めるが、香りはほとんどなく、紅茶の色もすぐに出る。
 だから、二番茶は ちょっと頂けない。

 このラジャスタンからやって来たインドのマルワリ商人も 
 紅茶の味は良くわからないようだ。
 家では いつも飲み慣れているアッサムティを飲んでいるに違いない。
 だから、店主の薦めには耳を貸さず、店にあるネパールのイラムティ、
 安めのインドのダージリンティを百グラムずつ買っては味見をしているが、
 ネパールの紅茶はこんなものと期待せずに飲んでいる。

 この店を過ぎ、通りを左に曲がると、キチャポカリの市場へと入って行く。
 野菜の露店は アッサン・バザールが主流で、ここは もともと 肉・魚市場が
 中心の市場で、野菜を売っていた広場に 衣料品のショッピングセンターが出来たため、
 野菜の露店は少なくなってしまった。
 肉類であれば、去勢山羊肉、鶏肉、豚肉、水牛肉、養産の猪肉と 
 牛肉以外であれば 手に入る。
 牛肉は コルカタから輸入されたものが スーパーマーケットで手に入る。

 肉類を商う人たちの大半は ネワール族ではサイ・カースト、ヒンズーカーストの
 カサイ・カーストの人たちの仕事であるが、近頃ではお金になるとわかると、
 別のカーストの人たちも商うようになっている。
 昔は 肉類を扱うカーストの人たちは 低カーストの人たちの仕事と決まっており、
 上位カーストの人たちは 決して手を出そうとはしなかったのである。
 背に腹は変えられない世知辛いカトマンズになってきているのである。

 魚を扱うのは コルカタからやってきているイスラム教徒たちである。
 大半は川や池で採れる淡水魚であるが、海の魚は コルカタから冷凍輸入されている。
 売れ残ったものは 冷蔵庫に入れて翌日、翌々日も売られているようであるから
 鮮度についての保証はない。
 インド人やネパール人の好みであるかもしれないが、骨の多い淡水魚が大半で
 私の好みの魚はない。
 タイで売られているテラピア(プラー・ニン)、雷魚(プラー・チョン)などを
 養殖して売れば、結構売れるのではと思うが、ネパール人やインド人は 
 日本人や中国人、タイ人のように 魚の味には関心はないようだ。
 カレー味にしてしまうから、魚本来の味はどうでもいいのかもしれない。

 野菜、果物、肉・魚の店を眺めながら、ビンセン・タワーという名の高い塔のある
 スンダーラへと向かう。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ






スポンサーサイト



カトマンズ 街の風景 | 14:02:14 | Trackback(0) | Comments(0)
カトマンズ 体調を崩した時には
カトマンズ 体調を崩した時には 1

カトマンズ 体調を崩した時には 2

カトマンズ 体調を崩した時には 3

カトマンズ 体調を崩した時には 4

カトマンズ 体調を崩した時には 5

 カトマンズで生活していると 健康維持には気をつけているつもりでも、
 風邪を引くこともあるし、腹具合がおかしくなることもある。
 今のように夏から秋への変わり目の時期になると、朝夕の温度差がかなりあり、
 寝冷えや風邪の原因になる。
 雑菌の棲家であるようなカトマンズでは、病気にかからないほうがおかしい。

 そういうわけで 私も先日から風邪を引き込んでいる。
 無理をしないようにと心がけてはいるが、部屋に引きこもっていると どうしても
 退屈してしまうので、外を歩き回ることになる。
 体力だけは回復しなくてはと思い、こんな時には 自炊の生活になる。

 買っておいた砂肝(1キロ145ルピー 約200円)、里芋、玉葱、おくら、
 インゲンなど野菜のたっぷり入った雑炊なども作る。
 ネパールで鶏肉を買うと 骨付き肉であるから、割高になる、
 砂肝なら骨はついていないし、鶏の香りもあって雑炊には最適だ。
 この頃のネパールの鶏肉といえば、大半がブロイラーで脂肪ばかりがついていて、
 鶏らしい匂いも味わいもない。
 地鶏もあるにはあるが、ブロイラーの2倍近くの値段でちょっと手が出ない。
 何よりも嬉しいのは 野菜がとにかく安いのである。
 野菜のたっぷり入った雑炊と 今が盛りの油菜の出たばかりの苗でおしたしを作って 
 食べれば、食も進む。
 ただ困るのは、日本のようにすぐに料理できるようにはなっていないので、
 下ごしらえには時間がかかる。
 まあ 計画停電中の時間つぶしにはなる。

 今は大根も美味しい。
 路上の野菜売りから、2本ほど太目の大根を買う。1キロ24ルピーである。
 日本の種から育てた青首大根もあるが、昔からネパールにある大根の方が
 煮ると柔らかくなって美味しい。
 大根の煮物を作るときには 奮発して鶏肉を買ってきた。
 鶏の半身で 800g 170ルピーである。
 知らぬ間に鶏肉も 1キロ200ルピーと値上がりしている。
 4ヶ月前は 1キロ 160ルピーだったから、25%近い値上げである。
 半身の鶏肉を買ってくると 必ず 骨部分と肉部分に分ける作業がある。
 ネパール人は鶏肉料理といっても 鶏カレーか唐揚げぐらいだから、ぶつ切りで
 充分だから、手間はかからない。

 私の場合は骨と肉を分けるから、手間がかかる。
 少し、肉のついた骨や手羽先は 大根の煮物のスープだしに使う。
 醤油とかつおだしの素は用意してある。
 骨から切り離した鶏肉は 後日の鶏すき用に残してある。
 豆腐、長ネギ、白菜、白滝代わりの春雨(中国産の春雨が安く手に入る)を
 後日 手に入れるだけである。

 体調維持のために気をつけていることは 普段から、果物を食べることだ。
 今の時期は ネパールでは 果物の種類が少なく、ほとんどがインドか中国からの
 輸入品だ。
 リンゴ、パパイヤ、バナナ、モソミと呼ばれている甘みも酸っぱみもないインドからの
 蜜柑、蜜柑好きの私でもこれは食べる気にはならない。
 インド産やネパール産のスンタラと呼ばれる蜜柑が出回るまでには あと1ヶ月待つ
 必要がある。
 今 ネパール産で出回っているのは、ギャバ、固い梨くらいのものだ。
 中国産の白い梨は甘くてなかなか美味しいが 値段が張る。
 中国産のリンゴもあるが、残留農薬のことを考えると 食べる気にはならない。
 ネパールでも 中国からの乳製品や中国のミルクを使った菓子類は輸入禁止になったが、
 すでに輸入されているものは、未だに出回っている。
 しかし、あまり神経質になっていると、食べるものがなくなるので 程々にしている。
 
 今日は 大根の煮物の煮汁が残っているから、それを利用しての里芋の煮転がしを
 作ろう。
 こんな感じのネパールでの私の食生活である。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


徒然なるままに | 03:07:10 | Trackback(0) | Comments(4)
アジアの街角 1枚の写真から‐33 木造住宅
アジアの街角 1枚の写真から‐33 木造住宅

 バンコクの繁華街、シーロム道路とスリウォング道路に囲まれた界隈を当てもなく
 歩き回っていると、時代に取り残されたかのよう建っている木造住宅に出会うことが
 ある。
 そんな木造住宅を見ると、古いアジアを見つけたような気持ちになり、
 懐かしい気持ちになる。
 4,50年前のバンコクの木造住宅の姿から、同じ時代の日本の木造住宅が
 思い起こさせるせいもあるのだろう。

 蒸し暑いバンコクでは、こうした木造の家屋に蒸し暑さから逃れるための知恵が
 工夫されている。
 今時のセメントのブロックを使った家は、壁にも暑さがこもり、夜になっても
 家の中は、涼しくはならない。
 それは 日本でも同じだろう。
 エアコンなしでは、耐えられない生活になってしまっている。

 それぞれの国の天候や環境にあった家造りは、人々の知恵が凝縮されている。
 カトマンズでは、昔は レンガと木と土を使って、家が建てられていた。
 木と土が断熱材の役割を果たし、冬でも温かく寒さを防ぐことが出来たが、
 今は 土がセメントに変わり、暖房設備なしには冬は堪えられないものに変わって
 しまっている。

 快適な生活のために自然素材を生かすのではなく、文明の利器を使うことによって
 快適な生活を保障するというのが、今のやり方である。
 電気、ガス、石油なしには 成り立たない生活だ。
 都市に人口が集中すれば、土地不足から、高層住宅が建ち並ぶ。
 そして、それに見合ったモダンライフを人々は求めていく。

 今バンコクで、こうした木造住宅に住んでいるのは、間借りの人たちだ。
 家主は、とっくに郊外に今風のモダン住宅を建て、移り住んでいる。
 収入の少ない間借り人からすれば、こうした木造住宅であれば、扇風機だけで
 涼を得ることも出来る。1階には炊事場もある。
 余計なお金を使う必要もない。

 地球に優しい環境造りということが話題に上ることが多い昨今である。
 省エネ、エコーもブームである。
 それを実践していくなら、昔ながらの生活の知恵、特に環境に対する家造りの知恵と
 今ある知恵なり文明を組み合わせることも必要だ。

 どこまで便利さと快適さを求めるのか、それが何によって支えられているのか、
 一考することも必要だろう。
 便利さと快適さを求めれば、それに見合った財力も必要になり、
 ひたすら働き続けることになる。
 便利さと快適さを求めるあまり、生活するための本当の知恵は
 失われていっているようにも思える。
 少し、生活環境が一変すれば、すぐさま不適応を起こすのが、
 今の日本の人々なのではという気もしてくる。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



アジアの街角 1枚の写真から | 01:52:24 | Trackback(0) | Comments(0)