■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ネパール 貧しさの中で
ネパール 貧しさの中で 1

ネパール 貧しさの中で 2

ネパール 貧しさの中で 3

ネパール 貧しさの中で 4

ネパール 貧しさの中で 5

ネパール 貧しさの中で 6

ネパール 貧しさの中で 7

 今日は 朝から雨が降り、部屋の中にいても 寒さが身にしみる。
 不況からの出口が見えないまま、季節は大急ぎで冬に向かっている。
 失業者にとっては 過酷な季節の始まりである。
 あと10日もすれば 12月がやって来て 街は クリスマスのイルミネーションに
 あふれ、お金のない人間にとっては ますます 世知辛く感じられる12月である。
 貧しさは 日本では 苦しいものになる。

 あの貧しいと言われているネパールでも 貧しいことは辛いことであるが、
 貧しい人たちが生きていくためのシステムが まだ残っているのである。
 路上では 貧しい人たちのための床屋がある。
 20ルピー(25円)で頭を刈ってくれるだろう。
 路上のカフェに行けば、5ルピー、6ルピーのミルクティが飲める。
 川魚の唐揚げとチューラ(干し飯)なら 20ルピーで食べることが出来る。
 共同の水場へ行けば、水道代もかからない。
 廃品回収をすれば、どうにか生きていくことも出来る。
 昔の日本だって 良く廃品を集めては 生計を立てていた人がいたものである。

 貧しいスラムの中でも 貧しいもの同士の助け合いがある。
 ネパール政府が貧しいものに手を差し伸べてくれないのだから、貧しいもの同士で
 助け合って生きていくより方法はないのである。
 村から仕事を求めて親戚がやって来れば カトマンズにやってくれば、
 粗末なスラムの中の小屋も 安息の場所になる。
 電気のない小屋の中で ろうそくを灯して、食事を作り、ともに分け合って食べれば、
 ご飯(バート)と豆汁(ダール)と野菜カレー(タルカリ)という質素な食でも
 心を暖めてくれるのである。
 孤立して孤独でないという思いは 人を惨めな思いにさせない。

 カトマンズの主要な商店街のニューロードや外国人旅行者が集まるタメル地区に行けば、
 贅沢三昧の人々の姿を見かけることはあっても それは別世界の出来事で手の届かない
 生活であるが、スラムの貧しい生活の中でも 人と人との濃厚なつながりはある。
 それは大きな慰めである。

 昔のカトマンズでは カーストによって人々の住居は住み分けられていた。
 街の中心、権威の中心には王宮があり、その周りには高いカーストの人々が住んでいた。
 貧しいカーストの低い人々は 街の周辺にあたる川の近くに住んでいて、豊かな生活を
 保証されたカーストの高い人々と貧しいカーストの人々との係わりは制限されていた。
 カーストの高い人には彼らの共同体があり、カーストの低い人たちには彼らの共同体が
 あり、その中で助け合って生活していたのである。
 それは互いに刺激を与え合わないという一つの知恵であったのかもしれない。
 そして互いの生活に干渉しないということも含まれていたのだろう。

 今 豊かな人々のライフスタイルは は一戸建ての家を建て、個人主義、自由な生活を
 変わっているが、貧しいものたちは 助け合わないと生活できないから 肩を寄せ
 合って生活している。
 生活は苦しいけれど、精神的には追い詰められてはいない。
 だから、皆 明るいのである。生活の中に笑いがあるのである。
 日本の長屋の生活の中にあった助け合い、支えあいの心が残っているのである。
 貧しい人たちが 川原の空地に住み始めても すぐに追い出そうとはしない優しさが
 どこかに残っている。
 杓子定規に追い出そうとする日本の行政や近隣の住民とは 少し違っている。
 日本では 政府は不必要に法律を作り、国民の生活に干渉し、締め上げていくことで 
 皆、多くのフラストレーションを育て、他人に対する優しさを忘れていくのである。
 優しさを忘れた社会がどうなっていくのか 今の東京を見れば、よく分かるはずである。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
カトマンズ 街の風景 | 10:22:40 | Trackback(0) | Comments(0)
カトマンズ カトマンズのお茶屋さん
カトマンズ カトマンズのお茶屋さん 1

カトマンズ カトマンズのお茶屋さん 2

 ここ2,3年 すっかり紅茶党になってしまった。
 その前までは コーヒー党で コーヒーの味を覚えたのは 中学生の頃からで、
 サイフォンを使って コーヒーを入れ、その薫りを楽しんでいた。
 日本で仕事をしていた頃は サイフォンを使うなど面倒なので カリタを使っての
 フィルタコーヒーを飲むことが多くなった。

 海外で生活するようになってからは ますます ずぼらになって、インスタント
 コーヒーで我慢するようになってしまっていたし、昔はタイでもネパールでも
 ナチュラルコーヒーはそれほど一般的ではなかった。
 朝の目覚めのためには インスタントコーヒーでも コーヒーが必要で コーヒーを
 飲むと眼が覚めたような気になったものだ。

 それが ネパールでネパール産の紅茶を買い、その紅茶の味を確かめているうちに
 強いコーヒーを避けるようになり、すっかり紅茶党になってしまった。

 1ヶ月に飲む紅茶の葉は 大体200gから300gの間で ネパールを離れるときは
 必ず、ネパールを離れている期間分の紅茶を買い込むことになる。
 ネパールでは インドのダージリンと国境を接する地域 イラム地方のイラムティーが
 有名であるが 天候も地域もほとんど同じであるにもかかわらず、紅茶の薫りに天と
 地ほどの差がある。
 もう26年ほど前のことだが、ネパールのカトマンズからバスを利用して 
 20時間以上かけて インドのダージリンまで行ったことがある。
 そのときに 大して高級品ではなかったが、ダージリンティーを買って、ネパールで
 ミルクティーにして飲んだことがある。
 さすが高級品ではなくても、ダージリンティー特有の香りがあり、驚いたものだ。
 当時1級品のダージリンティーは優先的に輸出用に回されていたから、本当の1級品は
 ダージリンにはなかったはずだが、1級品でなくとも、ダージリンティーであることが
 すぐにもわかるくらいに ダージリンティーの薫りの特徴を持っていた。

 そんな記憶を頼りに ネパールで東ネパールのイラムティーを買って、
 いろいろ試してみたが どうも特徴のない味で 薫りに欠けるのである。
 ネパールでもインド ダージリンから運んできてダージリンティーを売っているが
 いいものは 1キロ3000ルピー位するが、それでも 25年前に飲んでいた
 ダージリンティーの味わいには到達しない。
 そこまでお金をかける気はしないので イラム地方産の1キロ500ルピーから
 1キロ1200ルピーまでの紅茶を飲むことが多いが 癖がないので飲みやすいが 
 紅茶の薫りを楽しむには物足りない。

 この前 ネパールを離れる前に 紅茶を買い込んだが、いつもは カトマンズの
 キチャポカリの近くにあるインド出身のマルワリ商人のところで購入するのだが、
 そのすぐ近くにある『 HIMALAYA TEA CONER 』という店が 眼に入ってきたので
 入ってみた。
 中に入ってみると 意外に小奇麗な店で 紅茶の種類も多い。
 店にいたのは カトマンズの先住民族 ネワール族のマハルザン・カースト
 (農民カースト)の女の子で 店は彼女の夫と共同経営者のイラム出身の先住民族
 ライ族の男性で運営していると言う。
 ライ族というのは東ネパールの山岳地方からダージリン、シッキムあたりまで多くいる
 民族であり、カトマンズ盆地で最初に成立したキラティ王国を造った民族であると
 言われている。
 イギリス傭兵としてのグルカ兵としても有名で 狙撃兵として優秀な能力を持っている。
 狩猟民族に近いせいか、眼がよく、獲物をねらう能力にも優れている。

 店番をしているネワール族の女の子はなかなか愛想もよく好感が持てる。
 店の場所も いわゆる観光客の来る場所ではないので 紅茶の値段のリーズナブルで
 ある。
 この店の近くには 私がいつも買うインド出身のマルワリ商人の店と、他に1軒同じ
 インド出身のマルワリ商人の店がある。
 しかし、気をつけなくてはならないのは 紅茶を売っているからをいって、
 紅茶の専門家であると思ってはならない。
 彼らは 大抵 家では安いアッサムティーを使った甘いミルクティーを飲んでおり、
 イギリス人のようにお茶の薫りを楽しむ習慣はないから、お茶の値段はわかっていても
 味についてはよくわかっていない。
 これだけは 自分でいろいろ試して 確かめるより仕方がない。

 もう一つ 気をつけることは 観光客の集まるような場所ではお茶は買わないこと、
 店の家賃が高いから それがお茶の値段に上乗せされ、同じ質のお茶の値段が
 5割は 高いと考えてもよい。
 ネワール族の女の子が店番をしている場所であるが、カトマンズのニューロードに
 あるプリティビ・ナラヤン・サハの銅像を左に曲がり、キチャポカリに行く途中の
 DHARMAPATHという路地にある。
 紅茶の試食も出来るから、是非行ってみるとよい。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


カトマンズ 街の風景 | 17:59:51 | Trackback(0) | Comments(0)
カトマンズ 動物天国 カトマンズ
カトマンズ 動物天国 カトマンズ 1

カトマンズ 動物天国 カトマンズ 2

カトマンズ 動物天国 カトマンズ 3

カトマンズ 動物天国 カトマンズ 4

カトマンズ 動物天国 カトマンズ 5

カトマンズ 動物天国 カトマンズ 6

カトマンズ 動物天国 カトマンズ 7

カトマンズ 動物天国 カトマンズ 8

 カトマンズ盆地の中に住む人々の人口は 三百万人に近づこうとしているというのに
 街の中は まだ田舎のような雰囲気を残している。
 その一つの姿が カトマンズの街中に住んでいる動物たちである。

 牛、水牛、山羊、猿、犬、アヒル、鶏などは 街の中で当たり前に見かける。
 それも大半は 放し飼いである。
 牛などは 我が物顔で路上に寝そべっているし、バグマティ川に架かるカトマンズと
 パタンを結ぶバグマティ橋のすぐ近くにあるラーマ寺院には 多くの猿が住み着いて
 いる。
 ラーマ寺院というのは インドの叙事詩『ラーマヤナ』の主人公 ラーマを祭って
 ある寺院で ラーマヤナの物語の中で 猿の大王ハヌマンが ラーマを助けたことから
 ラーマ寺院の中では猿が飼われていることが多い。
 この橋の近くのラーマ寺院の猿たちも数が増え続け、寺院で与える餌だけでは
 充分ではなく、道行くネパール人たちを狙い、ぼんやりしているネパール人から
 とうもろこし、果物、お菓子、アイスクリームなどを掠め取っている。
 そんなことが日常茶飯事ではあるが、取られたネパール人たちもやられたと思う
 ぐらいで 別に怒り出すわけでもなく、苦笑いをしているだけである。

 犬だってそうである。
 路上の至るところに放し飼いになっており、大半の犬には飼い主はおらず、
 近所の人たちが適当に餌をやっているうちに 居ついてしまったというのが
 実情である。
 ちょっと餌でも与えれば、すぐさま 仲良しになってしまう。
 余程のことをしない限りは 昼間であれば、噛み付くということもない。
 昼間の暑い午後などは ほとんどの犬たちは だらしなく惰眠をむさぼっている。
 夜になると 自分のテリトリーを徘徊し、見知らぬ人間を見かけると そんなときは
 吠え掛かってくるから要注意である。
 これが泥棒よけにもなっている。
 1時期 犬が増えたことから、カトマンズ市当局が 犬の捕獲を始め、
 犬を処分しようとしたが、カトマンズ市民の抗議から頓挫してしまったことがある。
 確かに狂犬病は怖いが、村々では犬に咬まれるという話は聞くが、カトマンズ市内に
 ついていえば、あまり聞かない。
 狂犬病より、皮膚病の方が気になる。

 山羊や水牛、アヒル、鶏は カトマンズ市民の大切な食料だから、街の至るところで
 見かけるし、バグマティ川沿いの河川敷周辺では 動物たちがのんびりと草を食んで
 いるし、牧歌的な風景が広がっている。

 カトマンズの街にいると 人間と動物が うまく共存していることがよくわかる。
 これだけでもカトマンズは 不思議な雰囲気を持った場所である。
 水牛、山羊、アヒル、鶏の屠殺などは 街中でも見ることがあるし、残酷というより、
 肉を食べていても 命を頂いているという実感がある。

 人間のみならず、カトマンズに住む動物たちを眺めていても飽きないカトマンズである。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


カトマンズ 街の風景 | 18:01:58 | Trackback(0) | Comments(0)
カトマンズ 小雨の中を カトマンズへ
カトマンズ 小雨の中を カトマンズへ 1

カトマンズ 小雨の中を カトマンズへ 2

カトマンズ 小雨の中を カトマンズへ 3

カトマンズ 小雨の中を カトマンズへ 4

カトマンズ 小雨の中を カトマンズへ 5

カトマンズ 小雨の中を カトマンズへ 6

カトマンズ 小雨の中を カトマンズへ 7

カトマンズ 小雨の中を カトマンズへ 8

カトマンズ 小雨の中を カトマンズへ 9

カトマンズ 小雨の中を カトマンズへ 10

カトマンズ 小雨の中を カトマンズへ 11

カトマンズ 小雨の中を カトマンズへ 12

 昨夕も 午後6時から8時まで計画停電なので 夕方の5時過ぎに家を出て
 カトマンズの中心部を歩いてみることにした。
 そのついでに ネパールの紅茶を買ってくるつもりだった。
 大体月に200gほどの紅茶を飲む習慣になっているから カトマンズを出て
 再び やって来るまでの4ヶ月間の紅茶を買い貯めて置く必要がある。

 パタンのクポンドールの大通りに出て、乗り合いミニバスを待っているうちに
 小雨が降り始めた。
 大急ぎでミニバスに乗り込み、カトマンズのラットナ・パークを目指す。
 ミニバスといっても 日本のトヨタ・ハイエースを改良したもので 20人近い
 乗客が座り込んでいる。
 この乗り合いミニバスが走り始めた当初は 乗客の定員の制限があり、
 それを交通警察がチェックしていたが いつの間にか 乗せられるだけ乗客を
 乗せるようになってしまっている。

 ぎゅうぎゅうに乗客の詰め込まれたミニバスの中は 人いきれですっかり蒸し暑くなり、
 座っているだけで 汗が噴出してくる。
 混み合った道を15分ばかり走り、ビル・ホスピタルの前に停まる。
 そこで降りて、ビル・ホスピタルの横を通って、マハボーダに向かう。
 その途中に ビハールと呼ばれる仏教寺院があるが ネワール族の住んでいた
 そのあたりの住居は すっかり貸間になっており、荒れ果てた雰囲気になっている。
 寺院の世話をする人がいないのである。
 昔はネワールの一族が住み着き、ビハール(仏教寺院)を一族の繁栄を祈って 
 建てたに違いないが 今はそこに住んでいたネワール族も郊外に家を建て、
 貸間にしている。
 カトマンズ中心部に住んでいた彼らの住居のほとんどは カトマンズの外から
 やって来た人々の貸間になっているか、商売のための店、倉庫に様変わりしている。

 そこから バソンタプール 旧王宮広場へと向かう。
 相変わらず、雨がぽつぽつと降っている。
 ニューロードに沿って歩き、旧王急広場の中に入る。
 広場の一番手前、ジョッチェン・フリークストリートの入り口にある古い建物は
 懐かしい場所である。
 旧王族の知り合いの持ち物で 百年以上彼の一族が 長い間、そこに住んで場所で 
 昔はよくそこを訪れた。

 彼らの住んでいたのは3階から上で 1階、2階がレストランとして貸し出していたが、
 1階のレストランはなくなり、別の店に変わり、2階のレストランは コスモポリタンと
 いう名前のレストランは健在で 私の知り合いの旧王族の住んでいた3階は
 新しいレストランに様変わりしている。
 
 広場に広がる偽骨董品の露店を抜け、カトマンズの先住民族 ネワール族の
 マッラ王朝が建てた古い寺院群が建ち並ぶ場所にやってくると 夕方時に商いを
 始める野菜売りたちが 路上に座り込み、野菜を売っている。
 去年の2倍、3倍と値上がりした野菜、売り手も買い手も 真剣である。
 夕方の6時、このあたりは 混雑の絶頂に入る。

 この混雑を抜け、坂道を下り、ドゥンゲダーラと呼ばれる共同水場へと足を進めると
 どういうわけか この日はあまり混み合っていない。
 石造りの蛇口からは たっぷりと水が流れ出している。
 どうもこのあたりでは 私の住んでいる地域に比べると 水不足も深刻ではないようだ。

 その様子を眺めて、もと来た道を戻っていくと ガネーシュを祭ったガネーシュ・
 タンでは数多くの灯明が並んでいる。
 この日は ガネーシュ・タンの礼拝の日だったようだ。
 ここも大混雑である。
 お参りをしているのは ネワール族の人たちが多い。
 彼らがこの場所にガネーシュを祭った場所だからだ。
 その脇では その混雑をよそに 別の民族の女性たちが 小さな商いをしている。
 多民族国家ネパールならではの 街の光景だ。

 そろそろ薄暗くなってきた。
 帰り道のキチャポカリでネパールの紅茶を買わなくてはと 急ぎ足でキチャポカリに
 向かう。

 紅茶を買い、暗い夜道を歩き、橋を渡り、パタンのクポンドールまで帰ってくると 
 赤々と電燈が灯っている。
 この日の計画停電は中止になったようだ。
 電気が来ているのは嬉しいが、気まぐれで 電気を供給されるのも 
 心が落ち着かないものだ。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


カトマンズ 街の風景 | 02:10:26 | Trackback(0) | Comments(0)
カトマンズ ラットナ・パークの賑わい
カトマンズ ラットナ・パークの賑わい 1

カトマンズ ラットナ・パークの賑わい 2

カトマンズ ラットナ・パークの賑わい 3

カトマンズ ラットナ・パークの賑わい 4

カトマンズ ラットナ・パークの賑わい 5

カトマンズ ラットナ・パークの賑わい 6

カトマンズ ラットナ・パークの賑わい 7

カトマンズ ラットナ・パークの賑わい 8

 カトマンズの中心部に行くと 必ず足を運びたい場所が一つある。
 その場所の名前は ラットナ・パークだ。
 庶民の憩いの場所といえば聞こえはいいが、大きさは 大したことはない。
 憩いの場というより、庶民の暇つぶしの場所と言ったほうが近い。
 金曜日は 官庁や学校が半日とはいえ、午後2時ごろ ふらふらしている人間は
 どんな人間だろう。

 仕事の情報でも求めて集めっている人か、暇を持て余している年寄りか、
 あるいは 食べ物やお金を期待して集まるストリートチルドレンか、多種多様の
 人間がここに集まってくる。
 ネパールの縮図を象徴しているような場所で 様々の民族も集まってくる。

 皆それぞれに木陰を見つけては 思い思いの様子で座り込んでいる。
 そんな彼らの様子を眺めていると 物質的な豊かさを取るか、時間に恵まれた豊かさを
 取るか、両方を得ることなど出来ないのでは思えてくる。
 納得のいく時間のすごし方、ゆとりを得ようと思えば、ある程度の便利さ、物質的な
 豊かさは我慢ずる必要もあるだろう。
 物質的な豊かさ、便利をを求めて、忙しく働いていれば いつまで経ってもゆとりの
 ある生活は生まれてこない。

 公園の一角では 政治討論会のようなものが行われている。
 時事放談のようなものだろう。
 見ず知らずのもの同士が集まって、話題にしたがって 議論している。
 全くの赤の他人同士が こうして集まり、楽しげに議論をする。
 社会の持つ健康さが このカトマンズにはまだ残っている。
 日本の日比谷公園や代々木公園で 見ず知らずの人間同士が 政治の話、社会の
 出来事について あたかも昔からの知り合いのような和気あいあいとした様子で
 語り合うことなど 想像も出来ないことだ。
 日本の国会議員も県会議員、市・町・村会議員も 選挙のときだけでなく、日頃から
 民衆、庶民の中に入って 皆と一緒に時事放談でもすれば、人々の政治離れも減り、
 政治が身近なものになるだろう。

 ラットナ・パークの中にあるフード・アベニューも健在である。
 川魚のフライ、水牛肉の煮込み、焼きトウモロコシ、パニ・プーリ、切り売りの
 果物、南京豆などが 懐を痛めない程度の安い値段で売られている。
 皆 10ルピー、20ルピーで買える範囲内のものである。

 決して美しく整備されているわけではないが カトマンズ庶民たちが気楽に気取らずに
 身をおける場所である。
 日本の公園のように規則だらけで 居心地の悪さを感じさせない。
 余計な規則をどんどん作っていけば 国民の生き生きした生活場所を奪っていくこと、
 民衆の持つ健全さを失わせていくことになる。
 今の日本を見ていると 生き生きとした生命力を失った国民、人と人がつながる
 ことの出来ない不健康な人間を作り出そうとしているのかとも思えてくる。
 何でもかんでも管理してやろうという政府や自治体の姿勢は 国民の持つ自主性、
 意欲を失わせてしまうものだ。
 どこか歯車の狂っている日本を感じさせてしまうようなカトマンズ ラットナ・
 パークの民衆の姿である。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


カトマンズ 街の風景 | 14:09:49 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。