■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ブータン布の今昔 野蚕の手紡ぎシルクのキラ ブータンの赤‐02
ブータン布の今昔 野蚕の手紡ぎシルクのキラ ブータンの赤‐02 1
  ブータン     野蚕シルクのキラ             20世紀中期

ブータン布の今昔 野蚕の手紡ぎシルクのキラ ブータンの赤‐02 2

ブータン布の今昔 野蚕の手紡ぎシルクのキラ ブータンの赤‐02 3

ブータン布の今昔 野蚕の手紡ぎシルクのキラ ブータンの赤‐02 4

 前回紹介した野蚕シルクのキラと同じ時代 20世紀中期頃に織られたものである。
 キラを身につける際、コマと呼ばれる二つのピンで 両肩あたり キラを固定する。
 そのため、そのキラの部分が傷みやすい。
 以下に丈夫な野蚕シルクの布でも 何年も着ているうちに 穴が開いてくる。
 このキラに空いた穴もそのためだろう。

 このキラも 赤を貴重にした野蚕シルクのキラである。
 少し、細めの紋様入りの縦縞は なかなか洒落ている。
 20世紀中ごろのキラであるから、手紡ぎの野蚕のシルク糸は 天然染料で
 染められている。
 何年も着ていたせいか、野蚕シルクのこのキラも 随分薄くなっている。
 洗うたびに すれて、布が薄くなっていったのだろう。
 ドライクリーニングがあるわけでもなく、木綿もシルクも 洗濯の時には
 同じ扱いだったに違いない。

 キラがそんな状態になっても キラの色は 織り上げたときの鮮やかさを残している。
 この赤はきっとカイガラムシから取り出した染料 ラックで染められているのだろう。
 この染料ラックは ラオスの山岳民族 タイ・デーン族など少数民族の間でも
 赤色の染めのために使われている。

 又、ラックカイガラムシの樹脂様の成分を利用して、蝋を取り出し、利用もしている。
 それはシェラックとも呼ばれ、インドでは 布で包んだ郵便貨物の何箇所かに 熱で
 溶かした赤い蝋をなすりつけ、その上に判のようなものを押し、勝手に開くと 
 すぐわかるようにしている。
 しかし、郵便貨物そのものがなくなってしまうことの多いインドでは、
 それほど効果的ではないだろう。
 いわゆる気休めである。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
ネパールの布 | 22:01:36 | Trackback(0) | Comments(0)
ネパール ヤクウールの話
ネパール ヤクウールの話 1

ネパール ヤクウールの話 2
  チベットのヤクウールで織られた織物

ネパール ヤクウールの話 3


ネパール ヤクウールの話 4
  ブータンのヤクウールで織られた織物 ヤタ こげ茶の部分がヤクウール

ネパール ヤクウールの話 5

ネパール ヤクウールの話 6
  ネパールの羊毛で織られた織物

 ネパールのカトマンズに行くと ウールのセーターやウールのショールを売る店に
 行くと ブラウンカラー、グレーカラーのセーターやショールを指差して、
 「ヤクウールのセーターだよ、ショールだよ」と言って、
 商品を売りつけようとするのはいつものことである。
 売りつけようとする店主や店員は ヤクウールがどんなものかはよく分かっていない。
 ヤクウールと言えば、客が珍しがって買うぐらいにしか思っていない。

 実際ヤクの毛はかなり、剛毛でセーターやショールには適さない。
 ヤクウールと言いながら、実際は山羊の毛だったりすることが多い。
 ヤクの毛の柔らかい部分を使えば、良質のセーターやショールを織ることが出来るかも
 しれないが、あまりに量が少なく、そう簡単に手に入れることは出来ない。
 カトマンズで売っているセーターやショールの量をみれば、
 贋物であることは簡単に分かる。
 日本のネットショップなどで ヤクウールで織ったショールなどと言って、
 売っているが、ひどいものになると アクリルウールのものをヤクウールと言って
 売っている業者もいる。
 当人は騙すつもりはないのだろうが、カトマンズの商人がヤクウールと言うのを
 鵜呑みにして、信じて売っているのだろう。

 ブラウンカラーやグレーカラーの天然の色のウールは 山羊毛やヤク毛を利用するが、
 大半はバッグや袋に仕立てて、防水のために使うことが多い。
 チベットあたりでは、暖房、防水のためのブランケットなどを ヤクウールを使って、
 織り上げるが、ごわごわして肌触りのよいものではない。
 ブータンでもヤタという防水のためのウールの織物を織るが、こげ茶の部分には
 ヤクウールを使っており、これもかなりごわごわしている。
 雨水をはじくには有用だが、身につけていて快適とは言いがたい。

 ネパールでもよく似たものを作るようだが、織りも粗く、使っているのは、羊の中の
 毛の黒い部分を使っているようだ。
 ネパールやチベットの羊毛は 固く、あまりセーターやショールには向いていない。
 ネパールの良質のセーターのための羊毛は ニュージーランドから輸入している。

 ネパールや近隣諸国のウール事情を正しく把握しないと、ネパール人の言葉を
 そのまま信用して、いい加減なものをお客に売りつけることになってしまう。

 ヤクウールで編まれたもの、織られたものといえば、大体ごわごわしているものだと
 理解したほうが望ましいだろう。
 今では、ヤクの数もかなり減っているようだし、ネパールで簡単にヤクウールが
 手に入ると考えるほうがおかしい。

 私がここで紹介する写真の織物も20年以上前に買い入れたもので、
 今、手にいれるのは難しい。
 昔からの知り合いにショールを売っているネパール人がいるが、彼に訊いても、
 ヤクウールといえば、売りやすいからと答え、彼自身もヤクウールでないことは
 よく知っている。
 ヤクウールと言うのは 売りたいための嘘なのである。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



ネパールの布 | 14:30:11 | Trackback(0) | Comments(1)
ネパールの布 ムスタンの絞り染めのジャケット
ネパールの布 ムスタンの絞り染めのジャケット

 ネパールのムスタン地方には 羊毛で織られている長さ3メートル近い
 マフラーのような布がある。
 そして、その羊毛の布には絞り染めが施されている。
 実際に使われているのは マフラーとしてではなく、羊毛で織られた布で作られた
 チベット服のベルトとして使われている。
 冬場になるとカトマンズにやってくるチベット系の山岳民族が 
 このベルトを腰あたりにぐるぐると巻きつけている姿をみかけたこともある。
 幅25センチくらいのものと幅15センチくらいのものと2種類ある。
 これらのものと同じベルトは チベットにもあるようだ。
 ただチベットのものが15センチ幅の狭いものしかないようだ。

 昔は ムスタンは ムスタン王国と呼ばれ、チベット国境を接していた秘境だった。
 後にネパールに併合されたあとも、ムスタン王国の国王は、ネパール政府から手当てを
 もらい、王としての地位を維持していたが、今の政府の方針で その王としての地位を
 廃止するようだ。
 チベットと国境を接していることから、チベット文化の影響も強く、羊毛布の絞りは
 チベットからその技術を取り入れたものかもしれない。
 チベットも、中国あたりから絞り染めの技術が入ってきたのかもしれない。

 そんな絞り染めの施された羊毛のベルトをたくさん手に入れたことがある。
 ごわごわとした手触りで、マフラーとして用はなさない。
 そこで、その布を使って、ジャケットを作ってみた。
 デザインがよくなかったのか あまり売れなかった。
 私としては 面白いと思っているのだが、世間の評価は別のようである。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



ネパールの布 | 02:31:51 | Trackback(0) | Comments(0)
ネパールの布 イラクサ・ショール
ネパールの布 イラクサ・ショール 1

ネパールの布 イラクサ・ショール 2
  62cm x 230cm   15年前に編まれたもの

ネパールの布 イラクサ・ショール 3

ネパールの布 イラクサ・ショール 4
  65cm x 210cm   最近編まれているもの

 東ネパールの山岳地方、タプレジュンあたりで
 イラクサから糸を取り出し、紡いでいる。
 ああ、こんなものがネパールでと驚いたものである。
 20年前は、素朴だったが、糸そのものは、まだ荒かったが、
 近頃は、かなり細い糸も紡ぎだせるようになった。

 大半は、このイラクサの糸でショール、ストール、ランチョンマットを
 作ることが多いが、中にはふくも作っている。
 ただ、アイデアが良くないために、着にくかったり、粗雑なものが多い。
 このイラクサの糸を使って、しゃれたサマーセーター、カーディガン、
 ベストなどを編めば、素敵であると思うが、編む技術はあっても、
 しゃれたものを作り出すデザインの力はないようだ。

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ



ネパールの布 | 12:56:28 | Trackback(0) | Comments(0)
ネパールの布 ネパールの刺繍
ネパールの布 ネパールの刺繍 1

ネパールの布 ネパールの刺繍2

ネパールの布 ネパールの刺繍 3



 20年近く前に見つけたネパールの刺繍布である。
 布は工場生産のつまらない布であるが、刺繍は素晴らしい。
 ネパールにこれだけの刺繍の技術があることに驚いたものだ。
 ネパールの山岳民族の仕事であるようだが、
 ネパールのどのあたりの仕事かはわからなかった。
 そうこうする内に20年の歳月が流れ、この刺繍を市場では
 見かけけることはなくなった。
 私がネパールにいるようになって、23年になるが、
 ネパールの染織で、価値を感じたものは、この刺繍、
 ダッカ布、そして、イラクサである。
 ダッカ布やイラクサは今もなお、生き続けているが
 この刺繍は生かされることがなかったようだ。

 アッサムあたりの天然シルク ムッガシルクの布にこうした刺繍を
 施せばと思うが、もう刺繍の担い手はいなくなっているかもしれない。

 ネパール人は、古い技術を生かしながら、新しいものを作り出す能力に
 欠けているようである。
 新しいものだけを追い求め、古いものを上手に育てていく地密な努力が足りない。
 そうしたことは、ネパールの今の政治状況にもつながるようだ。

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

ネパールの布 | 12:28:20 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。