FC2ブログ
 
■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
ネパールの布 ダッカ布ショール
ネパールの布 ダッカ布ショール 1
 縦180cm  横 90cm   木綿
ネパールの布 ダッカ布ショール 2


 ネパールで唯一の布らしい布、価値のある布だ。
 ダッカ布という名前は、
 バングラディシュのダッカからとったらしい。
 このダッカ織りのつづれ織りは、
 ベンガル州の織物から来たようである。
 ネパールでは、ネパール帽、チョロといわれるショールなどに
 使われる高級な布である。
 生産地として名高いのは、パルパ、テーラツムだ。


 20年も前の話である。
 日本の知り合いから、ネパールで昆虫採集をしたいという人間がいるので
 そのセッティングと案内・通訳をしてほしいという話があった。
 その頃はネパールでは昆虫採集は禁止されておらず、別に構わないと思い、
 その仕事を請けることにした。
 特に東ネパールを中心にして、最後はダージリンに行きたいということだった。

 ネパール人の知り合いから、運転手付きのマルチスズキのランドクルーザーを借り受け、
 夜の採集のためのジェネレーターも買い、すべての用意も整え、
 カトマンズを出発した。
 まずは、東ネパールのダランを目指した。カトマンズから3百キロほど離れた場所だ。
 ダランの町はこの辺りでは、中心的な町で山からの住民が買い物に来る町だった。
 ホテルもいくつかあり、我々の泊まったホテルはライ族の経営するホテルだった。
 豚肉料理もあり、食べることには苦労はなかった。
 この町のホテルは怪しげなこともあった。
 どうも娼婦を置いているホテルで、
 このあたりのホテルでは当たり前のことのようだった。

 このホテルを拠点にして昆虫採集を始めたが、
 私の目的は東ネパールで織られているダッカ布の現場を見たいことだった。
 ダンクッタまで上がり、そこで織られているのかと思うと、
 織られているのはテーラツムの村だった。
 ダンクッタからヒレ、ヒレからバソンタプールまででこぼこの道が続いていたが、
 車の行けるのがそこまでで、バソンタプールからは歩きで、
 テーラツムまで歩いて3日かかると言われ、あきらめてしまった。

 チベット人の住むヒレの村では 
 ヒコクビエ(ネパールではコウドウ)と呼ばれる雑穀を発効させたお酒ツンバを飲んだ。
 どぶろくの1種で、熱いお湯を注ぎ、ストローを使って飲む酒である。


人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ





スポンサーサイト



ネパールの布 | 21:55:02 | Trackback(0) | Comments(0)
インドの布 ラジャスタン 絞り染めシルクショール
インドの布 ラジャスタン 絞り染めシルクショール 1
 縦210cm 横 100cm   シルク布
インドの布 ラジャスタン 絞り染めシルクショール 2


 絞り染めといえば、ラジャスタンのアジメールが有名だ。
 ピンクシティで有名なジャイプールからバスで
 この街に行ったことがある。
 街のいたるところで絞り染めの布を見かけたものだ。
 イスラム教徒の多い街で、街の上のほうには古い寺院があった。

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ


インドの布 | 12:11:46 | Trackback(0) | Comments(0)
インドの布 ベンガル州 カンタ刺繍ショール
インドの布 ベンガル州 カンタ刺繍ショール 1
  縦 230cm  横 83cm  タッサシルク布  木綿刺繍糸
インドの布 ベンガル州 カンタ刺繍ショール 2

インドの布 ベンガル州 カンタ刺繍ショール 3
インドの布 ベンガル州 カンタ刺繍ショール 4


 一針一針進めていく刺し子の仕事、
 気の遠くなるような手仕事のシルクショールだ。
 伝統の技といえば、伝統の技であるが、
 インドにはあまりに伝統の技が多い。

 ベンガル州の州都コルカタには何度か行ったことがある。
 飛行機からコルカタの街を眺めると、亜熱帯特有の緑の多さ
 放っておけば、瞬く間に街を被ってしまう植物の生命力を 
 感じたものだ。
 赤茶けたデリーとは違う風土である。
 インド人の生命力の強さを感じるにはもってこいの街である。
 ブラーバザール(大きな市場)などは、
 桁外れに大きく、市場の中を歩いているだけで1日仕事になる。
 冷房の効いていない地下鉄、路上電車を乗り回すことも楽しい。

 何よりも困ることは、コルカタのインド人のしつこいこと、
 一度くっつかれると、すっぽんのごとく付きまとい、離れていかないことだ。
 かなり、はっきり怒りを示さない限り、馬の耳に念仏である。

 善と悪、聖と穢れ、何でも有りの世界である。
 首都でないから、へんな気取りもないし、デリーに対する反骨精神もある。
 中華料理も美味しいし、ビールも飲める。
 ビーフシチュウ、ビーフカレーもある。

 歩き回れば、歩き回るほど インド世界に浸れる魅力の街である。


人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ



インドの刺繍布 | 11:38:16 | Trackback(0) | Comments(0)