FC2ブログ
 
■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
ブータンの布 キラ クシュタラ(06)
ブータンの布 キラ クシュタラ(06) 1

  クシュタラ  19世紀後期

ブータンの布 キラ クシュタラ(06) 2

ブータンの布 キラ クシュタラ(06) 3



 百年は超えたと思われるブータンの織物 クシュタラ、
 百年経っても 天然染色の色は、色褪せず、今も鮮やかだ。
 よほどの愛用のクシュタラなのか、本来白地だった布も 
 灰色に変わってしまっている。
 それでも、風格は保っているから、たいした織りの技量だ。
 織り込まれた様々の文様、その一つ一つの文様に祈り、願いを
 こめたのであろうか。
 織り手の心が、このクシュタラにこもっているから、
 今なお、その美を残しているのであろうか。
 そんなことを思わせるクシュタラだ。


人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト



ブータンの布 キラ クシュタラ | 23:20:00 | Trackback(0) | Comments(0)
ブータン布 キラ クシュタラ(05)
ブータン布 キラ クシュタラ(05) 1

  クシュタラ   19世紀後期

ブータン布 キラ クシュタラ(05) 2

ブータン布 キラ クシュタラ(05) 4

ブータン布 キラ クシュタラ(05) 3


 カラフルなブータンの織物が生まれる前のクシュタラ、
 天然染色、ブータンの手紡ぎ綿、天然シルクの手紡ぎ糸は
 織り上げる織物に影響を与える。
 そうした中で織り上げたクシュタラは、縄文土器の雰囲気がある。
 骨太く男性的な強さがある。
 土着の力強さ、まさに自然とともに生きていたブータンの時代だ。
 この織物の中にブータン文化の純粋なエッセンスがある。


人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ


ブータンの布 キラ クシュタラ | 20:30:17 | Trackback(0) | Comments(0)
ブータンの布 キラ クシュタラ(04)
ブータンの布 キラ クシュタラ(04) 1

   クシュタラ  19世紀後期

ブータンの布 キラ クシュタラ(04) 2

ブータンの布 キラ クシュタラ(04) 3



 綿、天然シルク、天然染色の素材、すべてが、
 ブータンの国のものが使われていた時代のクシュタラだ。
 19世紀後期から20世紀初頭のものと思われる。
 下地になる布はブータン綿の手紬糸、
 織り込まれる糸も天然染色の天然シルクの紬糸だ。
 素朴な時代の素朴なクシュタラ、
 その時代のブータンを象徴するようだ
 天然染色の色が、ブータンの自然と自給自足の世界を
 現している。


人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ




ブータンの布 キラ クシュタラ | 19:58:30 | Trackback(0) | Comments(0)
ブータン布 キラ クシュタラ(03)
ブータン布 キラ クシュタラ(03) 1

   クシュタラ  20世紀中期

ブータン布 キラ クシュタラ(03) 2

ブータン布 キラ クシュタラ(03) 3

ブータン布 キラ クシュタラ(03) 4



 ブータンのやまの薫りが そのまま伝わってくるようなクシュタラだ。
 天然染色の天然シルクの紬糸で織り込まれた文様は、優しく美しい。
 自然の風合いが持つ上品さが、このクシュタラにはある。
 この頃のブータンでは、天然染色も少なくなっているという。
 ブータンでも手間のかかることは、嫌がるようになっているのだろうか。
 こういう素晴らしい織物に出会う機会も少なくなっていくだろう。


人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ






ブータンの布 キラ クシュタラ | 14:42:51 | Trackback(0) | Comments(0)
ブータン キラ ノシェム(05)
ブータン キラ ノシェム(5) 1

   ノシェム 20世紀 中期

ブータン キラ ノシェム(5) 3

ブータン キラ ノシェム(5) 2


 青い布地の上に、目一杯 織り込まれたブータンの文様、
 よくもこれだけのパターンを記憶しておけるものだ。
 これだけの色の糸を使いこなせるものだ。
 青い色のノシェム、ブータンの若い女性には似合いそうだ。
 生糸の刺繍糸が、浮き上がって、
 ノシェムはますます愛らしくなる。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ





ブータンの布 キラ ノシェム | 12:31:03 | Trackback(0) | Comments(0)
ブータン キラ ノシェム(04)
ブータン キラ ノシェム(04) 1

 ノシェム  20世紀中期

ブータン キラ ノシェム(04) 2

ブータン キラ ノシェム(04) 3


 木綿の黒地を背景に 細かく織り込まれた文様が素晴らしい。
 金糸がその文様にアクセントを与えている。
 ブータンの人々にとって、1年がかりの織物などなんでもない。
 時間をかけて丁寧に仕事をしなければ、
 美しいキラ ノシェムは生まれてこない。
 山々によって閉ざされたブータンに美しい織物の世界が生まれたことが
 不思議でならない。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ


ブータンの布 キラ ノシェム | 11:09:18 | Trackback(0) | Comments(0)
ブータン キラ ノシェム(03)
ブータン キラ ノシェム(03) 1

 ノシェム 20世紀初期
ブータン キラ ノシェム(03) 3

ブータン キラ ノシェム(03) 4

ブータン キラ ノシェム(03) 2


 木綿の布の上に 手紬のウールで文様を織り込んだブータンの織物ノシェム、
 愛用の1品だったのであろう。
 大胆なデザイン、新しいころは、さぞかし美しいキラであっただろう。
 一体、いつ頃 織られたものであろう。
 20世紀初頭のものではなかろうか。
 年月を経て、深い味わいが加わっている。
 布は時代を経ることで、別のものに変わっていく。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ


ブータンの布 キラ ノシェム | 10:40:49 | Trackback(0) | Comments(0)