FC2ブログ
 
■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
ネパールにあるハンディクラフト‐7 ネパール和紙細工
ネパール和紙細工 1

ネパール和紙細工 2

ネパール和紙細工 3

ネパール和紙細工 4

ネパール和紙細工 5

ネパール和紙細工 6


 ネパールにはネパール・ライスペーパーと呼ばれるネパール紙(ネパーリー・カーガット)
 と呼ばれる日本の所謂 和紙のようなものだ。
 何でライス・ペーパーと呼ばれているのか、ネパール人に訊いても知らないと言う。
 木の皮を煮出し、繊維を取り出し、細かい網上の木枠を使って、紙を作り出す製法は
 日本の和紙作りと同じようだ。

 25年前に初めてネパールにやってきた頃、旅行者のお土産として売られていたものは
 このネパール紙を使って、印刷されたカレンダー、シルクスクリーンで刷られた仏像の 
 絵、ネパールの山の人々の生活を描いたものなどが中心だった。

 それがいつの間にか、手帳、葉書・ビンセンセット、写真のアルバムなどと商品の種類も
 増えてきているし、紙のそのものにも趣向が凝らされるようになり、木の葉などを
 紙の内側に入れた洒落たものも出回るようになっている。

 このネパール紙、本来は公文書として用いられていたものだ。
 25年前キルティプールに住み始めた頃、親しくしていたネワール族の農民カースト
 マハルザンの人に 建築代を援助するということで、3年分の家賃分として10万円を支払い、
 小さな家を造ってもらったことがある。
 途中で追い出されることがカトマンズではよくある話だと耳にしていたので、
 正式に契約を交わすことにしたのである。
 そのときに契約書としてネパール紙を使わなくてはならないことを初めて知ったのである。
 土地売買契約書、登記所など、正式の書類といえば、すべてこのネパール紙の使用が
 義務付けられていた。
 そのネパール紙を扱う店は土産物屋でなく、ローカルなバザールで10枚いくらという形で
 売られていた。
 その紙にタイプをして公文書を作るのである。
 ネパールでの紙の製造がいつ始まったのか知らないが、古い商人の商いの書付などにも
 使用されていたというから、マッラ王朝時代から使われていたらしい。

 近頃は、ランプシェードが流行らしい、昔は四面の中国風のランプシェードが
 よく売られていたが、この頃が凝ったデザインのものが増え、提灯のような形の洒落たものも
 多くなってきている。
 竹と紙の組み合わせという日本的なものである。

 ネパールでは、渋柿もあるから、柿渋を作り、柿渋を塗り、紙を補強したり、色合いに
 変化をつければ、面白い商品が生まれると思う。
 和紙を使った調度品、雑貨などにも利用できるはずである。

 私が育った田舎の家の近所で、渋柿を使って柿渋を作り、生活の足しにしている農家があった。
 その柿渋の臭い匂いの幼い頃の記憶が今でも残っている。

 ネパール紙を使った商品を扱う店には、70歳を越えた老人が座り込んでいた。
 この商いを続けて19年になるという。
 一時代、ネパールを支配したラナ家の末裔である。
 タメル地区は 昔は畑ばかりの土地で、その土地にラナ家は豪邸を建てていった。
 今でもその豪邸のいくつかは 残っているはずである。
 そのラナ家の末裔もネパール紙の土産物屋の店主におさまっている。
 時代は変わる、人の生活も変わる。


++ ブログランキングに参加しています。ご協力を! ++

      忘れないで
        ↓
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト



ネパールにあるハンディクラフト | 22:09:03 | Trackback(0) | Comments(2)
ネパールにあるハンディクラフト‐6 ウールセーター
ウールセーター 1

ウールセーター 2

ウールセーター 3

ウールセーター 4

ウールセーター 5

ウールセーター 6

ウールセーター 7

ウールセーター 8

ウールセーター 9

ウールセーター 10


 ネパールのウールの手編みの歴史はそれほど古いものではない。せいぜい30年ぐらい 
 の歴史だろう。
 チベットのウールをインドに運んで商売をしたという歴史は、千年以上の暦嬰を持つだろう。
 チベッタン・カーペットも 中国によるチベット侵入・征服により、難民として
 カトマンズにやってきたチベット人たちが始めたものだ。

 今から20年以上も前には、毛糸の質も悪く、カーペットには適していても、セーターには
 向いていないチベット毛は、弾力性もなく、毛足も短いことから、2本の毛糸でセーターを
 編んでいた。
 又、出来るだけ早く編み上げるために、太い編み棒を使っていた。
 そのために編みあがったセーターは1kg以上の重さがあり、着ているうちに 
 どんどん伸びていくという代物だった。
 デュクティという店では、ニュージ―ランド毛を使って、セーター、カーディガンを編んでいたが、
 毛の紬糸が太く、編み上げると、1,5kgというものもあり、重いということで、
 日本人の好みではなかった。

 今では、ニュージーランド毛とチベット毛を混ぜ合わせ、弾力性のある強い毛糸も
 作られるようになったが、薄手なセーター類を好む日本人には受けない。
 スキーなどのアフター・ウェアーとしては重宝しているようだが。
 チベット毛のごわごわした肌触りは、人によっては、肌に馴染まず、嫌がられることもある。

 タメルに1軒セーター専門の凝った編みのセーターを置いてある店があるが、
 店の経営者家族は、自分たちの売っているセーターなど着ようともしない。
 注文があれば、そのデザインに合わせてセーターを工場の従業員に編ませるが、
 自分たちで日常身につけ、着心地を確かめるというような決めの細かさはない。
 ただ売れればいいという安易さなのである。
 在庫も山ほどあり、店の奥には何年前に編まれたのかわからないようなセーター類が
 山積みにされている。
 セーターを編む人、売る人とはっきり分かれており、売る人の発想の中に新しい商品
 開発という姿勢は感じられない。

 そんな中で、この頃注目を浴びてきているのが、中国からのパシュミナ毛を使って
 編み上げた薄手の肌触りの良いセーターだ。ただこれは機械編みで手編みではない。
 デザインもヨーロピアン・スタイルで ヨーロッパのファッション雑誌からそのまま
 持ってきたような感じだ。
 デザインさえ良ければ、一般的な市場を得ることも出来るだろう。
 手編みのための毛糸をパシュミナ毛から紡ぎだし、手編みのセーターのための毛糸を
 染め、手編みでセーター類を編み上げることも面白い試みだと思うが、かなりのコスト 
 を覚悟しなくてはならないだろう。

 ネパールのセーターの特徴は、カラフルで凝った編み模様が人の心を奪うものである
 から、パシュミナ毛の羊毛製品の中でも、生かしてほしいと思う。


++ ブログランキングに参加しています。ご協力を! ++

      忘れないで
        ↓
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ



ネパールにあるハンディクラフト | 11:12:19 | Trackback(0) | Comments(0)