■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク 大晦日
バンコク 大晦日 1

バンコク 大晦日 2

バンコク 大晦日 3

バンコク 大晦日 4

バンコク 大晦日 5

バンコク 大晦日 6

バンコク 大晦日 7

 去年の12月31日は 日本からやって来ている知人と一緒に バンコクを流れる
 大河 チャオプラヤ川に架かるサファン・プットの橋上から向こう岸に沈む夕陽を
 眺め、再び 73番のバスにのって 中華街を目指した。
 ヤワラート通りの隣の道路 チャロンクルン通りへとバスは入っていく。
 道路は混んで降り、バスはなかなか進んでいかない。

 やっと目当ての場所で降りて、中華街の中を歩き始める。
 チャロンクルン通りに出る屋台は 中華街に住む地元の人々によって占められ、
 ヤワラート通りに出る屋台や店は 外国人旅行者のためのものであることがよく分かる。

 食道楽の街 ヤワラートを歩き回り、今夜の食事場所 タイスキの店 テキサスに
 やって来た。
 人気の店のせいか 順番を待つ人が多い。
 我々は二人だったので あっさり座る席を手にいれることが出来た。
 この中華街のタイスキの店 テキサスでタイスキを食べるのは 14,5年ぶりである。
 昔に比べると 店も小奇麗になった。
 客層も外国人旅行者が多くなった。
 実際 注文して食べてみると どうも味が落ちている。
 昔は 地元の人相手の店だったが、外国人旅行者が大勢入り込んでくるようになり、
 材料の選択が いい加減になってしまったようだ。

 不満足な思いでテキサスの店を出て、昔の日本人旅行者の溜まり場だったカラカッダ・
 イーシップソン・ロータリー辺りを 二人で歩いてみる。
 通りの歩道には 立ちん坊の娼婦たちが 客を求めて 座り込んでいる。
 ジュライホテルも楽宮ホテルも廃業になり 昔からのホテルは台北ホテルだけに
 なってしまった。
 連れの知人は ここが昔の日本人の溜まり場だったのかと感慨深そうに眺めている。

 スリクルンホテルの近くにあるバス停までやってくるが いくら待っても73番の
 バスはやってこない。
 しばらく待ったが、バスはやって来ないので フアランポン駅に向かって歩くことに
 した。
 そこに行けば、MBKセンターへ向かう他のバス路線もあるからだ。

 連れが 折角だから、フアランポン駅の中を見てみたいというので 駅の構内に
 入ってゆく。
 12月31日だというのに 田舎へ帰省するタイの人たちで溢れている。
 座る席が十分ではなく、大勢の人たちが 床の上に座り込んでいる。
 昔からのフアランポン駅構内の風景である。
 大急ぎで田舎に顔を出し、大急ぎで再びバンコクに戻ってくるのだろう。
 親兄弟、我が子と顔を合わせ、稼いだお金を田舎に残し、再び バンコクにやってくる。
 昔の日本の上野駅と同じである。

 30分ばかり駅の構内の姿を眺め、帰路につくために 29番のバスに乗り込んだ。
 赤い色の普通バスだったが、このバス、料金がただのバスだった。
 料金がただのバスも後3ヶ月経てば、廃止になると云われている。

 バスをアジアホテルの前で降りて、連れはホテルの部屋へ、私は 自分の部屋へと
 向かった。

 夜中の12時近くになって マンションの屋上に登ると 12時を過ぎ、
 新年になると街の到るところで 一斉に花火が上がり始めた。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
バンコク風情 | 10:08:00 | Trackback(0) | Comments(0)
バンコク 都会の中のささやかな自然を求めて
バンコク 都会の中のささやかな自然を求めて 1

バンコク 都会の中のささやかな自然を求めて 2

バンコク 都会の中のささやかな自然を求めて 3

バンコク 都会の中のささやかな自然を求めて 4

バンコク 都会の中のささやかな自然を求めて 5

バンコク 都会の中のささやかな自然を求めて 6

バンコク 都会の中のささやかな自然を求めて 7

 バンコクの中でも1番地価の高い地域に住んでいると 自然との関わりが希薄に
 なってしまう。
 草花の変化で季節の移り変わりを感じるということがなくなってしまうのである。
 この頃は 果物にも季節感がなくなり、マンゴスチンやドリアンなど1年中 
 売られている。
 この時期特有の果物といえば、タイ産の蜜柑 ソム・サイ・ナムプン(蜂蜜が
 入っているように甘い蜜柑)である。
 これから2ヶ月ばかり 出まわることになる。
 今は1キロ30バーツであるが 最盛期には 20バーツくらいにはなるだろう。
 美味しい蜜柑を安く食べることが出来るだけでも 嬉しくなる。
 日本でも今年は 蜜柑が安く、日本にいるときは 目一杯蜜柑を食べた。

 私の住んでいる辺りでは 草木を眺めて季節の移り変わりを知ることは なかなか
 難しく 近所の庭のある家の草木を眺めることや、センセーブ運河の遊歩道沿いに
 立ち並んでいる民家の前の鉢植えの草花を眺めるくらいが精一杯である。
 すぐ近くにチューラコン大学の広大な敷地があるが、部外者が気楽に出入りできる
 ような雰囲気ではない。

 サイアムスクウェア近辺は 便利さという意味では1晩であるが、自然との触れ合いと
 いう面からみれば 最悪の場所である。
 チャオプラヤ川岸辺のラッタナーコウシン地域からセンセーブ運河沿いのサイアム
 スクウェアに至るまで 市民の憩いになる緑豊かな公園らしいものは一つもないと
 いうのは不思議なものである。
 ルンビニ公園がラーマ4世道路沿いにはあるが、わざわざそこまで行く気にも
 なれない。

 バンコクの人々は こうした中でどうしているかというと、狭い路地裏や運河脇の
 遊歩道に鉢植えの草花を置いて、緑を楽しんでいる。
 そして 私はといえば、運河沿いの遊歩道や路地裏を歩くことで 緑を楽しませて
 もらっている。
 タイ人も日本人も基本的には農耕民族である。
 田舎から都会に移り住んでも、農耕民族のDNAは 緑を必要とするのだろう。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


バンコク風情 | 14:06:01 | Trackback(0) | Comments(0)
バンコク 温もりのある風景‐03
バンコク 温もりのある風景‐03 1

バンコク 温もりのある風景‐03 2

バンコク 温もりのある風景‐03 3

バンコク 温もりのある風景‐03 4

バンコク 温もりのある風景‐03 5

バンコク 温もりのある風景‐03 6

バンコク 温もりのある風景‐03 7

バンコク 温もりのある風景‐03 8

 朝を迎えた市場の中や市場の周辺を歩き回っていると 市場で売られている朝食の
 ための食べ物のことが気になってくる。
 朝からぶっ掛けご飯(白いご飯の上におかずを載せたもの、載せる品数によって
 値段が違う)は食べる気にはならない。
 食べるとしたら 麺類かお粥に限る。
 昔と違って 胃袋はもう若くはない。

 市場の一番賑やかな場所に 昔風の食堂があり、その一角に麺類の店がある。
 あっさりスープの麺の店だ。
 中に入れる具は 海産物の練り物である。
 いわゆる中華風な麺の店だ。
 タイにやって来た旅行者はこうした麺を食べて タイ料理は美味しいというが、
 これは どちらかというと中華料理である。
 タイ風な麺といえば、クイティオ・ルア・ナムトッグ(アユタヤ風)かカーオ・ラーオ
 (イサン・ラオス風)の麺である。
 それ以外の麺類の店の大半は中華風味付けである。

 朝早く食べる麺なら あっさりスープの海産物の練り物の入った麺がよい。
 中国系のおばさんが 店の中で立ち働いている。
 「センミ―・ナーム(ブーフン入りスープ)」と注文すると ものの2,3分で
 センミ―・ナームを作り上げて、運んでくる。
 タイの麺類の良さは この出来上がりの速さも一つの特徴である。
 薄目のスープに 少しナムプラーを入れると 味が引き締まって美味しくなる。

 朝早い市場巡りでの大きな収穫は チョーク・ムー(豚肉入りお粥)の店を
 見つけたことだ。
 この店の場所では 昼近くなると惣菜が売られており、
 チョーク・ムーは 朝の早い時間だけに売られているようだ。
 ちょっと太めの中国系のおじさんが 商いをしている。
 お粥といえば、チョーク・ムーが1番である。
 豚の内臓各種を 時間をかけて茹で上げたもの、豚のひき肉の肉団子が入っていて、
 栄養満点である。
 昔 中華街のホテルに泊まっていた頃は このチョーク・ムーが 朝の常食だった。
 カラカッダ―・イーシップソン・ロータリーのそばの安ホテル 台北ホテルの脇の
 路地に 朝出る屋台のチョーク・ムーは美味しかった。

 タイにはお粥といっても2種類ある。
 ひとつは カオ・トム、日本のお粥に近いもので ご飯の代わりにおかずと一緒に
 食べるし、エビや魚の切り身を入れて、出汁のついたスープ味で食べるものだ。

 もうひとつは チョークと呼ばれ、白米を潰したものをトロトロにだし汁で煮込んだ
 もので どちらかというと 日本の雑炊に近い。
 中国人の間で人気のあるのは チョークの中でも チョーク・ムーである。
 私もチョークを食べるのなら、この肉団子、臓物入りのチョークを食べたい。

 私が住んでいる近辺で やっとチョーク・ムーを見つけることが出来た。
 朝の散歩の楽しみが一つ増えた。早起きは三文の徳である。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


バンコク風情 | 15:02:55 | Trackback(0) | Comments(0)
バンコク 温もりのある風景‐02
バンコク 温もりのある風景‐02 1

バンコク 温もりのある風景‐02 2

バンコク 温もりのある風景‐02 3

バンコク 温もりのある風景‐02 4

バンコク 温もりのある風景‐02 5

バンコク 温もりのある風景‐02 6

バンコク 温もりのある風景‐02 7

バンコク 温もりのある風景‐02 8

バンコク 温もりのある風景‐02 9

バンコク 温もりのある風景‐02 10

バンコク 温もりのある風景‐02 11

バンコク 温もりのある風景‐02 12

 朝も 6時半を過ぎると 下町の中心である市場に近づくに従って、ざわめきや
 人の生活している息づかいが伝わってくる。
 衣食住を大切にする生活が 人々の姿一つ一つに現れてくる。

 少しずつ人々が動き始めた通りを歩いて 市場の中心へと向かう。
 市場への入口となっている細い路地の手前には 今は使われていない映画館がある。
 一昔前のタイでは 人の集まる市場の近くには 映画館や昔からの伝統的な演劇を
 催す劇場のようなものがあったものである。
 市場は庶民文化の中心的な場所であったのだ。

 映画館脇の細い路地に入っていくと 東北タイ料理を売る屋台が 朝の惣菜を売る
 準備に忙しい。
 路地をどんどん進んでいくと 今度はバンコク風惣菜の屋台でも 人々は忙しく
 立ち働いている。
 その横では顔見知りのおばさんが 炊き上げたご飯を袋に詰めて売っている。
 市場の中は 朝の時間が 1番 活気に溢れている。
 肉屋、魚屋、八百屋、そして惣菜屋 人々は朝の食を求めて 市場へと集まってくる。

 市場の中を抜け、もう1本向こうにある賑やかな市場通りへと向かう。
 この辺りで1番賑やかな通りだ。
 昼間や夕方には見かけることのない僧侶の姿がある。
 下町の人々のサイ・バート(朝ご飯の喜捨)を求めてやって来ているのである。
 人々は僧侶に朝ご飯を喜捨することで徳を積み、来世に望みを託すのである。

 ― 無事成人し、周囲の反対もなく祝福のうちに出家した男子は僧侶となる。
 僧侶は上座部仏教教団サンガに属し、全227条の戒律を守り、ひたすら解脱を
 求めて精進を続けなければならない。
 人々から最高の尊敬を得ているが、その生活は最低だ。
 また最低であらねばならない。
 ゴータマ仏陀の教えによると、世俗の一切を捨てていないものは、出家したとは
 言えない。
 欲得の一切から隔絶されなければ悟りを得ることが不可能だからだ。
 僧侶は乞食(こつじき)となって人の捨てた古布をまとい、托鉢によって食を得、
 雨露をしのぐ程度の宿で休む(眠ってどうなると仏陀は説いている)。
 この苦行から現出する煩悩を逐次断ち切って前進してこそ悟りを得ることが
 できるのだ。

 僧侶の食事は1日二度、午前中にのみ採ることができる(実際は一度の寺院が多い)。
 また、一度出家した僧侶は、一時たりとも僧衣を脱いで一般人の服装をすることは
 許されない。
 街でよく見る頭髪や眉毛のない僧侶風の若者は還俗しているのであって、
 僧侶ではないのだ。

 僧侶は女性に触れてはならないし、触れられてもいけない。
 贅沢をしてはならない。にもかかわらず高級なサングラスをかけている僧侶が
 多いのは、それはたぶん誰かが 「捨てた」 ものなのであろう。
 捨てたものなら、もらっても平気。だから、人々は喜んで僧侶に物を捨て、
 そこから喜捨という言葉が生まれた。 ―

      ~ タイの仏教と宗教概説3 僧侶について
        http://www.jyaaku.com/travel/thai/buddism/buddism03.html

 
 タイの庶民の間では 仏教に対する素朴な信仰がまだ生きている。
 僧侶に対する尊敬の念も まだ失われていない。

 市場には 庶民の文化が集中しているのである。
 庶民の衣食住と精神文化がこの場所に統合されている。
 街が人々の生きる場所としての機能を失っていないのだ。

 今の日本の都市の中では 温かみのある空間、人々の生活文化を暖かく支える場所は
 失われてしまっている。
 夜明けとともに 人々の生活が始まり、人々の生活する息づかいやざわめきを
 共有出来る場所は なくなってしまった。
 そして、共存しているという実感も失われてしまったのである。
 人々は孤立し、ますます孤独になっていくのである。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


バンコク風情 | 10:58:51 | Trackback(0) | Comments(0)
バンコク 温もりのある風景‐01
バンコク 温もりのある風景‐01 1

バンコク 温もりのある風景‐01 2

バンコク 温もりのある風景‐01 3

バンコク 温もりのある風景‐01 4

バンコク 温もりのある風景‐01 5

バンコク 温もりのある風景‐01 6

バンコク 温もりのある風景‐01 7

バンコク 温もりのある風景‐01 8

 この頃は 抗生物質や鎮痛剤などの薬を飲んでいるせいか、薬を飲むと眠くなり、
 変な時間に寝ることが多くなり、やたら朝早く眼が覚めてしまう。
 今朝もそうだった。
 朝5時に眼を覚ますが、ベランダから外の景色を眺めてみても 街は まだ夜の
 帳の中にある。

 折角 起き出したのだからと思い、5時半には部屋を出て 暗闇の残る街の中を
 歩いてみることした。
 マンションの前の通りは まだ薄暗く 人の姿はまばらである。
 今日は日曜日のせいか この通りに出る屋台の大半は休みであり、屋台の準備をする
 人の姿もない。
 この通りで働いているのは 氷屋だけだ。
 夜のうちに工場から運び込んでいた四角い氷を小さく砕いて、ビニールのズタ袋に
 詰めている。
 それを氷の必要な各店に運んで商売をするのである。

 少し 歩いていくと 知り合いのタクシーの運転手と顔を合わせる。
 この界隈を縄張りにしているタクシーの運転手で 彼らのタクシーを使うと
 高く吹っかけてくるところがある。
 外国人旅行者慣れしているのである。
 自分の部屋からやってきたばかりらしい。

 大通りに出ると 朝の商いの準備に勤しむ人たちの姿が 薄明かりの中に浮かんでくる。
 あと1時間もすれば 商いの始まりである。

 まだ薄暗い街の中を 一際目立つようにオレンジ色の布をまとった僧侶がやってくる。
 サイ・バートの始まる時間がやって来たのである。
 それぞれの僧侶には それぞれの決まった道順があるらしく 見知った家々を立ち
 寄りながら 喜捨を受けるのである。

 その僧侶のあとを追うように私も歩を進めていく。
 僧侶は市場のほうへ 私はセンセーブ運河の岸辺へと降りてゆく。

 センセーブ運河を走る水上バスが 走り始めるのは 午前6時過ぎからのようだ。
 運河わきの屋台では 朝の惣菜と飲み物の用意万端で やって来るひとを待っている。
 水上バスの停る桟橋の人影も少なく、運河を点検するバンコク都庁の高速艇が 
 勢いよく通り過ぎて行った。

 辺りはすっかり明るくなり、商いをする人々の営みも ゆっくりと始まっていく。
 まだやって来る客の姿はない。
 いよいよ 朝の活動の始まりである。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


バンコク風情 | 13:39:07 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。