■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 庶民の足‐4 長距離バス乗り場 ニュー・バスパーク
ニュー・バスパーク 1

ニュー・バスパーク 2

ニュー・バスパーク 3

ニュー・バスパーク 4

ニュー・バスパーク 5

ニュー・バスパーク 6

ニュー・バスパーク 7

ニュー・バスパーク 8
 

 カトマンズのバラジュの近くに長距離専用のニュー・バスパークがある。
 ニューというくらいだから、オールドはといえば、ラットナパークのすぐ近くにあり、
 今はカトマンズ近くの郊外行きバス乗り場として使われている。
 ニュー・バスパークの周りには、地方へ帰る帰省客を相手にするビニールを屋根に
 貼ったバラックもどきの市場が、中国製品を並べている。
 カトマンズ市内にはこうした中国製品があふれている。
 商売になるのかと心配になる。

 鉄道の発達していないネパールでは、カトマンズから地方へ、地方からカトマンズへの
 移動は長距離バスに頼らざるをえない。お金があれば、飛行機を使うという方法も
 あるが、それは庶民にとっては高嶺の花だ。
 それは政治家、実業家、外国人の利用するものだ
 ダサインのネパール最大のお祭りの際には、カトマンズで働く人々は、
 この長距離バスに乗って帰省する。

 怖いのは事故だ。地方に向かうバスが、谷底に落ちた、川に落ちたという話は
 よく耳にする。酒酔い運転だった。スピードの出しすぎだった。原因は様々であるが、
 ネパール人の反射神経、運動神経のなさが原因なのではと かねがね思っている。
 若い頃は、何も知らず、カトマンズからインド国境まで長距離バスを利用したものだが、
 今は、怖くて利用する気にはなれない。
 タイの長距離バスの心地よさとサービスを経験すると、益々遠ざかっていく。

 昔はタンコットのチェックポストを抜けると、下り坂に入り、ヒマラヤの山を楽しみながら、
 ネパール・インド国境にも向かったし、インドからの帰りには、歩くような速さで坂道を登っていく
 バスにもいらいらもした。
 それでも途中のムグリンで食べたダール・バート・タルカリは美味しかった。
 ここで食堂を開いて商売をしていたのは タカリ族だ。
 今カトマンズでは タカリ族のダール・バート・タルカリは有名である。
 今はここにはツーリストバスは止まらないそうだ。
 惜しいことである。

 随分昔、インド・ネパーリ国境スノウリに入国し、ブットワルからタンセン・パルパを通って、
 ポカラに行ったことがある。
 蛇行する坂道で バスに乗りなれないネパール人が、バス酔いして、げえげえと
 吐き始めたのには 閉口してしまったことがある。

 ポカラなどへ行くには、グリーンバスと呼ばれているツーリスト用のバスもあり、
 少し高いが、安全である。
 どんな素晴らしいバスも、カトマンズ盆地の出入り口、タンコット辺りでの
 交通渋滞には敵わないようだ。

 ここ数年、治安の悪化で強盗も怖い。
 夜間バスを狙った強盗が頻繁に出没する時期もあった。
 マオイスト崩れ、へいたい崩れが徒党を組んで強盗団になる。
 昔は武器といえば クックリ刀(ネパールナイフ)ぐらいだったが、今はライフルに
 変っているから、抵抗の仕様がない。
 出来るだけ昼間のバスを利用するに越したことはない。
 外国人旅行者が多額のお金を奪われたという話も耳にしている。
 のんびりと旅を楽しむという時代は去り、危険を覚悟という時代になってしまった。
 一体このネパール、地方の治安を取り戻すことが出来るのだろうか。


  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
カトマンズ 庶民の足 | 12:16:13 | Trackback(0) | Comments(0)
カトマンズ 庶民の足‐3 乗り合いミニバスと乗り合いテンプー
庶民の足‐3 乗り合いミニバスと乗り合いテンプー 1

庶民の足‐3 乗り合いミニバスと乗り合いテンプー 2

庶民の足‐3 乗り合いミニバスと乗り合いテンプー 3

庶民の足‐3 乗り合いミニバスと乗り合いテンプー 4

庶民の足‐3 乗り合いミニバスと乗り合いテンプー 5


 旅行者にとってなかなか利用しにくいのが、トヨタハイエースを改造した乗り合い
 ミニバスとバッテリーを利用して走る乗り合いテンプーだ。
 座るには窮屈なつくりにはなっているが、安価で便利な乗り物である。
 私は自転車を利用しない時には、もっぱらこれらの乗り物を利用する。

 カトマンズのラットナパークからだと、パタン方面行きも、日本大使館、タイ大使館
 方面のマハールガンジ行き、ボーダナート行きなどもある。
 料金はどれも10ルピー前後で、座っていくから、バスと違ってすりの心配もない。
 運行の条件が 乗客が座っていけるということにあるからだ。
 カトマンズ市内であれば、大半の行き先を網羅しており、カトマンズの観光名所で
 あれば、どこでも行くことが出来る便利な乗り物だ。
 乗り合いテンプーは スピードは出ないが、ガソリンを使わず、カトマンズの公害防止には、
 充分役に立っている。

 ちょっと困るのは、乗り合いミニバスで、一時乗り合いミニバスは儲かるということで
 猫も杓子もこのビジネスを初め、過剰気味なのである。
 増えすぎたミニバスは、昼間などは客待ちのために長蛇の列になり、交通の渋滞を
 引き起こしている。
 ネパールの人間、少し儲かるとなると誰も彼も真似をし、供給過剰になってしまう
 結果を作り出してしまう。
 早い者勝ちの世界である。
 後から始めたものは大体予想はずれで泣くことになる。
 想像力を発揮するというより、他人が儲けている姿を見て真似する人間が多い。
 ハンディクラフトの世界でも同じである。
 パシュミナ・ショールなども同じ結果を辿っている。

 ミニバスや乗り合いテンプーの乗り場といえば、ラットナパーク、ネパール航空本社前、
 キルティプール行きであれば、オールドバスパークから、あとはバラジュ行きが、
 ラニポカリの近くから出ている。
 こうした乗り物に慣れれば、タクシーなどで不愉快な思いをすることなく、
 カトマンズを楽しむことが出来る。
 よくわからなければ、帰りにテンプーなりミニバスと利用すればよい。
 大半のテンプーやミニバスはカトマンズの中心部が終点のはずである。

 近頃は乗り合いテンプーのドライバーに女性ドライバーを見かけることも多くなった。
 ネパールの男尊女卑社会も段々様変わりをしている。
 本来、怠け者のネパール男を支えてきたのはネパール女なのである。
 いざとなれば、ネパール女の方が はるかに生活力がある。
 怠け者の男に泣かされてきただけに、それだけ強さが要求される社会である。
 女がどんどん社会進出していけば、男もおちおちしておれず、怠けてばかりいることは
 出来なくなるだろう。
 だらしない政治家、官僚はみな男だ。
 ネパール女は皆、働き者である。男に甲斐性がないから、働かざるを得ない。
 ネパール再生の道は、ネパール女の社会進出にあるのかもしれない。


  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



カトマンズ 庶民の足 | 01:38:31 | Trackback(0) | Comments(0)
カトマンズ 庶民の足‐2 タクシー
庶民の足‐2 タクシー 1

庶民の足‐2 タクシー 2

庶民の足‐2 タクシー 3


 25年前に初めて、カトマンズにやって来た頃、タクシーの数など少なく、
 走っているタクシーといえば、ほとんどが、中古の日本の自動車だった。
 今でもその当時走っていた中古の日本車を見かけることがあるが、
 年代のものだ。修理を重ね、利用し続けている。
 こんな日本車の姿から、日本車は長持ちするというイメージが ネパール人の中には
 根強くある。
 動車のみならず、日本製品に対しても一様に同じ印象を持っているようだ。

 今、ネパールで走っているタクシーはほとんどが、インドのマルチスズキの800CCの
 軽4輪車だ。狭くて、居心地が良いとは、言えない。
 タクシーの賃貸しは儲かるということで、小金を貯めたネパール人は、こぞって
 タクシー・ビジネスを始めた。自動車のオーナーは、昔からのカトマンズの民、
 ネワール族やバウン族が多い。1日の使用料いくらと決め、貸し出すのだ。
 あるいは、売り上げの何パーセントを支払うという契約もある。

 儲かると思って始めたタクシービジネスも必要以上に増え続けるタクシーの数の中では
 大した実入りも期待出来なくなってきている。
 先月などはインドと国境を接する南ネパール タライ地方の政治的な要求のために
 2週間近くゼネストが続き、インドからのガソリン、灯油、プロパンガスの供給の
 道が断たれてしまった。
 ガソリン無しでは仕事の出来ないタクシードライバー、死活問題である。
 去年あたりから、インドに石油の代金をきちんと支払っていないネパール石油公社に
 対して、インド側は、供給をストップしたり、量を減らしたりする措置を取り、
 そのたびに、ガソリンを求めて、右往左往するドライバーたち、ガソリンを売るガソリンスタンドは
 あっても、長蛇の列、何時間も自分の番を待つ始末だ。

 タクシーの不必要な増加、ガソリンの供給不足、ガソリンの値上がりとタクシーの
 売り上げは減る一方、以前からもあったのであるが、そこですることはといえば、
 メーターの改造である。
 ネパールほど同じ目的地に向かっても、タクシー料金の違う国はない。
 この頃では良心的なタクシードライバーを見つけることが難しいくらいだ。
 昔は、タクシードライバーの顔を見て、彼は、バウン族、ネワール族、どうも誤魔化されそうだ、
 ライ、リンブー、グルン、マガール族だと正直だから大丈夫、タマン族だと
 調子はいいがこのドライバーは信用できるかと、タクシーを選んだものだが、こう状況が 
 悪くなってくると誰も彼も信用できなくなる。

 メーターで行けば、改造メーターで予想外の高料金、交渉すれば、吹っかけてくる。
 余程のことがなければ、タクシーなど利用するものかと言う気持ちになっているのは
 私のみならず、カトマンズ市民も同じだろう。
 みんな 出来るだけ、公共交通を使うべく心がけるようになっている。
 鴨にされるのは外国人旅行者だ。

 旅行者のたまり場、タメル地区の手前のタクシー乗り場に行けば、旅行者をねらって、
 日長1日、列を成して、タクシーが並んでいる。

 タクシーが増えてしまうと、政府もタクシーメーターの検査も間に合わない。
 それどころか、そんなことはしているのだろうかと疑いもある。
 増え続けるタクシー、どこでもかしこでも駐車して客待ち、狭いカトマンズの道路が
 益々狭くなる昨今である。


  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


カトマンズ 庶民の足 | 12:30:38 | Trackback(0) | Comments(0)
カトマンズ 庶民の足‐1 混乱の中のカトマンズの交通
混乱の中のカトマンズの交通 1

混乱の中のカトマンズの交通 2

混乱の中のカトマンズの交通 3

混乱の中のカトマンズの交通 4


 ここ20年以上に渡って、カトマンズ市内の道の数、道の広さは変わらないまま、
 自動車の数だけが、うなぎ上りに増え続けている。
 排気ガスためにカトマンズ盆地の中の空気は汚染され、
 昔は、くっきりとその姿を見せていたヒマラヤ山系も霞み、
 冬場の僅かな時期にしか、カトマンズ市内から眺めることが出来なくなった。
 見えても昔ほどの鮮明な姿ではない。

 増え続けるカトマンズの人口、楽に移動する便利さと引き換えに、末期的な空気汚染を
 引き起こしてしまっている。
 空気の移動のない盆地の地形が、空気の汚染に輪を掛けている。
 『別に死ぬわけではない、どうにかなるさ』というネパール人の楽天的発想は、
 環境汚染の改善という方向には向かっていかない。
 政府も環境汚染に対して、殊更、問題にしているようにも思えないし、環境問題に
 真剣に取り組む市民運動を見かけることもない。

 カトマンズ市内を走る乗り物の中心といえば、定期バス、乗り合いテンプー(3輪自動車)、
 トヨタハイエースを改造した乗り合いミニバス、バス、マイクロバスが、
 カトマンズ市内の定期路線を受け持ち、タクシー、オートバイ、私用の自動車、そして、
 私立学校が大半を占めるカトマンズでは、その学校専用の送迎バスの数も馬鹿にならない。
 よく歩くことを得意としていたネパール人が、歩かないネパール人になってしまった。
 自転車などは少数派、大半の者が、ローンを利用してオートバイへと鞍替えし、
 自転車は、貧乏人の乗り物に化してしまった。

 ネパール人は見た目で人を判断する。自転車よりオートバイを使う者が、ステイタスが上であり、
 オートバイを利用する者より自家用車を利用する者の方が、ステイタスが上に見られる。
 自転車でカトマンズ市内を走り回っている私など、下層階級である。
 子供にせがまれて、オートバイをおもちゃとして買い与えてしまう中産階級上の親たち、
 私立大学に通う息子たちは、日長1日、オートバイを乗り回し、遊びまわっている。

 私は、カトマンズ市内での自転車に乗るための反射神経が保たれている限り、
 自転車に乗り続けるつもりだし、適度な運動は健康にも良い。
 しかし、近頃は、狭い道に自動車、オートバイがあふれ、必要以上に神経を使う必要がある。
 いつも渋滞の状態のカトマンズでは、車がそれほど、スピードを出していないことが
 救いである。反射神経の劣るネパール人にスピードを出されては困る。
 日本は 小さい時から体育などを通じて、運動神経を高める教育をしているが、
 ネパールではこうした教育は皆無で、遭ってもおざなり程度だ。
 だから、ネパール人の運動神経、反射神経を 私は信用していない。

 ネパールの外で長距離バス、トラックがしばしば事故を起こすのは、
 スピードの出せる場所では、ネパール人の運動神経、反射神経、集中力が
 ついていかないためだとかねがね思っている。
 賄賂ひとつで簡単に運転免許が取れる国、車の運転手など信用できるものではない。

 今日もこんな中を 自転車に乗って、走り回っている。
 のんびりと自転車を楽しむには程遠い今のカトマンズ、昔が懐かしい。


  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


カトマンズ 庶民の足 | 01:04:28 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。