■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
東京 展示会を終えて
東京 展示会を終えて 1

東京 展示会を終えて 2
ブータン  貫頭衣 キシュン  19世紀後期

東京 展示会を終えて 3

東京 展示会を終えて 4
ブータン  男性用民族衣装 ゴ  20世紀中期

東京 展示会を終えて 5

東京 展示会を終えて 6
ブータン  ブータン式風呂敷 ブンディ  20世紀中期

東京 展示会を終えて 7

東京 展示会を終えて 8
ブータン  毛織物 ヤタ  20世紀中期


 展示会場から持って帰ってきた展示品を 片付けることに追われている。
 今日も曇り空の嫌な天気である。
 季節は晩秋に向かい、これから気温も下がってくるのだろうか。
 すっかり 夏向きの身体になってしまった私にとっては 嫌な季節の始まりだ。
 寒い中では 血液の循環が悪くなり、身体の節々が痛くなってくる。
 暑いバンコクの気候に憧れる。

 今回の展示会は 期待通りのものではなかったが、今までとは違った人たちも
 訪れてくれた。
 『ヤクランド』(http://www.yakland.jp/index.htm)の主催者である久保淳子さんの
 ホームページでの紹介や『風の旅行社』(http://www.kaze-travel.co.jp/)からの紹介で
 ブータンに興味のある人やブータンに行ったことのある人たちも来てくれた。

 そうした人たちの話を聞いていると ブータンも大きく変わってきていることが
 耳に入ってきた。
 近頃では キラも全身を覆うように着るものではなく、腰に巻くだけのハーフキラと
 呼ばれるものに変わり、布もブータンの手織りのものではなく、インドの工場生産の
 布を使うようになっていること、ブータン国内に高級ホテルや高級リゾートが
 どんどん建てられていることなど 驚くことも多かった。

 王制も立憲君主制に変わり、議会制民主主義に変わり、ブータンの近代化に拍車を
 かけているようだ。
 多民族国家であるブータンでは 共通語として英語の教育に力を入れているようだ。
 話を聞いていると 急激な欧米化は ブータン人としてのアイデンティティを
 失わせるのではないかと心配になる。
 消費社会が進んでいけば、貧富の格差、便利さ、効率性を追求する社会に変わり、
 国民幸福指数も言葉だけのものになるのではと思えてくる。

 電化製品などなかった20年以上前のネパール、タイもテレビ、冷蔵庫を備える家が
 増えてきているが、冷蔵庫の中身といえば、冷たい水ぐらいのものだ。
 テレビは モダンライフを楽しむ家の姿を見せ、豊かな生活という幻想を抱かせる。
 それによって 貧しさを感じることになってしまうのである。
 近代化という名の下に 富を得る人間と貧しくなる人間が生まれて来る。
 外国資本がどんどん入り込んでくることで 富は国外に流失していくのである。
 それは 植民地主義の時代から続いているアジアの国々の姿である。
 貧困は生み出されていくものなのだ。
 皆で分け合っていた社会が 貨幣経済によって 富の独占の社会に変わっていくので
 ある。
 そして富を独占した人々は 輸入品に関心を持ち、自動車を買い、モダンライフを謳う
 家を購入し、過剰な富は貧しいもののところには回っていかなくなる。
 人間は ますます愚かな生き物になっていくようだ。
 その愚かさに気がつかないまま 時は流れていく。
 多くの知恵に恵まれていた国も いつの間にか その知恵を忘れていく。
 そして 共生の社会は 過去の産物になっていく。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
展示会 | 13:27:00 | Trackback(0) | Comments(0)
東京 展示会 片付け
東京 展示会 片付け 1

東京 展示会 片付け 2
ブータン キラ クシュタラ  19世紀後期

東京 展示会 片付け 3

東京 展示会 片付け 4

東京 展示会 片付け 5
ブータン パンケップ  20世紀初期

東京 展示会 片付け 6

東京 展示会 片付け 7
ブータン ケラ   19世紀後期


 朝から雨が降っている。
 今日は 午後から展示会場の片付けである。
 体調がよくないのだから、しっかり寝ていればいいと思うが、朝7時過ぎには
 眼が覚め、起き出してしまう。
 展示会場に 運送業者の赤帽が来るのは午後4時であるから、片付けの時間を
 計算しても 12時過ぎに出ればいいのだが、朝昼兼用の食事を済ませ、
 11時に部屋を出る。

 神田小川町の展示会場 TEORIYAには 11時半過ぎに到着する。
 預かっている鍵で ドアを開け、展示している染織品を 掛けている場所から
 下ろし始める。
 ブータンの大きな染織品 キラ(女性用民族衣装)から片付け始める。
 今回は 野蚕シルクで織られたキラ中心の展示だったから、アイカプール、ルンセルマ、
 メンスィ・マタなどを畳んで プラスティック製の袋に詰めていく。
 大した仕事ではないのに 汗だくだくになってしまった。
 あまり売れなかったから、持ってきたときと大して量が変わらないのは 腹立たしい。
 荷をすっかり袋に詰め、会場を元あった状態に戻し、時間を見ると、午後2時、
 運送業者の赤帽がやって来る予定の4時までには 時間がたっぷり残っている。

 一人、展示会場にある椅子に座り込んで ギャラリーのオーナーと運送業者の来るのを
 待つ。
 ギャラリーでの展示会という形の限界を感じる。
 やはり どうにかして 染織品をよく展示する博物館、美術館と提携して
 『ブータンの布展』という企画を作らないと 次のステップが生まれてこない。
 小出しに展示するよりも 上質のブータンの染織品を 100点から150点ほど
 展示できる形といえば、どうしても広い場所に限られる。

 キラ(クシュタラ、ノシェム、アイカプール、ルンセルマ、メンスィ・マタ)
 キラを着るときに締める帯 ケラ、キラを着たときに肩に掛けるスカーフ ラチュ
 高僧のためのひざ掛け パンケップ、男性用民族衣装 ゴ、貫頭衣 キシュン、
 羊毛の織物 ヤタ、男用の身分を表すショール カンバールなど包括的にブータンの
 布を展示すれば、100点から150点になる。
 何百点かあるブータンの布の中から、展示するならこれとあれと頭の中に思い浮かべる。
 19世紀後期辺りに織られた布から20世紀後期辺りまでの布を 系統的に並べると
 面白いなと ギャラリーの椅子に座り込んで考えている。

 午後3時過ぎ 外の通りを2階の窓から眺めると 頼んでおいた運送業者の赤帽が
 やって来た。
 予定より早い。
 ギャラリーのオーナーが来るのも待っていたが、長く駐車できる場所ではないので
 荷物を車に積み込み、ギャラリーの鍵を3階の事務所の人に預け、帰ることにした。
 小雨は止まず、降り続いている。
 雨は降っているにもかかわらず、蒸し暑さを感じさせる1日だった。
 部屋まで荷物を運び込むと ギャラリーに 傘を忘れたことに気がついた。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



展示会 | 11:39:48 | Trackback(0) | Comments(0)
東京 展示会 最終日
東京 展示会 最終日 1

東京 展示会 最終日 2

東京 展示会 最終日 3

東京 展示会 最終日 4

東京 展示会 最終日 5

東京 展示会 最終日 6

東京 展示会 最終日 7

 この経済不況の中、私の開催した展示会のみならず、どこも大変なようである。
 私が開催した展示会の会場の3階に インドの野蚕シルクを使って洋服を作って
 いる工房があるが、私同様に 青息吐息で 今までの2倍 デパートその他での
 催しに出かけていかないと 経営を維持できないようである。

 そんな世相の中で 展示会も最終日を迎えたわけである。
 最終日だから それなりの売り上げがあるかと期待したが、結局 値段が張る
 キラ(ブータンの女性用民族衣装)などは 売れず、展示会の開催の費用(会場費、
 DMの印刷費、郵便代、展示物の搬送費など)を差し引くと、大した利益は出なかった。
 しばらくは こんな状況が続いていくのだろうか。

 今回の展示会は 体調が思わしくなく、朝10時半に会場へ出かけ、家に帰って
 くるのは 夜8時半過ぎという生活は かなりきつかったが、どうにか 展示会を
 無事に終えたから、ほっとしている。
 普段は あまり人と接する生活をしていないから、一時に人との係わりが増えると
 これも大変で、体調の悪いときには 自分の精神状態を上手く維持することには
 努力を要するものである。

 ブータン布の宣伝の目的も含めて、去年の12月から17年ぶりに展示会を始めたが
 どれだけの効果があったのか その結果はまだ出ていない。
 世界の経済不況の勃発と同時期に始めた展示会の再開というのは どうもまずかった
 ようだ。

 展示会の開催というのも 案内状の印刷、展示物の洗濯、展示物の説明文、値札の
 準備などの作業をしていくと 結構 時間がかかるもので 一会場だけで終えて
 しまうのは どうも効率が悪い。
 場所を変えて、何回か会場を代えながら、開催していくのが時間的、金銭的効率の
 面では望ましいのだが、日本の業界に疎い浦島太郎のような存在になってしまった
 私にとっては 基本的な関係を作っていくのには 時間が必要であるようだ。

 いつもながらに思うのだが、日本のどこか博物館なり美術館で ブータンの染織品を
 一括して買い取ってくれれば、1番いいのだが、ブータンの染織品をメインにしようと
 いう博物館、美術館の情報はないから、どんな形でもいいから、こちらから、情報を
 提供していく形を作らなくてはならない。
 そのつもりで 展示会を再開したが、それだけでは十分ではなかったようだ。

 次の展開の仕方をしっかり計画していくためには どうも継続的に日本にいることが
 必須のようだ。
 私のブログを読んでいらっしゃる方で 近くに美術館や博物館、ギャラリーなどで
 ブータンの染織品に興味を示すようなところがあれば、情報を頂ければ、有り難いです。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



展示会 | 09:51:45 | Trackback(0) | Comments(2)
東京 秋の布の展示会の案内 11月4日~10日
東京 秋の布の展示会の案内 1

東京 秋の布の展示会の案内 2


 前回の布の展示会から6ヶ月が過ぎ、11月4日から11月10日まで 
 再び展示会を開くことになりました。

 ブータンの野蚕の手紡ぎ糸で織ったキラ(ブータンの女性用衣装)を中心に
 インド、東南アジアのシルク布も展示したいと考えています。

 山の国 ブータンの自然の息吹を感じさせる素朴で暖かい布の素晴らしさを
 感じ取っていただければ 幸いです。

 インドの野蚕シルク糸で織られた服地用の布も展示します。
 こぞって お出かけください。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


展示会 | 23:20:16 | Trackback(0) | Comments(8)
東京 展示会 第6日目
東京 展示会 第6日目 1

東京 展示会 第6日目 2

 今日は やっと6日目までたどり着いた。
 夕方近くまで ある程度 人の出入りがあり、小物は出たが、本当に売りたいものは
 出ない。
 60年、70年前に織られたブータンの布は 値段が張るだけに 感心はしていても
 買う人はいない。
 今後は少し方向性を変える必要がある。

 今 考えていることは ブータンの古い布の写真・説明付の目録を CD,DVDを使って作り、
 染織の展示に熱心な美術館、博物館に送ることである。
 ブログでの紹介やギャラリーでの展示だけでは 限界がある。
 ギャラリーの使用料、DMの印刷、郵便代に見合うだけの売り上げを出し、利益を出す
 ことは なかなか難しいし、古い布は値段が高く、一般の人には手が出ないようだ。
 CD,DVDの編集用のソフトを見つけなくてはならない。
 展示会が終わったら、本格的にCD・DVD作りに精を出すことにしよう。

 暑かったり、寒かったりで 体調がなかなか回復しない。
 部屋にたどり着くと すっかり疲れ果て、1,2時間睡眠を取らないと、
 何もする気になれない。
 明日は最終日、明後日は片付け、ここまで頑張れば、少し休養が取れる。
 そして、日本が寒くなる前に バンコクに向かうことが出来る。
 それだけが楽しみであり、支えである。

 今日は疲れ果てていて、脳みそも上手く働かない。
 ブログに書くことも 取り止めがなく 上手くまとまっていかない。
 明日に備えて、寝ることにしよう。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


展示会 | 08:24:43 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。