■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ブータンの布 パンケップ(15)
ブータンの布 パンケップ(14) 1
    幅 98cm x 長さ 230cm        19世紀後期から20世紀初頭

ブータンの布 パンケップ(14) 2

ブータンの布 パンケップ(14) 3

 ブータンの布 パンケップ、王や高僧の膝掛け、敷物として
 使われていたようだ。
 19世紀後期から20世紀初頭のものである。
 手紡ぎの木綿の白地の上に 縫取り紋織りの紋様は、
 ラック染めの赤の天然シルクの紡ぎ糸、黒の木綿糸で
 織り込まれている。

 ブータンの古い織物を見ていると、
 人間の心が大事にされていた時代だということがわかる。
 物やお金に左右されることなく信仰や自分の世界に
 没頭できる幸せな安定した社会、
 そんな生活がないと、生まれる織物の世界ではない。
 器用さとか技術を超えて、訴えるもの、人間の心に
 与えてくるものが多い。
 織物が心の表現になっている。
 普通の人が、織物の世界を通して、自分の心や願いをこめていくことで
 別の世界が生まれてくる。
 それは、織る人の予想を超えたものだろう。
 それが百年を経ても、人の目をひきつけるのである。


+ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
ブータンの布 パンケップ | 02:11:32 | Trackback(0) | Comments(0)
ブータンの布 パンケップ(14)
ブータンの布 パンケップ(14) 1
    幅 113cm x 長さ 260cm           19世紀後期から20世紀初頭

ブータンの布 パンケップ(14) 2

ブータンの布 パンケップ(14) 3

ブータンの布 パンケップ(14) 4

 ブータンの布 パンケップ、王や高僧の膝掛け、敷物として
 使われていたようだ。
 19世紀後期から20世紀初頭のものである。
 手紡ぎの木綿の白地の上に 縫取り紋織りの紋様は、
 ラック染めの赤の天然シルクの紡ぎ糸、黒の木綿糸で
 織り込まれている。

 ラオスといい、ブータンといい、山岳地帯が国土の大半を占める。
 そして、人口も少ない国である。
 山国であることから、他国の文化の影響を受けにくいという点では、
 海岸線を持つ国とは違った文化の発達をするのかもしれない。
 織りに対する集中力に対しては舌を巻く。
 織物をみても、ひたすら心を 織りの世界に捧げていると
 いった感じすらする。
 絣の世界とは違ったものを、山国の織物には感じる。
 片面縫い取り織り、両面縫い取り織りにしろ、時間を意識する世界とは
 別の世界がそこにはある。


+ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



ブータンの布 パンケップ | 20:09:27 | Trackback(0) | Comments(0)
ブータンの布 パンケップ(13)
ブータンの布 パンケップ(13) 1
幅 88cm x 240cm               20世紀初頭から中期

ブータンの布 パンケップ(13) 2

ブータンの布 パンケップ(13) 3

 ブータンの布 パンケップ、王や高僧の膝掛け、敷物として
 使われていたようだ。
 20世紀初頭から中期のものである。
 手紡ぎの木綿の白地の上に 縫取り紋織りの紋様は、
 ラック染めの赤の天然シルクの紡ぎ糸、藍染の木綿糸で
 織り込まれている。

 ブータンでは両面縫い取り紋織りの技法は、このパンケップと
 20世紀中期ごろまでにキラを着る際に用いられた帯 ケラを
 織る際に用いられている。
 このパンケップの持つ布の力には圧倒されるものがある。
 日常用いるものではなく、特別の行事の際に用いられる
 宗教的な意味合いが強いせいだろうか。
 華やかなキラ クシュタラやノシェムとは、違った世界が
 パンケップという織物の世界にはある。


+ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



ブータンの布 パンケップ | 19:16:48 | Trackback(0) | Comments(0)
ブータンの布 パンケップ(12)
ブータンの布 パンケップ(12) 1
   幅 96cm x 長さ 230cm                  20世紀初頭

ブータンの布 パンケップ(12) 2

ブータンの布 パンケップ(12) 3

 ブータンの布 パンケップ、王や高僧の膝掛け、敷物として
 使われていたようだ。
 20世紀初頭のものである。
 手紡ぎの木綿の白地の上に 縫取り紋織りの紋様は、
 ラック染めの赤の天然シルクの紡ぎ糸、藍染の木綿糸で
 織り込まれている。

 このパンケップの織りは、ラオスのタイ・デーン族の織りの紋様に
 よく似ている。
 ラオスのタイ・デーン族のパー・ビアンとブータンのパンケップを
 眺めていると、この二つの民族につながりのようなものを
 感じてしまう。
 高度で多様な織りという点でも似ているが、
 ただ、ブータンには絣の技法はない。
 ラオスのタイ・デーン族の場合は、
 絣の技法は、カンボジアの絣の影響を受けて、発展したようだ。
 もしかしたら、それ以前に一つの民族が、枝分かれしたのかもしれない。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



ブータンの布 パンケップ | 04:13:32 | Trackback(0) | Comments(0)
ブータンの布 パンケップ(11)
ブータンの布 パンケップ(11) 1
   幅 85cm x 246cm         20世紀初頭

ブータンの布 パンケップ(10) 2

ブータンの布 パンケップ(10) 3

 ブータンの布 パンケップ、王や高僧の膝掛け、敷物として
 使われていたようだ。
 20世紀初頭のものである。
 手紡ぎの木綿の白地の上に 縫取り紋織りの紋様は、
 ラック染めの赤の天然シルクの紡ぎ糸、藍染の木綿糸で
 織り込まれている。

 縫取り紋織りは 中国・タイ・ラオス・ミャンマー国境地帯に住む
 少数民族、ブータンなどの織物に多い。
 インドなどは、ジャガード織り、絣が織りの中心である。
 織りながら、紋様を織り込むことで、織る人の精神世界が、
 布の中に織り込まれることになる。
 紋様は民族のアニミズムのシンボルであることが多い。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ




ブータンの布 パンケップ | 16:37:16 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。