FC2ブログ
 
■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
インドの布 バールメールのブロックプリント布
インドの布 バールメールのブロックプリント布 1

インドの布 バールメールのブロックプリント布 2

インドの布 バールメールのブロックプリント布 3


 ラジャスタンのバールメールの町が、
 木綿のブロックプリントの街であることは知られていない。
 バールメールの町が木工家具で有名であることや
 バールメール周辺の村が、
 ラジャスタン刺繍を得意とする村であることも知られていない。
 この町のブロックプリント布の店で、布を手に入れ、
 ラジャスタン刺繍を少し施してみた。

 時は、18年前、小さなバールメールの駅を降りると
 メインストリートがまっすぐ走っている。
 右に行けばセワサダンというダラムサーラ、
 もう少し先まで行けばバス乗り場、バールメール周辺に行くバス、
 ジャイサルメールへ向かうバスがここから出ている。
 砂漠の町であるここには、暑さゆえにリキシャは走っていない。

 メインストリートを歩きつめると、なんとも貧弱な市場があり、
 日中の暑さから種類の少ないしなびた野菜が売られていた。
 この町で一番美味しいを思った果物は、
 パキスタンから入ってくる白い小粒の葡萄だった。

 市場の近くに布の店はあった。布が壁一杯に積み重なっており
 周辺の村々からの素朴なブロックプリントの布が所狭しと並んでいた。

 美味しいマトンカレーの店があった。
 こっそり食べる人のために布で仕切られた店の奥にもテーブルが置いてあった。
 ラジャスタンのラージプート(武士階級)は肉好きなのだ。
 そこで出会ったラージプートのインド人に、
 マトンカレーにライムの酸っぱい果汁を振り掛けると美味しいことを教えてもらった。


人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト



インドの布 | 16:55:20 | Trackback(0) | Comments(0)
ネパールの布 イラクサ・ショール
ネパールの布 イラクサ・ショール 1

ネパールの布 イラクサ・ショール 2
  62cm x 230cm   15年前に編まれたもの

ネパールの布 イラクサ・ショール 3

ネパールの布 イラクサ・ショール 4
  65cm x 210cm   最近編まれているもの

 東ネパールの山岳地方、タプレジュンあたりで
 イラクサから糸を取り出し、紡いでいる。
 ああ、こんなものがネパールでと驚いたものである。
 20年前は、素朴だったが、糸そのものは、まだ荒かったが、
 近頃は、かなり細い糸も紡ぎだせるようになった。

 大半は、このイラクサの糸でショール、ストール、ランチョンマットを
 作ることが多いが、中にはふくも作っている。
 ただ、アイデアが良くないために、着にくかったり、粗雑なものが多い。
 このイラクサの糸を使って、しゃれたサマーセーター、カーディガン、
 ベストなどを編めば、素敵であると思うが、編む技術はあっても、
 しゃれたものを作り出すデザインの力はないようだ。

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ



ネパールの布 | 12:56:28 | Trackback(0) | Comments(0)
ネパールの布 ネパールの刺繍
ネパールの布 ネパールの刺繍 1

ネパールの布 ネパールの刺繍2

ネパールの布 ネパールの刺繍 3



 20年近く前に見つけたネパールの刺繍布である。
 布は工場生産のつまらない布であるが、刺繍は素晴らしい。
 ネパールにこれだけの刺繍の技術があることに驚いたものだ。
 ネパールの山岳民族の仕事であるようだが、
 ネパールのどのあたりの仕事かはわからなかった。
 そうこうする内に20年の歳月が流れ、この刺繍を市場では
 見かけけることはなくなった。
 私がネパールにいるようになって、23年になるが、
 ネパールの染織で、価値を感じたものは、この刺繍、
 ダッカ布、そして、イラクサである。
 ダッカ布やイラクサは今もなお、生き続けているが
 この刺繍は生かされることがなかったようだ。

 アッサムあたりの天然シルク ムッガシルクの布にこうした刺繍を
 施せばと思うが、もう刺繍の担い手はいなくなっているかもしれない。

 ネパール人は、古い技術を生かしながら、新しいものを作り出す能力に
 欠けているようである。
 新しいものだけを追い求め、古いものを上手に育てていく地密な努力が足りない。
 そうしたことは、ネパールの今の政治状況にもつながるようだ。

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

ネパールの布 | 12:28:20 | Trackback(0) | Comments(0)
ラオスの布 パー・シン(ラオス式スカート)[4]
ラオスの布 パー・シン(ラオス式スカート)[2]
  164cm x 87cm

ラオスの布 パー・シン(ラオス式スカート)[2]2

ラオスの布 パー・シン(ラオス式スカート)[2]3

ラオスの布 パー・シン(ラオス式スカート)[4]
  136cm x 93cm
ラオスの布 パー・シン(ラオス式スカート)[4]2
ラオスの布 パー・シン(ラオス式スカート)[4]3

ラオスの布 パー・シン(ラオス式スカート)[4]4
  130cm x 101cm
ラオスの布 パー・シン(ラオス式スカート)[4]5
ラオスの布 パー・シン(ラオス式スカート)[4]6


 北東ラオス サムヌアで織られたパー・シン(ラオス式スカート)

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ


ラオスの布 パー・シン | 01:52:33 | Trackback(0) | Comments(0)