■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク 今日はプラカノンへ‐04 バンコク中心部へ向かって
バンコク 今日はプラカノンへ‐04 バンコク中心部へ向かって 1

バンコク 今日はプラカノンへ‐04 バンコク中心部へ向かって 2

バンコク 今日はプラカノンへ‐04 バンコク中心部へ向かって 3

バンコク 今日はプラカノンへ‐04 バンコク中心部へ向かって 4

バンコク 今日はプラカノンへ‐04 バンコク中心部へ向かって 5

バンコク 今日はプラカノンへ‐04 バンコク中心部へ向かって 6

 プラカノンの昔ながらの佇まいの中に身を置き、人々の生活を眺め、夕暮れ時の
 プラカノンから48番のバスに乗って MBKセンター(マーブンクロン)に帰ってくる。
 帰りは 48番のバスでも 乗車賃8バーツの冷房なしの普通のバスである。

 バスはMBKセンターに近づくにつれて 近代的な大都会の様相に変わっていく。
 20年前には このあたりの中心的な場所MBKセンターが閉店になれば、闇の中に
 沈んでいたこのあたりも ディスカバリー・センター、高級デパート サイアム・
 パラゴンなどが建ち並ぶにしたがって一大消費センターへと変わってきている。
 MBKセンターの近くに出来たバンコク現代美術館も最悪だ。
 美術館の前に展示されている作品を見ると うんざりしてしまう。
 奇をてらっているとしか思えないのである。
 公園をつぶしてまで、こんな美術館を作る必要があったのか、今でも疑問だ。
 タイ人上流階級の似非欧米崇拝の姿が ここにある。
 タイ伝統博物館でも作れば、まだ救いがあるが、バンコクの伝統は高々2百年に
 過ぎない。
 タイの中枢を握る中国系タイ人には タイの伝統など興味はない。

 便利さを優先してこのあたりに住みついてしまったが、実に味気ない場所である。
 私のマンションの裏手にあるセンセーブ運河の向こう側に イスラム教徒のチャム族の
 集落 バーン・クルア、そしてその集落の先にある下町界隈があるから 
 救われているようなものである。
 バンコク都内の中でも地価が一番高くなってしまったこの地域、自然など 
 僅かしか残っていない。
 草花といえば、バーン・クルアの集落の中で 住民たちが大切に育てているものである。
 まるで東京のど真ん中にいるような気持ちになってしまう。
 東京なら近くに公園などがあって、季節に変化を楽しむことが出来るが、
 MBKセンター周辺ではなかなか難しい。
 だから、気休めにバーン・クルアの集落の中を歩き回ってみたり、プラカノンまで
 出掛けていくことになる。

 部屋の中にいて 唯一楽しめるものといえば 雲見である。
 部屋のベランダから 雨期の雲の変化を眺めるのは楽しい。
 晴れていたと思ったら いきなり黒い雲に覆われ始め、激しい雷雨に変わっていく。
 ベランダでタイ特有の観葉植物でも育てればいいのだろうが、居たり居なかったりでは
 それも適わない。
 仕方がないのでバーン・クルアの集落まで行って、他人の育てた草花も見て 
 楽しませてもらっている。

 夜に12時過ぎて 部屋の屋上から MBKセンターを眺める。
 その横にはBTS高架電車の国立競技場駅がある。
 真夜中の12時過ぎでも 灯りは赤々と灯り、闇の世界はない。
 この光景を見るたびに 自分はとんでもないところに住んでいるという想いに
 駆られる。

 このバンコクもこれから一体どうなるのだろう。
 今は中弛みのような感じで 政治的な混乱は落ち着いているが、日増しにタイの
 経済不況は深刻さを増すだろう。
 いくら力で抑えても 生活が苦しくなれば、貧しい人たちは不満の声を上げていくだろう。
 日本と違って、タイでは食うや食わずの苦しい生活をしている人たちが 5割以上
 いるのである。
 どう見てもバンコクに建ち並ぶ高層ビル群は 見せ掛けのようにしか見えない。
 バンコク滞在もあと1週間、日の流れていくのは本当に速い。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
バンコクの運河 | 22:58:14 | Trackback(0) | Comments(0)
バンコク 今日はプラカノンへ‐03 心惹かれる情景
バンコク 今日はプラカノンへ‐03 心惹かれる情景 1

バンコク 今日はプラカノンへ‐03 心惹かれる情景 2

バンコク 今日はプラカノンへ‐03 心惹かれる情景 3

バンコク 今日はプラカノンへ‐03 心惹かれる情景 4

バンコク 今日はプラカノンへ‐03 心惹かれる情景 5

バンコク 今日はプラカノンへ‐03 心惹かれる情景 6

バンコク 今日はプラカノンへ‐03 心惹かれる情景 7

 プラカノンにやってくると 懐かしい気持ちにさせる様々の光景に出会う。
 運河沿いに住む木造家屋の外の造られたお勝手、必要なものだけが、きちんと
 並べられている。
 人間が生きていくためにどれだけの贅沢が必要なのか 考えてしまう。

 そんな運河沿いに住む人々の生活を眺めながら、再び プラカノン運河の船着場の
 方に向かって歩き始めると 路上では 今時 一体 こんな果物を誰が買うのかと
 いった酸っぱいライチ、小さな木の実を売っているスーリンからやってきた物売りが
 座り込んでいる。
 出稼ぎにやってきた田舎の人たちが 懐かしがって買うのかもしれない。

 船着場周辺に戻ってくると 昔ながらのタイの手作りの品物を売っている。
 懐かしい東北タイ イサンで造られている竹細工もある。
 そんな店の前を 学校帰りの中学生たちが 船着場へと徒党を組んで歩いている。
 この光景も 昔風なこの店の前では 昔風の中学生のように見えてくるから、不思議だ。
 みんな楽しそうに家路へと向かっている。

 そんな光景を 私は 運河に架かる橋の下のアーケードにある昔風の氷菓子屋で
 冷たい氷菓子を食べながら、眺めている。
 プラカノンに来るたびに 帰りにはこの氷菓子屋で氷菓子を食べるのが習いと
 なってしまい、この店のおばさんとは すっかり顔見知りになってしまった。

 店のすぐ近くには たくさんの床屋が並んでいる。
 その床屋では 小さな男の子が母親に声をかけられながら、頭を刈っている。
 これも昔の日本の懐かしい光景の一つである。
 橋の下のアーケードの中は 何十年も時間の流れが止まり、昔の姿 そのままだ。
 まだバンコクには こんな世界もあるのである。
 だから、何度もこのプラカノンのこの場所に来たくなってしまうのだ。

 日本の昭和30年代の世界が このプラカノンには 残っているからだ。
 この50年間、日本は 何を無理して頑張ってきたのだろう。
 みんな、少しも幸福になってないではないか、そんなことを問いかけたくなる。
 自分を誤魔化すのは やめたほうがいい。
 一体 何を失ったのか わからない人間は どこへ行っても求めているものを
 探し出すことは出来ないのだ。

 私の座っている屋台では 小学校から帰ってきた屋台の主人の子供たちが 
 親たちと座り込んで、おやつをのんびりと食べている。
 そして、その向こうには ここ20年変わることのない木造家屋が 建ち並んでいる。
 世の中が変わっていくより、変わっていかないことのほうが 幸せは残っていくのかもしれない。

 いつも同じ変わらない風景がそこにある。
 自分と共にあるという安心感、 それが幸福ということなのかもしれない。
 それをひたすら壊し続けてきたのが日本であり、そしてタイもそれに続こうとしている。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


バンコクの運河 | 01:15:47 | Trackback(0) | Comments(0)
バンコク 今日はプラカノンへ‐02 プラカノン市場の雑踏
バンコク 今日はプラカノンへ‐02 プラカノン市場の雑踏 1

バンコク 今日はプラカノンへ‐02 プラカノン市場の雑踏 2

バンコク 今日はプラカノンへ‐02 プラカノン市場の雑踏 3

バンコク 今日はプラカノンへ‐02 プラカノン市場の雑踏 4

バンコク 今日はプラカノンへ‐02 プラカノン市場の雑踏 5

バンコク 今日はプラカノンへ‐02 プラカノン市場の雑踏 6

バンコク 今日はプラカノンへ‐02 プラカノン市場の雑踏 7

バンコク 今日はプラカノンへ‐02 プラカノン市場の雑踏 8

 プラカノンへやって来れば、必ず覗きたくなるものが 市場である。
 バンコクにある市場の中では プラカノン市場は クロントイ市場の次に 
 大きな市場かもしれない。
 庶民の多く住む界隈には 必ずといっていいくらいに 昔ながらの市場がある。
 近頃では 大型スーパーが至るところに出来て、バンコクの中心部では、
 昔ながらの市場は減る一方である。
 スーパーはモダンで清潔な装いで 人々を惹き付けるが 売り手と買い手との間には
 暖かい係わりはない。
 あたかも安いように見せかけているが 実は値段も 昔ながらの市場に比べると
 はるかに高い。

 20年近く前、私の住んでいるあたりにも小さな昔風の市場があったが、今では
 その場所には 大型スーパー ロータスが建ってしまった。

 プラカノン市場はまだ健在である。
 果物、野菜、肉、魚と スーパーよりも安く、時間が遅くなれば、値段も安くなる。
 市場にやってくる人も 気楽に普段着でやって来ることが出来る気安さもある。
 人と物との基本的な生き生きした姿が ここにはある。
 安心して物を買うことはできる雰囲気の中で 人々の表情もゆったりしている。

 ここにやってくると、私も物の売り買いの原点を見るような気がして、
 嬉しくなってしまう。
 20年前には感じなかったプラカノン界隈のよさが、今 はっきりと感じられるようになった。
 あの頃は プラカノン界隈を散策しようをいう余裕もなかった。
 人に会う用事があって、この場所に来ることが何度かあった。
 その場所も 20年前とそっくりそのままの姿で 今も残っている。
 あの頃の自分と今の自分を考えてみるには 格好の場所である。

 今なら、このあたりに住んでもいいなと思うようになっている。
 無理なく自分をこの場所に置けるだろう。
 夕方に市場にやって来て、野菜だの、肉だの、魚だの買いにこの市場にやってくる。
 時々、プラカノン船着場から定期船に乗り、好きなところで降りて、運河沿いの
 遊歩道を散策する。
 プラカノン界隈を行きかう人々、路上で商いをする人々を眺める。
 そのうち飽きてしまうだろうが、それも一つの生活だ。
 どこかに腰を落ち着けて住むなら、こんな場所が 一番気楽でいい。

 市場の中を歩き回っていると 昔の木造の市場が残っていた。
 今は 物置のようになってしまっている。
 建てられてから 百年近くは 経っているはずである。
 今は使われてないところを見ると この市場もスーパーなどに押され、
 商いも 年々小さくなっているのだろう。
 冷房の効いた小奇麗なスーパーが増えるにしたがって、バンコクの人々の足元も
 ふらふらとおぼつかない地に着かないものになってきているようだ。
 買う気もなく、スーパーにいっては 商品を眺め、ため息をつきながら、帰ってくる。
 そして、生活に本当に必要なものとそうでないものの判別がつかなくなり、
 欲求不満に悩まされ、惨めさを感じるようになる。

 その分 こうした昔ながらの市場は 生活に本当に必要なものばかりで占められ、
 背伸びをする必要もない。
 こんな市場が バンコクから姿を消せば、バンコクも味気ない街になり、
 魅力を失っていくだろうし、その気楽で気の置けない良さを知る人も
 いなくなって行くだろう。
 しかし、今の若い世代の旅行者など、こんな市場など 根っから興味がないのかも
 しれない。
 懐かしんでいるのは 私のような昔の日本を知る中高年ばかりなのに違いない。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ




バンコクの運河 | 11:44:36 | Trackback(0) | Comments(0)
バンコク 今日はプラカノンへ‐01 48番のバスに乗って
バンコク 今日はプラカノンへ‐01 48番のバスに乗って 1

バンコク 今日はプラカノンへ‐01 48番のバスに乗って 2

バンコク 今日はプラカノンへ‐01 48番のバスに乗って 3

バンコク 今日はプラカノンへ‐01 48番のバスに乗って 4

バンコク 今日はプラカノンへ‐01 48番のバスに乗って 5

バンコク 今日はプラカノンへ‐01 48番のバスに乗って 6

バンコク 今日はプラカノンへ‐01 48番のバスに乗って 7

 今日は 朝から曇り空、いつ雨が降り出しても不思議ではない空模様だ。
 どこかに出掛けても 雨に遇うといやだなと思ったが、こんな曇り空の下、家の中に
 いるのも鬱陶しいので、出掛けることにした。

 今日は久しぶりにプラカノンに行くことにした。
 ラーマ1世道路に出て、48番のバスを待っていると、今まで見かけたことのないような
 黄色の48番の冷房バスがやってきた。
 別に48番の冷房なしのバスでよかったのだが、プラカノンまで行くかと
 車掌に尋ねると 行くと言うので 座席に座り込んだ。
 走り始めたばかりの新しいバスだが、座席が硬く、居心地はあまりよくない。
 プラカノンまでの乗車賃は 14バーツである。

 プラカノンまでの道筋は 昔と随分違い、高層ビルがやたら増えたことに 
 今更ながら 驚いてしまう。
 20年前のバンコクを考えれば、夢のような光景だ。
 20階建て以上のモダンなビルを見ていると、つくづくバンコクは変わってしまったと
 いう思いに駆られ、溜息が出てくる。
 マンションや商業ビル、こんな建物の恩恵を受ける人は どれだけ居るのか、
 街の見た目は 近代的で、小奇麗になったが、その分、バンコクの人々が
 幸せになったのかと考えると、それは実感として湧いてこない。

 バスは タイの東方面に向かうバスの発着所 エカマイ・バスターミナルの前を
 通り過ぎていく。
 昔は このバスターミナルからパタヤによく行ったものだ。
 パタヤに行かなくなってもう12,3年になる。
 パタヤに初めて行ったのは 20年以上前である。
 年々パタヤは 変わり始め、私にとっては魅力を失い、行くことがなくなってしまった。

 そんなことを考えているうちに バスは プラカノンへと到着した。
 プラカノンはどういう訳か 果物が安い。
 今盛りのマンゴスチンは 1キロ20バーツ(約55円)以下、新種のライチも1キロ
 35バーツ、私の住んでいるところより はるかに安い。
 バンコクの東の果て、庶民たちの住む場所なのだろう。
 モダンな高層ビルの建ち並ぶスクムビットからやってくると 
 妙にほっとさせてくれる場所なのである。
 古いバンコクの雰囲気が色濃く残り、懐かしい場所にやってきたという想いに駆られる。

 路上で売られている安い果物を眺めながら、プラカノン運河の船着場へと歩いて行く。
 いつ雨が降ってくるかわからないので 今日は船には乗るつもりはない。
 船着場周辺を散策するだけである。
 バンコクの中心部とは違って、ごく当たり前の庶民の服装をした人々が行きかう街
 それがプラカノンだ。
 今風なモダンなものより、昔威風なものの方がよく似合う街である。
 船着場のすぐ橋の下は 屋台、床屋、昔風のタイの氷菓子の店と 
 昔風な庶民の暮らしやすい場所になっている。

 橋の上に上り、プラカノン運河を眺めてみる。
 プラカノン運河の下流に 昔ながらの木造の集落が見える。
 何艘かの水上生活者の船も浮かんでいる。
 私の心の中に深く残っている昔のバンコクの風景だ。
 のんびりとした亜熱帯の人々の生活の流れに合った時間の流れが 感じ取れる。
 私の好きだったバンコクの姿がどんどん失われ、もうそんな場所は バンコクの中では
 数少なくなった。
 そんな場所の一つが このプラカノンなのである。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


バンコクの運河 | 11:52:23 | Trackback(0) | Comments(6)
バンコク 再び バーン・ラムプーへ‐05 チャオプラヤ川へ
バンコク 再び バーン・ラムプーへ‐05 チャオプラヤ川へ 2

バンコク 再び バーン・ラムプーへ‐05 チャオプラヤ川へ 1

バンコク 再び バーン・ラムプーへ‐05 チャオプラヤ川へ 3

バンコク 再び バーン・ラムプーへ‐05 チャオプラヤ川へ 4

バンコク 再び バーン・ラムプーへ‐05 チャオプラヤ川へ 5

バンコク 再び バーン・ラムプーへ‐05 チャオプラヤ川へ 6

バンコク 再び バーン・ラムプーへ‐05 チャオプラヤ川へ 7

バンコク 再び バーン・ラムプーへ‐05 チャオプラヤ川へ 8

 中国人の作った古めかしい木造の棟割長屋風の商店のある区域を抜けると、主要道路に
 ぶつかる。
 その道路を渡ると、瀟洒な木造の家屋が眼に入ってくる。
 まるで アガサ・クリスティのおばあさん探偵 ジェーン・マープルの住むセント・
 メアリ・ミード村に出てくるようなイギリスのビクトリア朝風な木造建築である。

 マラッカ王国を征服したイギリスは シャム王国に 通商を迫り、1855年 シャム
 王国との間にボウリング条約を締結する。
 これは シャム側が イギリスに対して治外法権を科せられた不平等条約だった。
 イギリス人のみならず、イギリスの植民地からやってきたインド人に対しても
 治外法権が適用され、彼らが 罪を犯しても タイの法律では裁くことが出来なかった。
 そのため バンコクの治安の悪化に 拍車をかけることになったのである。
 同様のことをフランスもシャム王国に強要し、そのことが原因で、
 タイ人のヨーロッパ人に対する引け目が生まれたのかもしれない。

 そんな時代の名残をこの建物は象徴しているようだ。
 増え続けるイギリス人、インド人にとっては バンコクは天国のような場所だったのである。
 そのイギリス様式の木造の建物は 今はこの地域の役所として残っている。

 ここから再び運河に向かい、運河沿いの歩道に下りてゆくと バーン・ラムプー運河の
 由来を書いた案内板がある。
 このバーン・ラムプー運河、そしてそれに続くロップ・クルン運河が出来る前の
 ラッタナーコウシン王朝の初め頃は、街を囲む外壁があり、外側は 市外地だった。
 疫病などが流行して、多くの死者が出れば 外壁の外に遺体は打ち捨てられたようだ。
 その街の外壁に沿って、運河が造られたのである。

 バーン・ラムプー運河の始まりになる運河の中には 昔、運河を埋め立てようとした
 工事の杭がそのまま打ち捨てられている。
 先の方では何やら 大掛かりな工事も行われているようだ。
 運河の歩道に沿って歩いていくと、意外と新しい建物が並び、建物の並びのところどころに
 ゲストハウスやホテルもある。
 外国人旅行者の溜り場であるカオサンロードにも近いあたりで、カオサンロードは
 運河の向こう側に位置する。

 更に歩道を歩き続けていくと、運河に架かる太鼓橋のような橋があり、その橋を越えると 
 チャオプラヤ川河畔の公園に出る。
 ここにも大砲を備えた城砦がある。

 公園の中を抜け、チャオプラヤ川の岸辺に近づく。
 のんびりと悠々と川は流れている。 
 川の対岸には 昔の貴族の屋敷が見えるが、半年前とは違って、
 お化け屋敷のようだった建物のペンキが塗り替えられ、装いを新たにしている。
 一体に何に使われることになったのだろう。
 この建物は フランス、イタリア風な建物である。
 ラーマ5世の時代には イタリア人の建築家が バンコクにある建物の建築を
 手がけている。
 昔は 学校としても使われていた時期もあったという話も聞いた。
 ツーリストのあまり行くことのない対岸のイーカン地区であるが、昔ながらのバンコク庶民の
 生活が色濃く残っている地域で、昔懐かしい東京の下町を思い出させるような場所である。

 チャオプラヤ川の川面を吹く風にあたり、日中の暑い陽射しで火照った身体に涼を与える。
 この時期、昼間歩き回れば、水分が抜け、ダイエットにはなるが、ちょっときつい。 

 すぐ近くのチャオプラヤ川に接する運河の入り口付近では 近所の子供が 
 気持ちよさそうに水遊びを楽しんでいた。
 バンコクの学校は 今は 新学期までの長期休暇である。
 昔から 庶民の子供たちにとっては 川は 暑い夏をやり過ごす楽しみの場所だったのだ。
 少しでも運河の水の汚れを消し去り、水の都 バンコクのイメージを
 回復してほしいものである。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ




バンコクの運河 | 20:52:09 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。