■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
パタン パタン彷徨‐04 二つの寺院
パタン パタン彷徨‐04 二つの寺院 1

パタン パタン彷徨‐04 二つの寺院 2

パタン パタン彷徨‐04 二つの寺院 3

パタン パタン彷徨‐04 二つの寺院 4

パタン パタン彷徨‐04 二つの寺院 5

パタン パタン彷徨‐04 二つの寺院 6

パタン パタン彷徨‐04 二つの寺院 7

パタン パタン彷徨‐04 二つの寺院 8

 古い歴史を持つ街の中心では 王宮など工芸の粋を凝らした見事な建造物を見ることが
 出来るが、私は街の周辺を歩くことも好きである。
 ネワール族の造り上げた1500年以上の歴史を持つパタンの街では 人々の住む場所が 
 各職業カーストによって 住み分けられている。
 街の中心である王宮周辺には シュレスタ・カーストの人々(マッラ王朝時代の支配層)が住み、
 街の周辺に向かって、低いカーストが住むという形になっている。
 それはカトマンズでも同じである。

 そのシュレスタ・カーストを取り巻くように仏教徒のサキャ、バジャチャーレ、
 ウダースと呼ばれる職人カースト、その外側にマハルザンと呼ばれる農民カースト、
 同じ農民カーストでも農業とレンガ造りを仕事にするアワレは マハルザンより少し
 低く見られ、その外側に住む。
 そして、その外の街の周辺部には サヒ・カースト(カサイ、カルギとも呼ばれる)、
 家畜の堵殺を生業にする人たちが住む。
 そして、街の外側には 不可蝕選民といわれる最下層カースト ポーレ(別名デオラ)が住み、
 街の中に住むことは許されなかった。
 彼らは 魚業、豚の飼育、火葬場での清掃などを仕事としている。

 パタンの中心部の散策には飽きたので、パタンの街の周辺部を歩くことにし、
 街の東側周辺に行ってみた。
 後で気がついたことだが、この東側周辺部は パタンの街でもバグマティ川に接して
 いる地域である。

 周辺部に向かって歩いていくと 仏教徒 サキャ・カーストの人たちが建てた仏教寺院がある。
 イェンプ・マハビハールと呼ばれる寺院で 寺院というより仏教伝道所のような役割を
 持っていた場所で、パタンの中にはサキャ・カーストの人たちが建てたこのような伝道所が 
 15箇所ある。ネワール族の間では バヒと呼ばれている。
 これに対して 集落の中に建てられ、バジャチャーレが祭事を司る寺院は ビハーと
 呼ばれている。
 歴史的には サキャ・カーストの人たちの建てたバヒ、マハビハールのほうが古いようである。
 こうしたサキャ・カーストの人たちが 積極的に伝道所として使っていたマハビハールも 
 70年近く前に ラナ独裁政治の時代 カトマンズに住む僧侶が ラナ家によって
 追放されてからは 仏教伝道所としての役割を失ってしまった。
 マハビハールに住んでいた伝道師の僧侶もいなくなり、荒れるに任せていたようだが、
 以前ほどではないにしても 少しずつ、昔の仏教伝道の役割を取り戻しつつある。

 そのマハビハールの先まで行くと パタンの旧市街の果てに至り、旧市街の外に出る。
 そのすぐ先は バグマティ川である。
 そこにも 寺院がある。
 バドォラカーリという神様を祭った寺院である。
 バドォラカーリという神様のプザーリは ネワールカーストの最下層、不可蝕選民の
 デオラ(ポーレ)と呼ばれる人たちで 魚採り、火葬の後の清掃など人の穢れを
 受け持つカーストの人たちである。
 上位カーストの人々は 蔑みとともにポーレと呼ぶが 彼らは自らをデオラと呼び、
 それは神様に奉仕する人という意味である。

 この寺院に向かっていると 学校帰りの少年が 私の後ろを歩いていた。
 寺院の中に入ると、その少年は別の寺院の入り口から入ってきた。
 彼もデオラ・カーストの子供だった。
 私立学校に通っているという。素直で利発そうな少年だった。

 寺の中には何時もデオラ・カーストの人々が常駐しており、
 彼らの憩いの場所のようでもあった。
 年配の人たちは 愛想がいいが 若い人たちはどこか猜疑心の強いところもあった。
 彼らの時代には まだデオラの子供たちには教育の機会がなかった。
 上位カーストの親たちが 彼らとともに 自分の子供が学ぶことを嫌ったからである。
 一昔前までは パタンの旧市街の中に住むこと、入っていくことも許されなかった人々である。
 時代が流れ、人々のカーストに対する意識が変ったかといえば、
 やはりまだまだデオラの人たちに対する蔑みの心は 消えることなく残っている。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
ネパール パタン | 08:33:28 | Trackback(0) | Comments(0)
パタン パタン彷徨‐03 ラーズバンダーリのいるところ
パタン パタン彷徨‐03 ラーズバンダーリのいるところ 1

パタン パタン彷徨‐03 ラーズバンダーリのいるところ 2

パタン パタン彷徨‐03 ラーズバンダーリのいるところ 3

パタン パタン彷徨‐03 ラーズバンダーリのいるところ 4

パタン パタン彷徨‐03 ラーズバンダーリのいるところ 5

パタン パタン彷徨‐03 ラーズバンダーリのいるところ 6

パタン パタン彷徨‐03 ラーズバンダーリのいるところ 7

パタン パタン彷徨‐03 ラーズバンダーリのいるところ 8

 パタンの街の中を歩いていると 一際目立つ五重塔に出くわす。
 この寺院の中にはヒンズー教の様々の神様が祭られている。
 その中で一番古くから祭られているのが バングラムケという神様らしい。
 パルバティ、カーリなどの化身らしく、ネパール人の間で古くから信仰されている
 重要な神様である。
 寺院群の中心にある五重塔に祭られているのは シバ神である。
 その他 ナラヤン、ガネシュなども祭られている。

 いつも不思議に思うのだが、ネワール族のマッラ王朝時代に建てられた寺院は
 今でも、人々の信仰を集め、参拝者が絶えないのに、サハ王朝、ラナ専制時代に
 建てられた寺院は いつもひっそりしていて 参拝者の姿を見かけることはない。

 ネワール族によってマッラ王朝時代に建てられた寺院には ネワール族のプザーリ
 (神様の世話をする人、寺院の管理をする人)がいて、目が行き届いている。
 寺院に祭られている神様によって、プザーリのカーストは異なることが多い。
 バイラブ神であれば、マハルザン、バドゥラカーリ神であれば、デオラ シバ神、
 バングラムケ神であれば、ラーズバンダーリがプザーリであったりする。

 ネワールバウン(僧侶階級であり、マッラ王朝時代の支配層 シュレスタ・カーストに
 属す)であるラーズバンダーリ、昔はバンダーリだけのカースト名だったが、
 ラナ専制時代に、ネワール族のバンダーリとゴルカ王朝のバンダーリと区別するために
 バンダーリの上にラーズを付け加えられたという。
 又、ネワール族のマッラ王朝時代に時のマッラ王が 祭儀のためにインドから
 ブラーマンを呼び、王専用の宗教的な祭儀を行わせた。
 彼らは ウッパディアと呼ばれていたが、これもゴルカ王朝のウッパディアと区別するために
 ラーズを付け加え、ラーズウッパディアとネワールバウンと命名した。

 この寺院も 寺院の管理・運営はネワール族のラーズバンダーリに任されており、
 重要な儀式の際には ラーズウッパディアが呼ばれて、祭儀をする。
 この寺院は 何時も盛況で、サハ、ラナ家によって建てられた寺院が崩れるのに任せて
 いるのに比べて、対照的である。
 2千年近い歴史を持つネワール文化と高々250年の歴史しか持たなかったゴルカ王朝
 の文化の奥行きの違いだろうか。

 インド、チベット、東南アジア、中国の人と文化が混じり合い、豊穣で多様な文化を
 形成してきたネワール文化と インドの亜流の文化、建造物はヨーロッパの物まねと
 いう底の浅いゴルカ王朝文化との違いが 寺院の存続にも影響しているのかもしれない。

 バングラムキの神様の横に座り、神様と訪れる参拝者の世話をするラーズバンダーリの
 人たち、この前行ったときには その家族がシバ寺院の前に座り込んでいた。
 女性に囲まれて座っていた老人は90歳だった。
 この寺院の世話をすることを誇りに思っている様子の家族である。

 寺院の中には 参拝者から小銭をねだる子供たちも多くいて、
 混然とした雰囲気の寺院である。
 それが 今も生き続けているネワール族の寺院の魅力でもある。 


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


ネパール パタン | 12:19:47 | Trackback(0) | Comments(0)
パタン パタン彷徨‐02 職人の町
パタン パタン彷徨‐02 職人の町 1

パタン パタン彷徨‐02 職人の町 2

パタン パタン彷徨‐02 職人の町 3

パタン パタン彷徨‐02 職人の町 4

パタン パタン彷徨‐02 職人の町 5

パタン パタン彷徨‐02 職人の町 6

パタン パタン彷徨‐02 職人の町 7

パタン パタン彷徨‐02 職人の町 8

 カトマンズはどちらかというと商人の町であるが、その隣に位置するパタンの町は
 どちらかというと職人の町である。
 又、カトマンズやバクタプールに比べると仏教徒の数も圧倒的に多い。
 大体において 仏教とは 職人であることが多い。
 サッキャ・カースト、バジャチャーレ・カーストも職人の仕事をこなし、
 金細工、銀細工、仏像の鋳造などは 彼らの仕事だし、他国からやって来た人々が
 サキャ・カーストとの混血によって生まれたといわれるウダースと呼ばれる職業集団も
 仏教徒である。
 木工芸を職とするシルパカール、銅製品を造るタムラカール、お菓子やロティ作りの
 職人シラリック、チベット貿易に従事したトゥラダー、大工仕事のシンドゥラカール、
 コンサカールなどは ネワール族の職人カーストの中では上位に属する。

 パタンの支配カーストはシュレスタ・カーストに属する人たちであるが、
 数の上では 仏教徒のほうが大多数を占め、経済的にも優位を保っていたのだろう。
 パタンの王宮を除けば、仏教徒によって建てられた寺院の数も 仏教徒のものが
 圧倒的に多い。
 貿易、工芸に従事する仏教徒によって ネワール文化は隆盛を誇ったといっても
 いいだろう。

 そんなパタンの路地を歩いていると、シルパカールの板を削るのみの音や
 仏像をつくるガスバーナーを使う音が聞こえてくる。
 この頃では ネワール族のバジャチャーレ、サキャ、タムラカール、シルパカールが
 作業場の主人になり、農民カーストのマハルザンや近郊の村に住むタマン族を職人と
 して使っていることが多くなっている。
 中にはバウン族の職人もいる。

 路地を歩いていて、木工芸の作業場を覗き込んでいると 作業場の主人らしい人が
 話しかけてきて、いろいろ話を訊いていると、彼はウダースの職人カーストの中の
 タムラカールで彼の祖父の代から、木工芸に仕事を変えたという。
 2階に上がれというので 上がりこんでみると、日本の森元首相と並んで写っている
 彼の娘の写真には驚いてしまった。
 彼女はカトマンズ郊外の学校づくりにかかわり、その後援者が 森元首相の知り合い
 だったことから、一緒に写真を撮ることになったようだ。
 その娘は日本でも何年か学び、今はオーストラリアへ留学していると言う。
 その作業場で働いていた職人たちも木工の郷 ブンガマティからやってきている職人
 だった。

 パタンの路地を歩いていれば、こうした工芸の作業場に出会うことが多い。
 カトマンズは 商業地域で 工芸品は目にしても 実際に造っている場所はない。
 大半はパタンで造られ、カトマンズに運ばれてくるのである。
 まだまだカースト意識の高いカトマンズ、パタンであるが ものづくりの世界では
 ネワールの職人カースト ウダースたちは 今ではものの売り手となり、作り手では
 なくなってきているようだ。
 職人たちの1日の日当が 400ルピーにもなるのなら、カースト意識を超えて、
 器用な人たちは 抵抗なく職人の仕事に手を出すようになってきている。
 こうしたことから カースト意識が崩れてくればいいのだが、まだまだ カーストが
 なくるまでには時間がかかりそうである。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



ネパール パタン | 17:38:38 | Trackback(0) | Comments(0)
パタン パタン彷徨‐01 気の向くままに
パタン パタン彷徨‐01 気の向くままに 1

パタン パタン彷徨‐01 気の向くままに 2

パタン パタン彷徨‐01 気の向くままに 3

パタン パタン彷徨‐01 気の向くままに 4

パタン パタン彷徨‐01 気の向くままに 5

パタン パタン彷徨‐01 気の向くままに 6

パタン パタン彷徨‐01 気の向くままに 7

パタン パタン彷徨‐01 気の向くままに 8

パタン パタン彷徨‐01 気の向くままに 9

パタン パタン彷徨‐01 気の向くままに 10

パタン パタン彷徨‐01 気の向くままに 11

パタン パタン彷徨‐01 気の向くままに 12

 日中の陽射しは 春というより初夏に近い強い陽射しに変ってきている。
 そんなとある日 パタンの旧市街に出掛けてみることにした。
 パタンドカ(パタン門)から旧市街に入ると 入場料の支払いの要求を
 されそうなので、面倒を避けて、モンゴルバザール行きの乗り合いテンプーに
 乗り、モンゴルバザールを目指した。

 テンプーの終点 モンゴルバザール、パタン王宮の横を通り過ぎ、
 パタン旧市街へと入っていく。
 その路上脇の小さな広場では 1ヶ月前の満月の日に始まったソスタニ・プルニマの
 祭りがこの日の満月の夜に最終日を迎えるために そのお供えの花やサトウキビなどが
 並べられ、売られている。
 ソスタニというのは 女神バグワティの分身であり、デヴィ、パルバティ、カーリと
 様々の名前を持つ。
 ネパールのヒンズー教信仰の中では 重要な神様の一人である。

 パタンにやってきたら、私が必ず行くネワール・カザ(ネワール料理の軽食)の店が
 ある。
 パタンの中央を走る通りをその店を目指して歩く。
 パタンではホナチャという店が有名であるが、近頃では小さな店であるが、
 気に入っているのでその店に向かうことが多い。
 ネワール族のシュレスタ・カーストの女の人が商う小さな店で、
 4,5人が座れば、一杯になってしまう。
 ちょっと愛想の悪い女主人であるが、値段も安く、アンダ・バーラも
 水牛肉のカレー味の煮込みも美味しい。
 余計なことは言わず、大きな丸い鉄板を前にして 黙々とバーラを焼いている。
 小さな店だから、注文するとすぐさま注文したものが出てくる。
 この日 私が食べたものは アンダ・バーラと水牛肉のカレー味煮込み、
 いつもは煮込みは半皿だが、今日は一皿、会計はしめて35ルピー(40円)だ。
 写真を撮らせてもらおうとすると、この日はどういうわけか 
 「ちょっと待って!きちんとバーラを並べるから」と言葉を並べた。

 外に出ると 店の近く、パタンのスンダーラ(金色の蛇口の石造りの水場)の横に
 給水車が停まっている。
 その周りには たくさんの人だかりだ。水を売っているのかと思って、近くの人に
 そのことを訊くと 政府の給水車で水は無料だという。
 いつも近所の人々が使っている共同の水場 スンダーラが すっかり ひやがっている。
 政府の水道水も5日に1度、1,2時間の供給、数百年前のマッラ王朝時代に造られた
 スンダーラの水も涸れてしまっては、飲み水さえこと欠いてしまう。
 停電も大変だが、飲み水の確保もそれ以上に大変である。
 間借り生活の貧しい人たちにとっては 死活問題である。
 大家も自分の家族のための水の確保で手一杯で 店子にまで手が回らない。

 そんな人々の姿を見ながら、パタン旧市街の路地裏へと入り込んでいく。
 これからの散策は 足任せ、風任せである。
 路地裏を歩き回っているうちに 以前訪れたことのある農民カースト アワレ・
 カーストの人たちの住む集落にやって来た。
 パタンでは農民カーストにも多少の上下関係があり、ダンゴール・マハルザン、
 アワレ、そしてビンゼンカールに行くにしたがってカーストの下位になっていく。
 アワレやビンゼンカールは農業以外に別の仕事に従事する。
 その仕事は レンガ造りである。それが農民カーストの中でもカーストの上下を
 作り出しているようだ。

 アワレの人たちの集落の中に入っていくと 集落の広場で人が集まり、
 たくさんの湯がいたジャガイモの皮をむいている。
 近くの寺院の中では 歌と楽器が鳴り響いている。
 何かの行事のようなので訊いてみると 今日はグルッパの儀式があると言う。
 グルッパの儀式とは何かと尋ねると、女の子が12歳になった時に祝う儀式で
 その日には 集落の全員を呼び、皆で祝う宴会を催すと答えてくれる。
 その宴会のための準備のジャガイモむきだったわけだ。

 そんな会話を交わしていると、ジャール、別名チャン(ネパールのどぶろく)を
 飲むかと どぶろくを持ってきてくれたので 遠慮なく頂く。
 甘酸っぱい白いビールのような味わいがある。
 それを飲み終えると 今度はロキシー(米で造った焼酎)を相伴させてくれる。
 つまみに剥いたばかりのジャガイモをくれた。
 今度は 昔からのネワール族の煙草、タマーコを容器に入れてふかし始め、
 勧められたが、これは遠慮した。

 ジャールとロキシーでいい気持ちになり、寺院の中の集会場に入っていくと 
 中年過ぎのアワレの男たちが 楽器を奏でながら、宗教歌を歌っていた。
 グルッパの儀式の準備、それを祝って、歌と楽器に興ずる人々、この日1日は
 ネワール族のアワレの人々の濃厚な時間に触れ、暖かい気持ちになった。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


ネパール パタン | 02:13:46 | Trackback(0) | Comments(0)
パタン 陽だまりの中で
パタン 陽だまりの中で 1

パタン 陽だまりの中で 2

パタン 陽だまりの中で 3

パタン 陽だまりの中で 4

パタン 陽だまりの中で 5

 パタンの町の古い旧市街の中を歩き回っていると レンガ造りの建物に囲まれた
 広場のある集落の中に入り込むことがある。
 ネワール族の典型的な集落の形である。
 サッキャ・カースト、バジャチャーレ・カースト、マハルザン・カーストの仏教徒たち
 のカーストの集落は 広い広場を持っている。

 今日はいつもと違うコースを辿って、パタンの旧市街の周辺部を散策してみた。
 街の周辺部には ネワール族の中でも比較的カーストの低い人たちが住んでいる。
 上位カーストの人たちは 街の中心部 王宮の近くに住んでいる。
 カトマンズの場合は ネワール族のマッラ王朝を征服したチェットリ族のゴルカ王朝が
 入り込んできたために ネワール族の上位カーストの人たちの居住区の移動があった
 ために昔ながらの形で人々は住んでいない。
 しかし、パタンはカトマンズの中心部から離れていたために、街の形や人々の居住区が
 そのままの形で残っている。
 チェットリ族のゴルカ王朝による影響をあまり受けていないといってよい。

 そんなパタンの旧市街の周辺部を歩いていた時に マハルザン 農民カーストの
 集落の中に入り込んでみた。
 200人近い人々が住み着いているマハルザンの人たちの集落である。
 レンガ造りの建物に囲まれた広場に 人々は陽だまりを求めて座り込んでいる。

 老女たちは老女でまとまって座り込み、働き盛りの若い者は それぞれに固まって
 午後の暖かい陽射しを享受している。
 チベット絨緞用の毛糸を解いている女たち、座り込んで朝の仕事の疲れを癒している
 人といろいろである。
 まだまだ寒さの残るカトマンズ盆地の中では、室内は冷え込んでいる。
 暖房の設備もないレンガ造りの家の中は 日中でも寒さを感じる。
 だから、暖を取りに 陽だまりの中に出てくる必要があるのだ。

 広場では それぞれがそれぞれの生活スタイルに合わせて、
 陽だまりの中で座り込んでいる姿は のどかな平和な風景である。
 この集落に住む人は 皆、血の濃さに多少の違いはあっても、
 血でつながっている親戚同士だ。
 だから、住んでいる人すべてが知り合いであり、
 行事のたびに顔を合わせる者同士である。
 皆が顔見知りであるから、集落全体に安心感と安らぎがある。
 泥棒が入ってくれば、一声、助けを求めれば、集落のもの全員がとび出してくる。

 集落の中には 祖父母、父母、子供たちが 当然のことのように生活しており、
 集落の中では 人間のごく当たり前の生活がある。
 老人が大切にされ、家族とともにしに至るまで家族とともに生活し、孫の世話をし、
 嫁たちには 昔ながらの習慣や行事のやり方を伝えていく役割を持っている。
 こうした習慣は ネワール族の農民カーストの中で 今でも色濃く残っている。
 土地は少なくなり、生活は苦しくなるが、心の安定は今なお充分に保証されている。

 当たり前のことが 当たり前に出来なくなった日本とは大違いだ。
 幸福のためにどうお金を使えばよいのかさえ、わからなくなっている日本だ。
 どこに先進諸国だと自慢できるものがあるというのだろう。
 飽食、飽くことのない消費への欲望、そんなものに捉えられている限り、
 幸福は 雲のかなたへと消え去っていくばかりだ。

 この集落を包んでいる安らぎ、平和、落ち着き、満足感を
 今の日本のどこに見出せるというのだろう。
 幸福な社会には 幸福を作り出すための社会システムが必要だ。
 このシステムを学ぶには ネワール族の社会は1つの見本になる。
 ネワール族の集落の中に入り込んだときには いつもそんな思いに駆られる。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


ネパール パタン | 15:48:58 | Trackback(0) | Comments(2)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。