■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ブータン布 キラ ルンセルマ (04)
ブータン布 キラ ルンセルマ (04) 1

ブータン布 キラ ルンセルマ (04) 2

ブータン布 キラ ルンセルマ (04) 3

 ブータン 女性用衣装 キラ ルンセルマ 20世紀中期
 ブータンのブレと呼ばれる天然シルクを紡ぎ、その紡ぎ糸で織られる。
 染めも天然染色を用い、茜、ラック、インディゴ、ターメリックなどが
 使われている。

 このキラは 縦縞の両面縫い取り織りの間に 
 ウール糸を使って、片面縫い取り織り紋様を織り込んでいる。
 もともとは 王族、貴族のために織られたものだろうが、
 後に 自分の家臣に与えられたものだろう。
 王族・貴族であれば、多くのキラを持ち、
 場に合わせて、着こなしているだろうが
 貧しい家臣であれば、何枚かのキラしかないので、
 どうしても痛みは激しくなる。
 そんな感じのキラである。

 1980年代から90年代にかけて、カトマンズの街は
 ブータンの織物であふれていた。
 カリンポンからカトマンズに移住してきたマルワリ商人が
 ブータン・インド国境まで出かけ、仕入れていた。
 もともとの彼らの仕事は、アッサム州で織られる野産の生成りのシルク布だった。
 それをカトマンズに運び、えんじ色に染め上げ、チベット人の僧に売るのが
 彼らの主な商売だった。
 カリンポンに住んでいた頃も 同じような商売をしていたのだろう。
 昔は カリンポンといえば、インド・ブータン・チベットの商いの場所だった。
 それが廃れ、彼らは カトマンズに移住してきたのだった。

 ブータンの布ではないが、インド アッサムの野産の生成りのシルクは、
 肌触りも風通しもよく、昔はこれで、シャツをよく作った。
 着心地がよく、ネットにさえかければ 洗濯機での洗いも可能で、
 私も何枚か、愛用して着ている。


++ ブログランキングに参加しています。ご協力を! ++

      忘れないで
        ↓
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
ブータンの布 キラ ルンセルマ | 17:22:44 | Trackback(0) | Comments(0)
ブータン布 キラ ルンセルマ (03)
ブータン布 キラ ルンセルマ (03) 1

ブータン布 キラ ルンセルマ (03) 2

ブータン布 キラ ルンセルマ (03) 3

 ブータン 女性用衣装 キラ ルンセルマ
 ブータンのブレと呼ばれる天然シルクを紡ぎ、その紡ぎ糸で織られる。
 染めも天然染色を用い、茜、ラック、インディゴ、ターメリックなどが
 使われている。

 自然染色のなかなか渋い色合いのキラ ルンセルマ、
 山に囲まれたブータンの自然を象徴しているようだ。
 ブータンの近くにシッキムという地域がある。
 ここも昔は 王国であり、その後、インドに併合された。
 しかし、シッキムにはそれほど有名な織物はない。
 シッキムには ライ族という民族が多く住んでいる。
 このライ族は ネパールにいたる地域まで生活している。
 ブータンほどではないが、ネパールの中では、
 織物に精通している民族だ。
 紀元前から、東ネパール、ダージリン、シッキムを中心に
 生活しているモンゴリアン系の民族だ。
 顔だけ見ていると、ブータンの人たちの顔とは類似性がある。
 遠い昔にどんな民族移動があったのか知りたくなってくる。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ




ブータンの布 キラ ルンセルマ | 21:04:29 | Trackback(0) | Comments(0)
ブータン布 キラ ルンセルマ (02)
ルンセルマ (02) 1

ルンセルマ (02) 2

ルンセルマ (02) 3

 ブータン 女性用衣装 キラ ルンセルマ
 ブータンのブレと呼ばれる天然シルクを紡ぎ、その紡ぎ糸で織られる。
 染めも天然染色を用い、茜、ラック、インディゴ、ターメリックなどが
 使われている。

 天然シルクで織られた布は、使い込めば使い込むほど、身体に馴染み、
 着心地のいいものだ。
 色も時代とともに 風合いが出て、味わいが出てくる。
 ルンセルマは、大抵のものは、土着な雰囲気の強いものだが、
 このルンセルマは 可憐な感じもする。
 20世紀初期から、中期ごろまでに織られた布のようで、
 ところどころに穴が開いているのが残念だ。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


ブータンの布 キラ ルンセルマ | 23:28:50 | Trackback(0) | Comments(2)
ブータン キラ ルンセルマ(1)
ブータン キラ ルンセルマ(1) 1

  ルンセルマ     手紡ぎ天然染色 天然シルク糸   20世紀中期

ブータン キラ ルンセルマ(1) 2

ブータン キラ ルンセルマ(1) 3


 手紡ぎ天然染色の天然シルク糸で織られたキラ ルンセルマ、
 緑と赤の縦縞に織り込まれた浮き織りの文様が、
 くっきりと浮き上がっている。
 使えば使うほど、柔らかくなり、肌に馴染み、着心地抜群だ。
 何十年も着ることの出来る厚地の丈夫な布、
 自然、愛着もわいてくるであろう。
 ブータンに行けば、目にすることの出来るおなじみのキラだ。


人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ




ブータンの布 キラ ルンセルマ | 09:52:50 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。