FC2ブログ
 
■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
バンコク 滅び行くもの
バンコク 朽ちていくもの1

バンコク 朽ちていくもの2

バンコク 朽ちていくもの3

バンコク 朽ちていくもの4


 一人の年老いた女が、家の前に座り込んでいる。
 この家は、あと何年、持つのだろう

  生まれてから住みなれた家
  年々雨漏りはひどくなる
  窓の開け閉めもままならない

  私の幼い日、あんなに美しかったこの家が
  今 朽ちようとしている
  貧しい私には どうすることも出来ない

  何十年も昔のことだ
  父がいて、母がいて、そして兄弟姉妹もいた幸せな日々
  その頃は、この家に住んでいることが、どんなに自慢だったことか
  私も年老いた それ以上にこの家は、年老いてしまった
  幸せの日々が過ぎ去ってしまったように
  この家も崩れ去っていくだろう
 
 バーン・クルアの南地区に、かつては美しかったであろう1軒の家がある。
 昔は、運河を走る船から、際立って美しい家だったに違いない。
 その家も 今では、雨漏りのあとも痛々しいし、
 至る所がその傷みに耐えかねている。
 チャム族の族長の家だったのだろうか。
 それとも商いで成功したが、その後没落していったのであろうか。
 家の前に座り込んでいる一人の老女、
 彼女の人生にはどんな歴史が刻まれているのであろうか。


人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト
バンコク ある風景 | 19:40:43 | Trackback(0) | Comments(0)