■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ ネパールヴィザの延長に
カトマンズ ネパールヴィザの延長に 1

カトマンズ ネパールヴィザの延長に 2

カトマンズ ネパールヴィザの延長に 3

 今日(7月5日)、空港で取得した1ヶ月のヴィザが 明日で切れるので 延長のために
 カトマンズのマイティガールにあるイミグレーションオフィスに行ってきた。

 空港で1ヶ月のヴィザを取得した時には 40USドルだったので 次の1ヶ月の
 延長も40USドルだろうと思い、ポケットに4500ルピーを入れて、家を出た。
 イミグレーションオフィスに着き、ヴィザ申請用紙をもらい、書き込んでいると、
 そばにいたネパール人(イミグレの職員ではない)が 2ヶ月目からは1ヶ月
 60USドルだと言う。
 最低15日の延長だと 30USドル、その後は1日延長するごとに2USドルずつ
 追加されていき、1ヶ月 30日計算で60USドルになると説明してくれた。
 今年の2月にやってきたときは 1ヶ月だけの滞在だったので 2ヶ月目以降も
 同じだと思っていたのである。

 去年の10月頃までは 空港で2か月分のヴィザを30USドルで取得出来、その年に
 もう一度入国すれば、その際の1ヶ月分のヴィザ代は無料だった。
 1年に2回、3ヶ月の滞在であれば、30USドルで済んだのである。

 去年の10月以降は 新しいルールが出来、1回目の入国で2ヶ月滞在すれば、
 100USドル、2回目の入国で1ヶ月滞在すれば、40USドル、計140USドルに
 なり、以前のルールからすれば、5倍近いヴィザ代になる。
 こんなことはネパール以外の国では起こらない。
 現在のヴィザルールは マオイスト政権のときに制定されたものだ。
 旅行者にとっては 改悪とも言える新ルールである。

 経済オンチのマオイストならではのルール作りである。
 情勢を正しく判断できない政治的な拙さが、マオイスト政権崩壊につながり、
 政権交代を作り出してしまった。
 電力も水も マオイスト政権に期待した国民は 裏切られたのである。
 電力に関していえば、インドとの良好な関係を築くことが出来ず、インドからの
 嫌がらせから、インドから電力を買い付けることは出来なかった。

 観光業で成り立っているネパールで ツーリストに対して悪印象を与えるような
 ヴィザルールの改悪、ヴィザ代の値上げをしても、カトマンズの電力・水事情は最悪、
 環境汚染もひどくなるばかり、これではツーリストも納得するものではない。
 それで気に入らなければ、来なければいいというのでは 観光客はやってこない。
 今はシーズンオフということもあるけれど、あまり外国人ツーリストの姿を
 見かけることもない。
 こうした態度を改めない限り、観光立国としてのネパールの将来はない。
 どうもネパールの政権(どの政党の政権であっても)の中枢にいるバウン族
 (高カーストの僧侶階級)の高慢さがこうした姿勢を作っている。
 彼らが 本当にネパールを愛しているのかどうかは どうも疑わしい。
 ネパールを食い物にすることに 熱中しているとしか思えない。

 話を戻して、2ヶ月目のヴィザの延長には お金が不足してしまったので 
 ヴィザ延長は 1ヶ月にしないで 25日だけ延長することにした。

 ネパールの先住民族は素朴で人懐こく好感が持てるが チェットリ(武士階級)、
 バウン(僧侶階級)、特にバウン族の高慢さには 腹立つことが多い。
 国の利益より、己の利益しか考えない売国奴のようにすら、思えてくる。
 どこにネパールを売り渡すかといえば、それは当然インドにである。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
ネパールの事情 | 11:19:50 | Trackback(0) | Comments(0)
カトマンズ コンピューターの寿命が とうとう尽きた!
 1昨日の朝、私の使っていたコンピューターも寿命が尽きてしまった。
 寸前まで快適に動いていたのに 突然 モニターの画面が黒くなったと思ったら、
 シャットダウン 全く起動しなくなった。
 どうしようもないので きっとハードディスクがクラッシュしたのだろうと思い、
 カトマンズ中心部にあるニューロードへ行、新しいハードディスクを手に
 入れることにする。
 このニューロードに コンピューター関連の部品の店が集まっている。
 私の使っていたコンピューターは 10年近く前から使っていたもので、
 最初は バンコクで使っていたものを カトマンズに持ってきたのである。
 CPUはAMD製のもので 当時も今もAMD製のCPUは カトマンズでは
 販売されていない。
 基本的な扱いは インテルのものと変わりはないので、カトマンズでどうにか 
 7,8年使ってきた。

 ハードディスクを探したが 今のマザーボードに合わせたハードディスクは
 大半がシリアル接続で 以前のIDE接続のものは 市場では数少なくなっているし、
 容量も 80GB,160GBの2種類ぐらいしかなく、それも客が来れば、業者に
 電話して持ってきてもらうといった具合で 待ち時間がかかって仕様がない。
 有ると言われて 30分ぐらい待っていると やはりなかったと言われ、
 何軒かの店を店を回ることになり、ハードディスク一つを手に入れるのに 
 1時間半近くかかってしまった。

 ネパールでは まだまだコンピューター人口はそれほどでもなく、中国製の
 コンピューター部品(マザーボード、ハードディスク、メモリーCPUなど)を 
 1度に大量に仕入れる。
 それを売り切ってしまうと 次の新しい商品を仕入れ、以前の商品に対する
 アフターケアがない。
 コンピューターの技術的な面で大きな変化があると、以前のコンピューターの
 部品を探すのが至難の業になる。
 部品といえば、新しくきた製品のもの一色になるのである。

 どうにか160GBのハードディスクを手に入れ、Window XPをインストールしようと
 するが インストールできない。
 マザーボード自体が壊れていたようだ。
 全くアウトである。
 諦めて 予備用の性能の低いコンピューターを使おうとしたが、これも5,6年
 使わずに置きっ放しにしていたせいか、これもハードディスクがいかれている。
 どうにかこうにか 頑張って使える状態にまで持ってきたのはいいが、
 インターネットに接続するためのLanカード(ネットワーク接続のためのカード)
 の接触が悪くなっており、ケーブルインターネットに接続できない。

 こうなったら、再び 翌朝の土曜日に Lanカードを新たに手に入れるより、
 方法はない。

 昨日、休日の土曜日だったので、ニューロードは大半の店が休み、そこいら中を
 探し回ってやっと、開いている店を見つけ、Lanカードを手に入れた。
 インターネットを使える状態にはなったが、古くて、力がCPU、それにメモリーの
 容量がなく、使っている種類のメモリーは もうカトマンズでは手に入らない。

 動作があまりに遅く、いらいらしながら コンピューターを使っている。
 今回はこれで我慢するより、仕方がない。
 1昨日の夜は夜中の3時までコンピューターと格闘、2日がかりの奮闘だった。
 しかし、ブログ用の写真の処理に やたら時間がかかり、フラストレーションが
 貯まりそうだ。

 それにしても疲れ果てた2日間だった。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



ネパールの事情 | 15:17:35 | Trackback(0) | Comments(0)
カトマンズ 空を眺めて
カトマンズ 空を眺めて 1

カトマンズ 空を眺めて 2

カトマンズ 空を眺めて 3

カトマンズ 空を眺めて 4

カトマンズ 空を眺めて 5

カトマンズ 空を眺めて 6

カトマンズ 空を眺めて 7

 カトマンズにやって来てから 早20日近い日が流れてしまった。
 カトマンズに到着した頃は 雨期前の真夏の酷暑の最中で 暑さは日に日に
 増すばかりだった。
 雨期入りしたと思ったら、雨が降ったのは この4.5日間で 1時間の土砂降りが
 1度あったきりで その後は 雨なしの毎日である。
 地下水からモーターを使って汲み上げるわずかばかりの水で どうにか最悪の水不足の
 生活をしのいでいるが、いつまでこんな生活が続くのやら。

 私の住んでいるあたりは 特に水事情が悪いらしく、政府の水道の水の供給は 
 20日以上途絶えたままである。
 しかし、私の家から1キロばかり先の地区では 2日に1度は 何時間か、水道の水が
 供給されているという。
 そのあたりの人間にとっての悩みは 庭の木々にやる水が 充分ではなくなっていると
 いう贅沢な悩みである。
 全く不公平で不公正なネパール社会である。

 私の住んでいる地域では 間借り生活の人たちが多く、水浴び、洗濯のための水はおろか、
 飲み水すら事欠く有様で バグマティ川近くの地下水を求めて、1キロばかり歩き、
 水を運んでくるというのが日課になっている。
 朝夕の食事の仕度前などは バグマティ川岸辺の水場には 長い列が出来、自分の番が
 来るまで待つのも フラストレーションの1つになる。

 私は一人暮らしだから、1日3杯のバケツの水があれば、どうにか生活していけるが、
 水浴びは毎日というわけにはいかない。
 3,4人の家族で一部屋を間借りして生活している貧しい人たちにとっては、
 水を確保するのは 至難の技である。
 洗濯や水浴びであれば バグマティ川の岸辺近くにある井戸や水場で行えばいいが、
 食事のための水や飲み水は 部屋まで運んでくる必要がある。

 力もお金もない貧しい人たちには 何かにつけてしわ寄せが来る。
 政府官僚や政治家たちには 特別の水道のパイプラインが用意され、
 水に苦しむ生活からは無縁である。
 政府の高級官僚や政治家たちは 民衆、庶民たちとともに苦しみを分かち合うと
 いう姿勢はない。
 これはどうも世界共通の現象で 山を越えた海の向こうの小さな島国でも同じこと
 らしい。
 先進国でも発展途上国でも 多かれ少なかれ 政府や政治家たちの姿は同じである。

 水との戦いに明け暮れていると どうしても眼が空の方を向いてしまう。
 空の様子から 雨の気配を感じとろうと思うからである。
 私の住んでいるパタンでは キルティプールという小さな町のある西方面の空に
 雨雲が発生すれば 雨になると言われている。
 東のほうに雨雲が発生しても バクタプールあたりに雨をもたらすだけで、
 パタンの町には 雨は降らない。
 西の空を眺め、東の空を眺め、朝の空を眺め、夕方の空を眺め、雨の気配に期待を
 寄せる。
 キルティプール方面の西の空を眺めることが 習慣のようになってしまったが、
 東の空に雨雲を見つけることはあっても 西の空に雨雲を見ることはない。
 東の空の方向には インドのカルカッタがある。
 モンスーンは カルカッタあたりまではやってきているらしいが この山に囲まれた
 カトマンズ盆地まで本格的にやってくるには まだ時間がかかりそうだ。

 カトマンズと同じように インドでも 北インドでは 村人たちは旱魃に
 苦しめられているという。
 インドでも インド政府は 富裕層の住む都市部ばかりにお金をかけ、
 地方の村々のための水対策には 力を入れていない。
 民衆や農民たちは ひたすら自然のもたらしてくれる雨の恵みを待つより
 仕方ないのである。

 今日もカトマンズの空を眺めてみたが 今日は朝から晴天、
 雨は期待出来そうにない。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


ネパールの事情 | 19:06:17 | Trackback(0) | Comments(2)
カトマンズ 今日は ゼネスト!
カトマンズ 今日は ゼネスト! 1

カトマンズ 今日は ゼネスト! 2

カトマンズ 今日は ゼネスト! 3

カトマンズ 今日は ゼネスト! 4

カトマンズ 今日は ゼネスト! 5

 今日の計画停電は 午前8時から午前10時までの予定だったが、午前8時になっても
 停電にならないので 今日のこの時間帯は停電なしと思っていると、午前9時過ぎに
 停電が始まった。
 扇風機も使えない暑い部屋の中にいても仕方がないので 電気がやって来るまでの間、
 外で時間をつぶすことにした。

 少し先の通りまで出て、いつもの雑貨屋まで行って、そこの主人とおしゃべりでもして
 停電時間をやり過ごそうと思い、店まで行ってみると、あたりの様子がいつもと違う。
 学校に出掛けているはずの子供たちが路上で戯れていたりするし、近所に住む
 ネパール国立銀行に勤めている知り合いも 仕事には出掛けていない。

 店の主人に 「今日はどうしたのか、ネパールの休日か」と尋ねると
 「今日は マオイスト主導のゼネストだ」と教えてくれる。
 「どうして」と訊いても 「さあー」と答えるばかり、この店の主人、政治好きの
 バウン族(僧侶カースト)なのだが、政治にはいたって関心がない。

 電気がいつ来るのかわからないので 歩いて 大通りまで出てみる。
 私の住んでいる小さな通りでは 大半の店が 店を開けている。
 いつもと変わらぬ光景である。
 しかし、自動車やオートバイの姿はない。
 大通りまで出てみると バグマティ橋の手前にマオイストの下部組織のYCL
 (マオイスト青年同盟)の若者たちが 自動車、オートバイ、自転車の検査を
 している。
 乗らずに自転車も引いて行くのは許されるが 乗ることは禁止している。
 いつもは混み合っている橋の上も 歩行者天国のように歩く人と自転車を
 引いていく人たちだけである。

 橋の向こう側のタパタリの交差点でも マオイストの若者たちが自動車、オートバイ、
 自転車をチェックしている。
 救急車、国連、治安警察の車だけが行き交う。
 以前は リキシャや自転車に対しては お咎めがなかったが、前回 ネワール族の
 ゼネストの際、自転車、リキシャを禁止した流れを受けて、今回も厳しく対処して
 いるが、マオイストのチェックポイントを過ぎると、皆 引いていた自転車に
 乗り、通り去っていく。
 治安警察も なあなあといった感じで緊張は見られない。
 タパタリの交差点では 果物の切り売りの商いをしている露天商がいたが、
 マオイストも別に気にしていないようだ。
 しかし、大通りの店舗はすべて閉じられている。

 何のためのゼネストかと 近くにいたマオイストに訊いてみると
 昨日 マオイストの委員会の委員の一人が カトマンズ郊外のマハーラガンジで
 殺害され、それに対する抗議と真相究明を政府に訴えるための抗議のためのゼネスト
 らしい。

 確かにゼネストはカトマンズ市民にとっては 迷惑なことだが、抗議活動は 
 政治を活性化させるところもある。
 日本のように 郵政民営化の中で行われた不正、小沢前民主党代表の秘書に対して
 行われた国策捜査まがいの検察のやり方、新聞・テレビによる偏向報道、冤罪と
 大きな問題があるにもかかわらず、国民は声を上げようとはしないし、真相を
 知ろうともしない人たちが大半である。
 政権交代は 是非実現してほしいと思うが、今日本の置かれている状況を
 真剣に考えている人たちはどのくらいいるのだろう。

 インターネットの世界では 確かに隠されている情報が数多く流れ、深層に
 近づくことは出来るが インターネットを利用していても 関心を持って真相を
 知ろうという人たちは やはり少数派である。
 デジタルの世界には限界があるのである。
 カトマンズのマオイストたちの行動を見ていると やはり直接的な行動が中心である。
 人に訴えるためには 活字を使って インターネットを使って訴えることも必要だが、
 やはり、相手の顔をしっかり見ながら、不正を 日本の国の将来の姿を訴えていく方が
 はるかに効果的である。

 インターネットを通じて手をつなぎあい、底から直接的な行動が生まれてくるならば、
 インターネットも国を動かすだけの大きな力を持ちうると思うが、インターネットいう
 架空の世界だけで終わってしまうのなら、単なる自慰的な行為にしか思えない。
 インターネットの掲示板を通してだけ 意見を交換しているだけでは 何も変わって
 行かないだろう。
 やはり、ネパールでは ネパール人が 動物的なたくましさを持っている分だけ、
 政治に対する意識もまだ生き生きとしたものがある。
 真実は 行動を通して学ぶより 方法はない。
 大きなデモ1つない国が 全うだとは到底思えない。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


ネパールの事情 | 16:50:11 | Trackback(1) | Comments(0)
カトマンズ ケーブル・インターネットを設置した!
 バグマティ川の川辺周辺の散策から 帰ってくると 午前8時から10時までの
 計画停電は終わり、電気は来ている。
 午前11時から午後3時までの間に インターネットのためのケーブルの設置に
 やってくるという話だった。
 
 前回の滞在までは ダイアルアップのインターネット接続で、電話代と1ヶ月の
 インターネット使用料を含めると 2500ルピー以上の出費になる。
 その上、その速度は 56kbという遅さだ。
 今回 設置することにしたケーブル・インターネットなら 200kbという4倍の
 速度、その上、3ヶ月の使用料が3300ルピー + 13%のタックス、
 1ヶ月あたりの使用料は 1200ルピー、電話代は要らず、使い放題である。
 滞在が2ヶ月にしても 1800ルピー、時間を気にせずに インターネットが
 使えるというのは ネパールでは大きな喜びである。

 連絡を待っていると 午前10時40分に電話がかかってきて、今 事務所を出たから、
 家の近くまで着いたら、又 連絡をすると言う。
 20分後に再び電話があり、近くの私立学校の前にいるから、迎えに来てほしいと
 言うので 迎えに行く。
 ケーブルはこの近辺にやって着ているが、百メートルほどのケーブル線が必要だと
 行っている。
 11時半近くには 家のすぐ横まで線を引いてきて、ラン・コードと同じように
 線の先にソケットをつけておしまいである。
 インターネットを使ってみると、臨時であるが、やはり ダイアルアップと比べると
 格段の差がある。

 最終チェックには 別の人間が10分後にやってくるというが、1時間経っても
 やってこない。ネパール仕事である。
 待っているうちに 突然の停電、そんな時に到着したという電話、家がわからないから、
 迎えに来てほしいというので、迎えに行くが、停電中でチェックは出来ない。
 20分ほど待っていると電気がやって来て 最終チェックの終了。

 あとは設置料の1500ルピーと3か月分のケーブル使用料を支払うだけである。
 翌日、ニューロードにある支店で支払いを済ませた。
 その前に ビッシャル・バザールの近くにあるヒマラヤバンクで両替をしたら、
 7630ルピーだった。
 2日前に タメルにある私設両替所で両換えしたときには 7450ルピーだったから、
 2百ルピーほど損をしたことになる。
 やはり、両替は ヒマラヤバンクに限ることを再確認した

 ケーブル・インターネットに替え、時間を気にすることなく、ブログの更新が
 出来るようになった。
 これだけでも気持ちが楽になる。
 ダイアルアップの時ののろさに比べると格段の差である。
 ブログを更新するだけなら、200kbの速さで充分である。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



ネパールの事情 | 09:07:52 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。